30人規模の親族と親しい友人だけの結婚式の内容って?

30人程度の結婚式の場合、ゲストの構成は、親、兄弟姉妹、祖父母、伯父伯母、その他親族と特別な友人だけに限定して催されることが多いです。職場の上司や同僚などを招く、大人数の結婚式に比べると、親しい人たちばかりなので気が緩みがちですが、あらたまった場だということは忘れず、しっかりとおもてなしの準備をしましょう。

披露宴or食事会のどちらのスタイルを選ぶべき?

披露宴or食事会のどちらのスタイルを選ぶべき?

この規模の結婚式の場合は、「披露宴」により近いスタイルと「挙式」+「食事会」スタイルの結婚式どちらも選べます。ただ、友人の招待人数が少ないため、通常の披露宴で会社の上司や友人に依頼することが多い、祝辞や余興などの演出は必然的に省略されるため、「挙式」+「食事会」スタイルを選ぶ方が多い印象です。

不要な演出を省略するとはいえ、この規模になってくると、演出内容にきちんとお色直しを取り入れる方もいます。30人のゲストが集まれば、こじんまりしすぎて淋しい結婚式になるといったこともないので、「洋装も和装もどっちも楽しみたい!」という花嫁は、お色直しをするのもいいですね!その他にも「ウエディングケーキ入刀」の演出を取り入れたり、「テーブル回り」演出で写真撮影を一緒にするといったことも可能です。ハレの日の写真が多く残るのは、祖父母や親族の方々にも喜ばれます。

今月のおすすめ会場特集2016年12月1日更新

ぐるなびウエディングで少人数ウエディングプランを探そう!

披露宴or食事会の席順にルールはある?

親族と親しい友人だけの結婚式の場合の一般的な席順を、モデルケースを例に説明します。

<モデルケース>

結婚式の内容:両家の両親、兄弟姉妹、親類、特別な友人・知人をゲストにしたウエディング

  • 新郎側……父、母、兄、義姉、父方の祖父母、父方の伯父伯母、父方の従妹弟、母方の伯父伯母、母方の従兄、会社の上司、親友
  • 新婦側……父、母、父方の祖父、父方の伯父伯母、父方の従姉、母方の祖父母、母方の叔父叔母、親友

新郎新婦含め合計31名

30人規模の親族と親しい友人だけの結婚式 モデルケース テーブルレイアウト

<テーブルの席順の一例>

高砂席に新郎新婦、一番遠くのテーブル内側に父、母、新郎新婦に一番近いところに、親友と上司を配置。

30人規模の親族と親しい友人だけの結婚式 テーブルの席順の一例

30人規模の披露宴や食事会の席順はさまざまです。ここでは一例を紹介します。
図の通り、高砂席に新郎新婦、新郎側からいちばん近くの席に、新郎の上司と親友が座り、次の席には伯父や伯母、従兄などが座り、そして一番奥の席に、新郎側から内側に父、母、兄、外側に祖父、祖母の順に座ります。
新婦側も基本的には新郎側と同じで、まずはいちばん近くの席に親友達が座り、そして次の席には叔父や叔母、従姉などが座り、いちばん奥の席にはもっとも近しい家族が座ります。新婦側から、内側の席に父、母、そして外側の席には祖父、祖母が座るのが一般的です。
こちらはあくまでも一例で、この通りでなければならないルールはないので、結婚式場が決まったら、会場のプランナーに相談してみましょう。

ぐるなびウエディングで少人数ウエディングプランを探そう!

余興はやるべき?少人数のゲストに楽しんでもらうための演出!

余興はやるべき?少人数のゲストに楽しんでもらうための演出!

30人規模の少人数ウエディングの場合、余興をおこなわないことが多いです。なぜなら、新郎新婦、親、兄弟姉妹、親類、特別な友人など、挙式も披露宴も同じ顔ぶれでおこなうことが多く、余興をするくらいならみんなで顔を合わせて会話をした方が、よほど楽しいと考える方が多いからです。
余興をお願いできる親族以外のゲストも少ないですし、やはり余興は大勢のゲストが集まる結婚式でより楽しんでもらうものだという考えが強いかもしれませんね。

余興をしない場合は、他のものにこだわってみましょう!

たとえば、「余興」の時間を「両家の自己紹介」の時間にする方もいます。
その方が、より親密になることができ、思い出に残る結婚式にもなります。この時の進行は、新郎新婦がおこなってもいいですし、トークが苦手な方は司会に任せてもよいです。

余興にはこだわらないけど、「ケーキカット」や「キャンドルサービス」程度のイベントは通常どおりおこないたい、という方もいるでしょう。
そのような場合は、「オリジナル生ケーキ」にこだわってみてはいかがでしょうか?おふたりの希望に合わせてハート型のケーキや四つ葉のケーキなど特徴ある生ケーキにこだわってみたり、結婚式のテーマに合わせてサッカーコートやキャラクターケーキにしてみたりと、オリジナルデザインで用意してもゲストが喜んでくれるでしょう。

また、両親への演出として、「花嫁の手紙」や「花束贈呈」などを取り入れるのもアリです。新郎新婦に親しい方々しかいない結婚式なので、感謝の演出はおふたりの成長過程をも蘇らせ、会場全体をひとつにし、感動を呼ぶ結婚式にすることができるでしょう!

少人数ウェディングについてもっと知ろう!

全国のエリアから探す

家族・親族のみの少人数結婚式ができる会場をエリアから探そう!都道府県や注目のエリアから検索できます。

関東甲信

関西

東海

九州

北海道

東北

北陸

中国

人気のスタイル

BROWSING HISTORY

最近見た会場

FAVORITE

クリップした会場

 
  • 登録しないともったいない! ぐるなびウエディング会員のおトクなサービスをご紹介!