恋愛

ツラいのはわかるけど...花粉症男子の過剰な言動エピソード5選

0View

2014/03/31 Mon

Gow!Magazine

ツラいのはわかるけど...

まだまだ終わりの見えない花粉症シーズン。花粉症持ちにとっては、非常にツラい季節ではありますが、どう考えても「やりすぎでしょ?」としか思えない、花粉症男子の過剰な言動を調査しました。

やりすぎ感にドン引き!花粉症男子の言動

花粉症ではない人には理解できない、花粉症のツラさ。こちらも多少は気を使うとはいえ、「そこまでする?」と思ってしまった花粉症男子の言動をリサーチしました!

●その1:玄関前で全身はたき

「今年はうちの彼も花粉症になったようです。テレビやネットで見て知ったのか、花粉を部屋に持って入ることをとても警戒していて、部屋へ入る前に必ず玄関の外で、私の全身をはたいてきます。力がこもっていて若干痛いのがムカつく。本気で花粉がイヤなのだと思いますが......」(32歳/IT)

●その2:マスクを家に持ち込まない

「気になる男子の家に泊まることになり、ルンルン気分でしたが『そのマスク、100メートル先のコンビニのゴミ箱に捨ててきて。うちに持って入らないでほしいんだ。花粉が入ると困るから』と言われて、一瞬で冷めてしまいました。そこまでしなくても、と思いませんか?」(29歳/広告)

●その3:すべての衣類をブラッシング

「コートや服など、身につけている衣類すべてをブラッシングしろと言ってくる、花粉症持ちの彼。別にコートの下の服は、普段隠れているからいいと思うのですが。『花粉を落とすブラシを買ったんだ』と、すごく嬉しそうにニヤニヤしていて、若干引いてしまいました。むしろ花粉症は私の方で、彼は予防の意味で買ったらしいんですけどね」(31歳/メーカー)

●その4:花粉に当たった部分すべてをブラッシング

「彼が花粉専用のブラシで、私のコートや服以外に靴やバッグ、ご丁寧に髪の毛までブラッシングしてきます。でも、コートや服と髪の毛を同列にしないでほしい! それに、なかなか部屋に入れないのが面倒くさいです。『全身はたくだけで大丈夫じゃない?』と提案してみたものの、『はたくだけでは落ちないと思う』とか言い張るんですよ。困った人です」(33歳/コンサル)

●その5:空気清浄機をリクエスト

「彼から『××子の部屋にも空気清浄機を置いてほしい。当然、花粉モード付きのやつね』と指定されました。私は花粉症ではありません。どうして月に2回くらいしか遊びに来ない彼のために、私が自費で買わなきゃいけないの? むしろアンタが買ってうちに送りなさいよ、と言っておきました」(27歳/公務員)

なにごともほどほどに...

確かに花粉症はしんどいもの。全身をはたいたり、ブラッシングしたり......という行動は、花粉症持ちの筆者も理解できます。しかし、あくまでもやりすぎは禁物。女子を引かせるような言動はやめて、ほどほどにしていただきたいものです。

Photo by David Castillo Dominici

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる