ウエディングトレンドデータ

「ナシ婚」を選ぶカップルのホントの理由

0 View

式を挙げないカップル、本当はこんな理由

近年、入籍するカップルの約半数が挙式や披露宴を行っていないという事実をご存知ですか?このような、入籍したが結婚式をしないカップルたちを"ナシ婚"層と呼ぶこともあります。過去、"ナシ婚"カップルに理由を聞いたところ、回答の中で目立ったフレーズとしては以下のようになりました。ナシ婚理由それぞれ、詳しい理由を見ていきましょう。

結婚式をしたくない理由は何ですか?

<男性の回答>

  • めんどくさいし恥ずかしいので。
  • 大きな式や披露宴はお金がかかるし、来てくれる人も祝儀など負担をかけるから
  • 準備が大変で気疲れするから。妻もほぼ同じ意見だったから。
  • 経済的負担を軽くしたかった。
  • そのお金を旅行等に使いたかった。

<女性の回答>

  • 形にとらわれるのはいやだったから。
  • 派手にしたくないし、お金もかかるから。
  • お互い再婚だったので。
  • 上司や同僚で誰を呼ぶか(呼ばないか)の線引きをするのがイヤだった
  • お金がかかるから。その分、家具や他の購入に持っていきたかったので。
  • 結婚式等にあまり憧れがなく、面倒としか感じなかったから。自分が主役の会よりも、人の挙式や披露宴に参加する方が好きだから。
  • それまで結婚式にあこがれたりすることが全くなかったので。
  • 色々、忙しく準備が大変・・・。

恥ずかしい、お金がかかる、準備が大変という理由のほか、再婚であるなどの事情もあるようです。また、実際に入籍したカップルでのナシ婚理由としては「授かり婚である」という理由もあるようです。

もともとしたくなかったのに、実際は行ったというカップル

ただし、もともと"ナシ婚"だったというカップルも、実際には結婚式をすることになった方も多いそうです。それはなぜかを聞いてみました。

もともと結婚式をしたくなかったのに、実際は行われた理由は何ですか?

  • 両親の為、妻の為、妻の両親の為。
  • けじめだから。親への感謝だから。
  • やはり、人生の区切りとして。
  • 近親者同士の顔合わせの機会くらいは必要と考えたため。
  • 両親や親せきに見せてあげたかった。
  • 身内の食事会くらいはしたほうがいいといわれて。
  • 主人の同僚たちがパーティを計画立ててくれたから。
  • 一生の記念だからと親族に強くすすめられた。

周りの後押しや、パートナーや家族・親族のためにすることになったという回答が多く見られました。

実際は「挙げてよかった」が85%

もともと"ナシ婚"だった方が実際に結婚式を挙げた方に「挙げてよかった」かどうかをたずねたところ、85%の方が「はい」と回答しています。その理由について聞いてみました。

実際に結婚式をして「よかった」と思っている方の理由

<男性の回答>

  • 親がよろこんだ。
  • 嫁さんの喜ぶ顔が見れたから。
  • 挙式や披露宴の段取りが二人の結婚への意識を高めたので。
  • 記念に残ったため。
  • それなりに楽しめたから。けじめになった。
  • めったに会えない知人に会えた。
  • 挨拶に行く手間が省けた。
  • 周りの方々の思いやりにふれたから。
  • 愚痴を言われない。

<女性の回答>

  • 家族が喜んでくれたから。
  • 両親もホッとしたし節目になってよかった。
  • お世話になった方々に挨拶できた。
  • 親や親戚が喜んでくれた。子供ができ、歳をとるにつれてやって良かったと思う様になった。
  • 思い出として、良かったと思う。ダイエットをするいい機会だった。お金の社会的価値観を改めて考える機会だった。
  • 一度きりのことだし、記念にもなる準備期間の2人での作業は、この時しかできないので。

もともと"ナシ婚"だったというカップルとあって、実際に結婚式を挙げることで花嫁や家族、親族が喜んだという回答が多かったようです。結婚式をすることが、家族など大切な人への恩返しになるのかもしれません。

▼本当に大切なゲストだけを招待して、こだわりのお料理でおもてなしをするウエディングスタイルBHB16

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。