恋愛

片瀬那奈に学ぶ!年下男子から支持される、大人女子のお作法5選

0View

2014/02/28 Fri

Gow!Magazine

大人女子のお作法

先日、片瀬那奈と溝端淳平と居酒屋デートの模様が週刊誌に掲載されました。ふたりの年の差は7歳! まさに流行りの年上女子×年下男子の組み合わせですが、溝端は交際を否定しています。
結局付き合っているのかどうかは謎ですが、彼らがかなり親密な間柄であることは確か。

デート中、片瀬は年上のお姉さんらしさは見せながらも、全オゴリにはしないなど、男のプライドを折るような行動はしていなかったそう。これは、かなり年下の扱いに慣れている様子です。

そこで今回は「お姉さん女子」を演出する上手なテクニックをご紹介します。

年下男子から支持絶大!「お姉さん女子」を演出するテク

●その1:割り勘にする

「彼氏は3歳年下です。昔全部払おうとしたら『俺にもプライドがあるから、それはやめて!』と怒られて以来、割り勘にしています。ヒモ体質だったらそこで喜ぶ男子だったと思うのですが、まっとうな感覚を持っていて安心しました。普通の年下男子だと割り勘がベストだと思います」(31歳/商社)

●その2:お茶代は払ってもらう

「私は会社役員をしているので、普通の男性よりも稼いでいる方だと思います。それもあって、10歳年下の彼と食事に行くと、基本私が飲み代を負担していますね。代わりにカフェやちょっとした小物などは『奢って♪』と言うようにしています。そこでバランスが保たれているのでOKかなと」(36歳/IT)

●その3:栄養価の高いメニューを選ぶ

「お姉さんっぽさを出すには、若干おかん寄りな行動に出てもいいと思います。居酒屋へ行くと、栄養価の高い和食系のメニューを選ぶように心がけたり。『ひとりで食事するときにも、こういうものを食べてね』と教育するのも兼ねています」(29歳/エンジニア)

●その4: 手料理は和食にする

「外ではこってりしたものを食べに行くことが多いので、家で食事をふるまうときはほぼ和食です。年下クンは和食を作ってあげるだけで、『デキる女子』だとか『結婚相手にいい』とか簡単に思い込んでくれるのでいいですね(笑)」(33歳/保険)

●その5:聞き役に徹する

「とくに30歳を越えたあたりから、話すよりも話を聞くのが好きになりました。年下の彼にも『最近どうなの?』『元気なさそうだけど大丈夫?』など、気になったことがあれば、すぐに聞くようにしています。年上というだけで『人生の先輩』みたいに思ってくれるコなので、ぽつりぽつりと悩みを話してくれますね。それがかわいくて仕方ないです。親身になって話を聞いてあげると、年下男子はすぐに懐いてくれますよ」(34歳/メーカー)

片瀬那奈も使ったかも?お姉さんテクで年下攻略

年上女子たちの華麗なるお作法、参考になったでしょうか。気になる年下男子がいる方は、ぜひ上記のテクを参考にしてはいかが?

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる