恋愛

合コンでモテる男はここが違う!5つのチェックポイント☆

0View

2013/08/21 Wed

荒牧 佳代

合コンは「備えあれば憂いなし」予習をおこたらずに挑みましょう!

合コンでモテる男はここが違う!5つのチェックポイント

合コンは、一対一のデートほど緊張感なく女性と急接近できる格好のモテレッスン場。収穫なしと嘆く前に、「最低、これだけチェックすれば、君もモテモテだ!」と豪語できるチェックポイント5つを伝授!ぜひ実践しよう!

1、男は外見じゃない!が、「身だしなみ整う男」はモテる!

合コンはバーチャルではなくリアリティある接近戦です。普段は近づくこともできない女性と近くで会話ができるのが合コンの良さ。そのまたとないチャンスを活かすためにも、接近戦に耐えうる外見の最低限の「身だしなみ」はマストアイテム。

特に、気をつけたいのは清潔感。「男は外見じゃない!」は、まったく至極その通りですが、女性は命を育む性として、自分の身近な環境を快適に過ごせるか厳しくチェックしています。

本能的に自分のテリトリーに侵入してくる男性の第一印象で、その男性の「健康状態」や「コミュニケーション能力」を瞬時に判断しますから、頭の先から足の先まで、不潔さが出ていないかを出かける前に自分でもチェックすることは怠らずに。

2、オシャレさにプラスして「口臭&体臭チェックできる男」はモテる!

女性は香り(匂い)で恋をするほど男性の体臭を気にします。

体臭の嗅ぎ分けで遺伝子レベルの相性までわかることが科学的にも知られていますが、それはかなり女性と恋人レベルまで親しくなってから判明すること。まだお付き合いが浅いうちは、接近戦でもOKなくらいカラダや服から発せられる香りに気を配れる男性は、エチケットを心得ている男として好感度アップします!

洗いたてのシャツやクリーニングしたてのジャケット、洗って脂ぎっていない肌や指先、タバコのヤニや虫歯で汚れ過ぎていない歯など、最低限、女性に嫌われない範囲で清潔にできるメンテナンス力ある男は、オシャレなカッコやブランド品にも優るモテ力ありです。

3、女性が共感する「プライベートネタを話せる男」がモテる!

合コンではお馴染みの自己紹介ですが、早く知って欲しい思いで、自分のことばかりペラペラと喋り主張するのは考えもの。自分の自慢とするところは、小出しにするくらいが女性の関心を引きます。

また、普段から女性と喋り慣れていなくてもモテる男性は、女性が欲しがっている情報しか喋りません。社会的立場であるステータス(学生か社会人か)は、ザッとした説明で充分です。

肝心なのは、プライベート。自分のこだわった趣味とは別に、女性の共感を得やすいプライベートネタを持っている男性はやはりモテます。グルメや映画や音楽、アトラクション。深める必要はないので女性が喜ぶ範囲で遊び心は獲得しておきましょう。

4、たくさん誉めるより、「タイミングよく誉める男」がモテる!

女性への誉め言葉は、ただ数が多ければ良いというものでもありません。会っていきなり誉め続けるのは、女性から「私のことまだあまり知りもしないのに、本当にそう思っているのかしら?」と、軽薄なチャラ男と思われてしまうので要注意。

では、どうすれば良いか?モテる男はタイミング良く女性を誉めます。ある程度、ふたりの間で会話が弾み、女性の笑顔が増えて気持ちがほぐれてきたところで誉めるのです。

誉められた女性は、楽しくなりかかっているところで誉められますから、誉め言葉でますます良い気分になります。それが脳内に快感としてインプットされれば、大成功。

快感は次に会いたい意欲を高めます。誉めるならより効果的なタイミングを見計らうべし、ですよ。

5、品定めや質問攻めはせず、「聞き役に徹する引き出し男」はモテる!

合コンに行くからには、口説き落とせるかが勝負!なんて、男性はついつい女性との出会いや恋愛までも「勝負ごと」にしがち。ですが、モテる男性は女性が基本的には慎重な生き物であることを知っています。合コンはあくまで出逢いの場であり、品定めする場ではありません。

リアクションが良かった女性(声をかけて反応が良かった女性)の連絡先を聞ければ良しとし、口説けるかどうか?は、後のふたりきりでのやり取りのときの判断でと割り切り、あまり攻めすぎないことがスマートでカッコ良い男になるコツ。

もちろん、女性から好きな話題を引き出し、次に会うキッカケとするプライベートなネタふりをして心にフックをかけて置くことは忘れずに。

まとめ

男性にとって合コンは、より多くの女性に好かれるかどうか?のレッスン場。恋も学習です。たくさんの女性からモテ技術を学ばせてもらえるんだという気持ちで望めば、合コンも得ることが多い社交場となります。

男性にとって"モテ"はビジネスにもつながるスキル。舞い上がりすぎて「いい人ね」だけで済まされることのないよう、冷静な判断と的確な行動で女性を"ときめき"の世界へとエスコートできるモテ男を目指しましょう!

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。