20人規模の身内と親族だけの結婚式の流れと席順って?

20人程度の結婚式の場合、ゲスト構成は身内と親しい親族のみで、友人は呼ばないパターンになることが多いです。具体的には、親、兄弟姉妹に祖父母、従兄弟などを加えた親族中心のウエディングになるでしょう。
ゲストに親族しかいないため、この規模の結婚式の場合も「家族だけの結婚式」と同様に、披露宴というよりも、「挙式」+「食事会」スタイルの結婚式をおこなうことが多いです。もちろん、なかには普通の披露宴と遜色のないくらい、華やかにおこなうカップルもいるため、まずはご両親と親族の意向をきちんとヒアリングし、お二人が取り入れてもいいと思うもの、思わないものを分類して決めていきましょう。

親族のみの食事会の流れは?

親族のみの食事会の流れは?

食事会の進行内容に絶対やらなければならないことはありませんが、「料理」と「歓談」を楽しむだけではただの食事会になってしまうため、披露宴の流れの要素をいくつか取り入れてみるといいかもしれません。会の開催時間はだいたい2時間~2時間半くらいです。

<親族のみの食事会の流れの一例>

  1. 新郎新婦の入場
  2. 新郎新婦の結婚の挨拶
  3. 祝辞、乾杯の発声(両家から1名ずつなど)
  4. 食事、歓談をしながら新郎新婦が親族を紹介(ここの時間が一番長い)
  5. 新郎新婦から親への花束贈呈
  6. 新郎新婦からゲストへ感謝の挨拶
  7. お開き

新郎新婦から親への花束贈呈はしない方もいますが、普通の披露宴の場合、花嫁の手紙の朗読とセットでおこなわれるため、これくらい「親へ感謝の意」を伝えるのもいいのではないでしょうか?実際された親は嬉しいものですから。
その他にも、「ウエディングケーキ入刀」や「ラストバイト」を取り入れるカップルもいたり演出は自由なので、ふたりで相談しながら決めましょう。

今月のおすすめ会場特集2016年12月1日更新

ぐるなびウエディングで少人数ウエディングプランを探そう!

食事会の席順にルールはある?

身内と親族だけの結婚式の場合の一般的な席順を、家系図を例にあげたモデルケースで説明します。

<モデルケース>

結婚式の内容:両家の両親、兄弟姉妹、親類をゲストにしたウエディング

  • 新郎側……父、母、姉、義兄、甥、姪、父方の祖父母
  • 新婦側……父、母、父方の祖母、母方の叔父、母方の叔母、母方の従妹、母方の従妹の子

新郎新婦含め合計17名

両家の両親、兄弟姉妹、親類をゲストにしたウエディング モデルケース

<テーブルの席順の一例>

高砂席に新郎新婦、一番遠くに父、母、間に、新郎新婦に年齢が近い人から順に親族を配置。

両家の両親、兄弟姉妹、親類をゲストにしたウエディング テーブルの席順の一例

食事会でテーブルにつく時の席順は、図の通り、高砂席に新郎新婦、新郎側と新婦側に大きくテーブルを分け、一番離れたところに父、母が座るのがマナーです。また、他の親族の席順は新郎新婦と年齢が近い人から順に新郎新婦の近くに配置していくことで共通の話題も多く食事会も盛り上がるでしょう。それとは逆に、新郎新婦に近い席から年齢順に親族を配置するパターンもあるため、担当のプランナーさんと相談しながら参列者の顔ぶれをみて決めるとよいでしょう。

食事会の会場選びで気をつけたいポイント

食事会の会場選びで気をつけたいポイント

親族中心のウエディングなら、気取ることなくアットホームな雰囲気での会場づくりを目指すといいでしょう。個室や貸切などのプライベート空間が演出できる会場が見つけられるとベストです。今や結婚式業界全体で少人数での結婚式実施ニーズが見られるため、これまではレストランやホテルでの開催イメージが強かったですが、ゲストハウスや専門式場での開催も可能になってきています。
ぐるなびウエディングの場合、「お食事会ウエディング」という挙式と食事会をセットにした少人数のオリジナルプランを結婚式場に用意していただいているため、会場が気になる方は、チェックしてみてくださいね。

お食事会ウエディングプランはこちらから!

20人規模の食事会であれば、貸切でも空いた空間が目立つということはあまりなく、もしそのような空間があったとしても、調度品を配置したり、席次にゆとりをもたせたりすることで、淋しい感じにはなりません。会場側もその辺の配慮はおこなってくれるので安心してください。
100人以上が入る会場に20人だけ入るというわけではなく、20人が入るのに適度なサイズの会場を結婚式場側は用意してくれます。

また、会場によってはテーブル席のほかにソファーが用意されており、ウェルカムドリンクを飲みながらゆっくりと会話を楽しむことができます。緊張をほぐせるとても素敵な配慮ですよね。会場によっては別室をウェイティングルームとして用意してくれるレストランもありますから、事前に調べてみるといいでしょう。

ぐるなびウエディングで少人数ウエディングプランを探そう!

親族だけだからこそできる!少人数のオリジナリティのある演出

親族だけだからこそできる!少人数のオリジナリティのある演出

20人までの少人数ウエディングは、挙式の自由度が高くなるのが特徴です。どうしても、50人以上の大人数だと、形式ばった昔ながらの挙式や披露宴になりがちですが、小さな会場だからこそチャレンジできる演出があります。

たとえば、レストランのエントランスを使った挙式。

レストランウェディングは、レストランの敷地内すべてがウエディング会場になります。そのため、どこをどう使うかは新郎新婦の自由。
エントランスにはウェルカムボードを置くのが主流ですが、写真やウェルカムフラワーを置いたり、その場所で式を挙げることだってできるのです。
広々とした、自然で溢れるタイプのエントランスの場合、エントランスを利用したオープンエアでの挙式が大人気!その場合には、エントランスへと続く階段をフラワーやレースでちょっとした装飾を施せば、挙式らしい華やかさを演出できます。何も変わり映えがないと、ただレストランから出てくるふたりをゲストが見守っている。という構図にもなりかねません!ちょっとしたところで「挙式らしさ」を取り入れるのが何よりも大切です。

こじんまりとした規模だからこそ、エントランスを利用した挙式はとても温かい思い出になるはず。レストランウェディングなら、こういったスペースを活用するのはとてもいいアイデアではないでしょうか。結婚式といえば、昔ながらの披露宴のイメージが強い年配の方にも、経験のないおしゃれな雰囲気を楽しんでもらえるはずです。

少人数ウェディングについてもっと知ろう!

全国のエリアから探す

家族・親族のみの少人数結婚式ができる会場をエリアから探そう!都道府県や注目のエリアから検索できます。

関東甲信

関西

東海

九州

北海道

東北

北陸

中国

人気のスタイル

BROWSING HISTORY

最近見た会場

FAVORITE

クリップした会場

 
  • 登録しないともったいない! ぐるなびウエディング会員のおトクなサービスをご紹介!