結婚式場検索・結婚式準備情報サイト
結婚・結婚準備

知っておきたいウエディングブーケの種類と形

56
お気に入り
9590
View

フラワーアイテムも個性に合わせて選べる時代。何を基準にするかによって印象は大きく変わります。花には見る人を幸せにする力が宿っているもの。花嫁のオシャレとして、またゲストへのおもてなしとして、花に関する基本的知識をしっかり学んで、ふたりらしさにこだわったベストなフラワーアイテムを選びましょう。

ウエディングブーケにもいろいろな形があります

一口にブーケといってもいろいろな形、種類があります。どれを取り入れるかはあなた次第。衣装に似合うかどうかも考えて、あなたの個性に合わせてセレクトを。

ブーケの形の種類

◆アーム
p01_bouquet01
カラーなど茎の自然なラインを活かして作られたもの。自然な花の形、茎の美しいラインをそのまま見せるのがポイントで、花数は少なめに、細長く束ねるのがコツ。シャープでスタイリッシュなイメージを演出するのにぴったり。

 

◆オーバル
p01_bouquet02
ラウンドとキャスケードの中間のような楕円形。大きめの花や動きのある葉が栄えますが、花材によってノーブルもキュートにも演出できるところが人気。どんな花でもアレンジできるので、色や花材、出来上がりのイメージをしっかりもってオーダーすることがポイント。

◆キャスケード
p01_bouquet03
キャスケードとは英語で「滝」という意味。その名のごとく、流れるようなラインに花をあしらったブーケ。そのデザインは華麗な美しさで、海外のウエディングでもよく見られる、花嫁のブーケの永遠の定番。代表的な花材はカサブランカ。

 

◆クラッチ
p01_bouquet04
クラッチとは英語で「ぎゅっとつかむ」という意味。その通り、片手でギュッとつかめるほどの花を束ねて、切り口を揃えただけのごくナチュラルなもの。ブーケの由来にふさわしく、ブーケ・ブートニアの儀式などにも使用される。

 

◆クレッセント
p01_bouquet05
クレッセントとは英語で「三日月」を意味します。ゆるやかで優しい弧を描いた三日月型のブーケがこれ。エレガントで大人っぽい印象を与えます。また、ブーケには珍しくアシンメトリーなデザインになるので、ブーケで個性を演出するのにも適しています。

 

◆シャワー
p01_bouquet06
シャワーから出る水をイメージしたブーケ。ボリュームがあり、躍動感を演出できますが、大きな花を使うと重くなってしまうので、小花や軽いグリーンを用いるといいでしょう。「幸せがシャワーのように降り注ぐように」との願いが込められています。

 

◆ティアドロップ
p01_bouquet07
ティアドロップは英語で「涙のしずく」の意味。しずく形を逆さまにしたデザインがこれ。オーバルよりもシャープで、キャスケードよりはやわらかく小ぶり。大人っぽさと可愛らしさを両方演出できるので、サイズも全体的に小さくまとめると◎。

 

◆ハンギング
p01_bouquet08
握って持つタイプではなく、腕に掛けて持つことができるタイプ。球状にまとめたボールブーケがもっとも人気。他にも、バスケット型、バッグ型などがあります。和装に合わせるブーケとしてもピッタリなので、お色直しのブーケにしてもいいでしょう。

 

◆ラウンド
p01_bouquet09
その名の通り、小さめの花をたくさん集め、丸くまとめたシンプルなブーケ。もっともオーソドックスなタイプで、花材や色の選び方によって様々なイメージにアレンジ可能。小ぶりにまとめれば、初々しい花嫁にぴったりの可愛らしさに。

 

◆リース(リング)
p01_bouquet10
クリスマスリースのようにリング状に花を編み込んだブーケ。リング状になっていることから「途切れない永遠の愛」を表すと言われています。ハート型にした可愛らしいアレンジやリボンを持ち手にすることもできます。

 

それぞれのブーケに合うドレスについてはこちら!

衣装にコーディネートするフラワーアイテム

◆シューズ
p01_pic01
花嫁の靴はなかなかお披露目できないので、こだわる花嫁もまだまだ少ないのですが、ミニドレスの時など、真っ白なシューズを花でおめかししてみては。さりげないオシャレで好感度アップ!間違いなしです。
■花材/ミナヅキ、セダム
■制作/les Deux

 

◆チョーカー
p01_pic02
ウエディングドレスがシンプルなものであれば、生花のチョーカーをあしらって華やかさを演出してみては。ブーケと色や花材、デザインイメージを合わせるとトータルコーディネートできます。
■花材/バラ、アストランチア、シルバーレース
■制作/les Deux

 

◆リストレット
p01_pic03
手首に巻くフラワーリストレットを、ショートグローブと合わせるスタイルも人気です。バックスタイルにも花をあしらうなど全身を花づくしに!
■花材/デンファレ
■制作/花遊

 

◆ヘッドフラワー
p01_pic04
生花のヘッドフラワーは、ブーケ&ブートニアや会場装花とお揃いでコーディネートできるので、全体の統一感が出るので、近年人気を集めている。挙式はティアラ、お色直しでヘッドフラワーを、というのもアイデア。

花アクセヘアスタイル

 

取材協力はこちら

HEART

東京都港区赤坂8-12-12
03-5775-1570
http://www.heart-co.jp/

デザインフラワー花遊

東京都世田谷区北沢1-30-3
03-3465-1187
http://www.hanayu.co.jp/

les Deux (レ・ドゥ)

東京都世田谷区奥沢7-5-10- 1F
03-3701-4531
http://www.les-deux.gr.jp/

※情報はすべて09年11月の取材によるものです。その後、内容が変更する可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

再婚で改めて式を挙げるとなるとゲストを招待しづらいと思う方もいらっしゃいますよね。そこで、少人数のラフなお披露目会を提案してみましょう。親族や本当に仲のよい友人だけを招いてゆったりすごせる少人数のウエディング。ゲストが少ないからこそ、改めて一人ひとりに感謝を込めたきめ細やかな対応が可能です。
お食事会ウエディングは、大切なゲストに絞った料理でおもてなしするウエディングです。親族のみでこじんまりと結婚式をしたい方や、ゲストとゆっくり会話を楽しみたい方、お料理でゲストをよろこばせたい方などにおすすめです。
親族や本当に仲のよい友人だけを招いてゆったりすごせる少人数のウエディング。ゲストが少ないからこそ、一人ひとりに感謝を込めたきめ細やかな対応が可能です。 ゲストと1つのテーブルを囲んだり、一緒にお料理を食べながらゆったりとした時間を過ごすことができます。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

結婚・結婚準備ランキング

知っておきたいウエディングブーケの種類と形 ページトップに戻る

結納・顔合わせ前に心も体もキレイに!美容・癒やし・健康を探す

  1. HOWTO記事
  2. 結婚・結婚準備
  3. ウエディングアイテム
  4. ウエディングブーケ