結婚記念日

妻へ贈る「結婚記念日プレゼント」選び5つのポイント

0 View

2013/08/19 Mon

冨田 いずみ

はじめに

妻へ贈る「結婚記念日プレゼント」選び5つのポイント

ブライダルデー=結婚記念日は、いわばふたりの誕生日。毎年訪れる自身の誕生日より、むしろ年を重ねるほどに、より大切にその意味も絆も深まる特別な日です。もっと、より良い関係を築いていくためにも意識的にふたりの間でアニバーサリー化し、1年に1度あの日の気持ちに立ち返り、また共に歩き始められるよう、想いを確認し合う日にしていきたいですね。

まずは、忘れないために

もちろん、自然に忘れないのがいちばんですが、一緒にいることがあたり前すぎて、日々の仕事など忙しさに紛れ、つい忘れがちな結婚記念日。
結婚が、儀式というカタチにすることで、気持ちや姿勢が改まるように、やはり人が、ましてふたりでひとつのことを続けていくには、お互いが意識してある程度の儀式化していくことが必要不可欠です。

異性の他人同士から始まっていること、感謝や尊敬の思いなくしては持続できないことは当人同士がよくわかっていますよね?

時々言葉に出したり、物にこめた思いを贈ることで気持ちを伝え合ってこそ、いい関係が長持ちするというもの。夫婦円満の秘訣は、無理のないアニバーサリー化です。

女性は、欲張り。

結婚記念日に限らず、これまで「もらって嬉しいプレゼント」の男女別アンケート回答をたくさん見て来ましたが、基本的には女性は愛・思いの込められた自分が欲しい物を望む傾向が高いのですが、パートナー同士で話し合って結果を出すと、物は遠慮したり妥協して、結婚記念日には旅行や食事をして一緒に過ごすというスタイルが圧倒的な数値として表れて来ます。

もし、最終決定権が男性である自分にあるのなら、もしかして、ほんとは物が欲しいのだけれど、自分に合わせてくれてるのかなーとほんのちょっと思ってみてください。

男性にとっては、仕方なく旅行や食事に付き合ってあげてるから、俺の方が合わせてるくらいだと感じるのでしょうが、まあ年に1度はその非日常にお付き合い下さいませ。そして、ささやかで構わないので贈り物の小箱を潜ませておいて、その旅行や食事の何処かのタイミングで差し出して上げてください。

それだけで、女性の笑顔は半永久的に続くのです!

さて、それでは具体的に女性の視点から、もらって嬉しいプレゼントをあげながら、その心理や傾向を分析してみようと思います。

1、消え物より残る物

消え物より残る物

本来、女性は消えてなくなる物よりも物として残るものを望みます。

結婚記念日ともなれば、思い出になるような記念の品が望ましく、いつ眺めてもその歩んだ歴史と重みにふさわしい輝きと存在感のあるものを側に置いたり、身に着けていたいと思うのが一般的のようです。

いわゆる指輪やネックレスなどのアクセサリー類が好まれます。

好みは千差万別。しっかりご自身の妻好みのデザインや好みの宝石を把握する必要があります。

一緒に出かけて選ばせたり、行き着けのお店の方にアドバイスしてもらえば失敗せずに、大好きなアイテムを贈ることができます。高額である必要はなく、気に入って使えるデザインかどうかが一番大事です。

2、非日常性

非日常性

ちょっと普段とは違う、お洒落をしたりして、出かけることに意義があるので、美味しいものだったらいいだろうくらいでは、女性は物足りないのです。

男性には面倒かも知れませんが、日常ではない、多少窮屈でも、たとえば夜景の綺麗なもちろん味も格別なレストランなどを予約して、記念日のディナーに誘ってあげてください。女性は非日常性が好きな生き物なんです。

フレンチ、イタリアン、中華、和食など味の好みや、お好きなロケーションを事前にチェックして、非日常の演出を凝らしてみてください。

きっと、彼女彼氏の頃の瞳に互いに戻る瞬間があると思います。

3、プチサプライズ

プチサプライズ

旅行へ行っても食事に行っても、小さなサプライズが大事。

別に大仕掛けのものは誰も要求していないと思います。大袈裟すぎると、かえって最近の女子は引きかねません。小さな策略がむしろ可愛いなと感じるはずです。

デザートのケーキに何かふたりの思い出の言葉やモチーフが添えられていたり、ウェルカムフラワーやアニバーサリーブーケが飾られていたり、旅行先で"昔みたいに線香花火したくて持って来たんだ"というようなアプローチが嬉しいんです。

4、特別待遇

特別待遇

人は誰しもかも知れませんが、女性は特に自分が大事にされると嬉しいものです。

お世辞や商売だと重々わかっていてもドンドン自ら木に登ってゆき、気分が良くなる習性がありますので、エステやネイル、まつげエクステ、美容室などの利用ギフト券やそれらがオプションでついたホテルステイ・チケットなど、リラックスや綺麗のリチャージは女性には格別です。

一緒に行くのが苦手な男性は、さり気なく"友達と行ってゆっくりして来たら"とプレゼントするだけで、労することなく気が利く男性として、株が上がります。

もちろん、何があなたの妻にとって特別か知っておく必要はありますが。普段乗せない車の助手席ドライブか、スポーツか、映画かコンサートか、お姫様だっこか?!結婚記念日は、ぜひ特別待遇してくれてると思わせることを贈ってあげてください。

5、限定感

限定感

女性が物に弱いことはお話しましたが、季節限定や限定デザイン、限定カラー、限定数など、世界マーケットでチープなメガ・ファッションが売れてる半面、少量生産のコラボグッズに人気が集中したり、ニッチなところからクチコミで商品紹介しているブログが炎上したり、何か限られた物に女性は魅力を感じるようです。

女子並みに普段からネットやスマホでアンテナを張り情報収集するのは大変かも知れませんが、直接聞き出せなければ仕事場の同僚や後輩女子に、どんな限定品があり、嬉しいかリサーチしてみてください。

バッグやポーチ、オーガニック化粧品セットなど、狙い目です。

欲しいけど、ちょっと贅沢だから買えないとあきらめてるものを、結婚記念日プレゼントとして、さらりと贈られたら、それが入手困難なほど、天にも舞い上がるほど嬉しいはずです。

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。