恋愛

別れを決意するレベル...彼氏からのくさすぎるセリフ6選

0View

2014/02/12 Wed

Gow!Magazine

クサいセリフ

バレンタインデーに向けて、恋人達は浮足立っていることと思います。愛しい思いが最高潮に達したとき、彼にはロマンチックな一言を言ってもらいたいものですが、女子が思い描くロマンチックな一言と、男性が思い描くロマンチックな一言にはかなりの違いが生じるようです。

中には自分に酔いすぎたのか、100年の恋をも一瞬で凍りつかせる鳥肌モノのくさいセリフをささやく男性も。

今回は男性が言った、くさい愛のセリフをご紹介します。

別れを決意するレベル!くさすぎるセリフ

●その1:「君とずっと一緒にいたい。でも永遠に君と一緒にいても、愛し尽くせないよ」

合コンで知り合った男性に、初デートで言われても......信憑性ゼロで、まったく嬉しくなかった。(28歳/歯科技工士)

●その2:「知ってる? おまえって、オレの一番のお気に入りなんだぜ」

誰もが認めるイケメンだったらまだ許せたかもしれないけど、デブでハゲの彼氏から、こんなナルシスト発言されてイラッとした。(30歳/旅行代理店勤務)

●その3:「世界中に叫びたいよ! 君を愛してるって!!」

叫んでどうするんだ。やめてくれと思った。(34歳/受付)

●その4:「僕は君のものだよ。君の好きにして良いんだよ」

「君の好きにして良いよ」と言いながら、クリスマスイブもノープランで、私の後ろを犬のように付いてくるだけの彼......。もう、うんざりかも。(27歳/ネイリスト)

●その5:「オマエが、このロウソクの炎のように消えてしまったら......オレは、どうしたらいいんだよ」

クリスマスケーキのロウソクを吹き消した後、いきなり抱き締められて言われたけど「勝手に殺さないで」と思った。(33歳/ヨガインストラクター)

●その6:「ボクのことを、アナタの愛で包んでくれませんか?」

草食男子であることは分かっていたけど、うっとりとお願いされても「普通、逆だろ!?」と思わずにはいられません。(35歳/WEBデザイナー)

キープ男を冷静に見直すチャンスかも?

残念なほどのくさいセリフのオンパレードに、鳥肌が立ちっぱなしの女子もたくさんいることでしょう。
時期的に、年末年始をおひとり様で過ごしたくない独女が「とりあえず......」とキープした彼を、冷静になって考え直す良い機会なのかもしれませんね。

Photo by Hoerenkots

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる