ウエディングトレンドデータ

「結婚の挨拶」に関する意識調査-「こどもの結婚相手に不満」な親、4人に1人の割合!!

0 View

「結婚の挨拶」を成功させるためには

意外?! 親は結婚相手のこんなところを見ている
結婚したいという意思:約66% 相手の家族関係:約52% マナー:約50%

28208000104

8月に入りお盆休みが迫ってきました。この機会に、相手のご両親へ結婚のご挨拶を、と考えていらっしゃる方も多いかもしれません。恋人へのプロポーズが成功した後に迫ってくる緊張の場、それが「相手の両親への結婚の挨拶」です。しかし、にこやかに迎え入れながらも、実は、口には出さぬ不満をもつ親御さんが多いようです。

そこで、ぐるなびウエディングでは、 結婚の挨拶に関する意識調査を実施いたしました。本調査では、実際に結婚の挨拶を受けたことのある親御さんの本音を明らかにしながら、結婚の挨拶の必勝法を探ります。

口には出さないけれど・・・4人に1人が「息子や娘の結婚相手に不満」

Q)息子や娘が連れてきた相手との結婚に反対されましたか?

Q)お付き合いしている方の親に会われた際、結婚を反対されましたか?

結婚の挨拶に来た相手を見た後で結婚に反対したかを親御さんに聞いたところ、「反対した」は4.9%、「不満はあったが反対はしなかった」は19.0%となり、結婚相手に何らかの不満を抱いている親御さんが2割以上いるという結果になりました。反対に、結婚に「反対された」と感じたこどもの割合は1.4%、「はっきりとではないが反対された」は4.6%となり、自分達の親は快く自分達の結婚を受け入れてくれたと感じている娘や息子が多いようです。この結果から、親御さんが口に出さない不安を意識できない当事者達がいることがうかがえます。

0804-1

結婚相手の親御さんが見ているポイントは3つ!

「結婚したい意志」「相手の家族関係」「マナー」

息子や娘が連れてきた相手に何らかの不満を持っている親御さんが4人に1人という結果となりましたが、それでは実際に親御さんが注目している結婚相手のポイントは何なのでしょうか?

Q)息子や娘が連れてきた相手に期待することは何ですか?

0804-2

息子や娘が連れてきた相手に期待することは何かを聞いたところ、1位「結婚したい意志があるかどうか」65.6%、2位「家族関係が良好そう」51.5%、3位「言葉使いが丁寧」49.7%、4位「身だしなみや服装に気を使っている」46.6%、5位「仕事ができそう」25.2%となりました。

「特に結婚したい意志」については、相手の親を前にして「もごもご・・・」となってしまい、「緊張してうまく言えなかった~」などと後々言っている男性が多いようですが、これは相手の親に対して1番のNG事項なので、ハッキリしっかりとご自身の意志を相手の親御さんに伝えましょう。

親御さんが口に出せない不満は・・・?

Q)息子や娘が連れてきた相手に対して、面と向かって言えずに困った出来事はありましたか。

・永く連れ添う覚悟があるかを聞けなかった。(男性 50代)
→「この人とずっと一緒に連れそうのだ!!」それが一番親御さんを安心させる言葉のようです。

・家族構成が聞きずらかった。(女性 50代)
→家族構成については自分からしっかりと説明しましょう。

・言葉づかいが、きちんと出来てなく丁寧語や謙譲語の使い方が悪いのに言えなかった。(女性 50代)
→日ごろからのマナーが試される時です。日本語は正しく使いましょう。

・自分の娘の名前を呼び捨てにした。(男性 50代)
→親御さんを前にした時は、相手の名前を呼び捨てにせず「●●さん」と呼ぶのがマナーです。

失敗談からみる彼女の親御さん攻略方法

こんな失敗をしてしまった!これからの人は要注意

・お土産を忘れた。(男性 30代)
→出来れば手土産は持参しましょう。マナーです。ご自分の出身地の産品などが喜ばれるようです。 また、日持ちするものが良いでしょう。

・飲みすぎて吐いてしまった。(男性 50代)
→いくら勧められたからといっても、大人なのですから限度を超えないように。粗相です。

・国際経済問題について私見を求められ回答に窮した。(男性 50代)
→知的さを要求されています。時事問題などは会話のネタにもなりますので、事前にチェックしておきましょう。

・彼女の腰に手をまわしていて、母親に嫌われた。(男性 30代)
→いくら付き合っているからといって、親御さんの前ではあまり馴れ馴れしくするのはやめましょう。

・比較的にラフな服装で行ってしまった。(男性 50代)
→「結婚します」という人生一大事の報告をしにいくのですから、それにふさわしい服装で行きましょう。

・話す事も無く、みんな無言に...。(男性 30代)
→相手の親御さんの趣味などを事前リサーチし、会話が盛り上がるネタを用意していきましょう。
「引き出しの多い男」と 印象付けましょう。

結婚に反対された時はどうすればいい?その後のリカバー方法

・あまりしつこくならないように、挨拶ではなく、顔を何度と無く出すようにして、痺れを切らした雰囲気になったときに改めて頭を下げてみた。結果、承諾してもらった。(男性 30代)

・何とか一生懸命話をしたような気がする。諦めたり引き下がったりしてはいけない。とにかくこちらの気持ちを伝えることです。(男性 50代)

・自分の気持ちをありのままに伝え続け、何度も顔を見せに伺い、少しづつ自分を分かっていただけるよう行動した。とにかく現状から逃げる事無くストレートに正面から行く事。(男性 40代)

・親と結婚する訳ではない。などと言いますが、後々のことを考えると「親と結婚する」も同然な訳ですから、当事者同士の気持ちも大事ですが、相手方のご両親の気持ちになって考えてみることも必要だと思います。(男性 50代)

・相手の親の兄弟に説得を依頼した。(男性 50代)

【調査概要】
■調査方法:インターネット調査
■調査対象者:20歳~69歳の男女ぐるなび会員
■調査実施期間:2009年7月28日(火)~7月29日(木)
■サンプル数:1,536サンプル

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。