恋愛

秋の行楽デートで彼氏が幻滅!アラサー女子のNG行動5選

0View

2015/09/29 Tue

Gow!Magazine

秋の行楽デートで幻滅9月も終盤になり、紅葉こそしていないものの、季節はいよいよ秋。
秋は、この季節ならではのイベントが目白押しです。

彼の前では女の意識を捨てちゃいけない!

この連休を使って、彼と一緒に温泉など、行楽地に行こうとしている女子も多いのではないでしょうか。

しかし、初めていく場所はなにかと緊張して、思いもよらぬ失敗をしがち。

今回は、秋の行楽シーズンデートで男性が幻滅した女子の行動を調査してみました。

●その1:車内でガニ股爆睡をかます

「彼女に『足湯に行こうよ』と誘われたので、地方の温泉地まで車で行くことに。ところが夜勤明けで疲れていたのか、彼女が助手席でウトウトし出しました。足湯に浸かったら、今度は気持ちよくなってきたのか、脚がガバッとガニ股に。挙げ句、帰りの車でもいびきをかいて寝ていて、さすがにこれはないな......とドン引きでした」(28歳/製造)

●その2:リサーチ不足でイラッ

「『ドライブもかねて、紅葉でも見に行こうか』と誘ったら、よっぽど嬉しかったのか、紅葉スポットと行き先までのルートを調べておくと張り切っていた彼女。でも、彼女のナビで道に迷うし、紅葉が見えるというスポットも今年は立ち入り禁止になっていました。やっぱり自分で調べておくんだったと激しく後悔」(30歳/IT)

●その3:無我夢中で栗拾い

「彼女と秋の栗狩りツアーに参加しました。いざ栗拾いが始まると、彼女が血相を変えて栗を拾い出して......。制限時間が終了してもまだ拾おうとするので、なんだかちょっと惨めに思えました。周囲の目が恥ずかしかったです」(31歳/販売)

●その4:思い出がゴミ箱にIN

「当時、同棲していた彼女と紅葉を見に行ったとき、彼女に『紅葉狩りしようよ!』と言われて、2人でわいわいしながらキレイなのを選んで持ち帰ったのはよかったんですけど。後日、キッチンのゴミ箱に拾った葉っぱが捨ててあるのを見て、ショックでした。せめて一枚くらい、しおりとして使うとかしようよ」(29歳/福祉)

●その5:浪費癖が明らかに

「秋の味覚ツアーに出かけたんですが、彼女が『ここでしか買えない』『お土産に』といって、キノコや果物を大量に買い込んでいました。料理もしないし、東京でも買えるものばかり! 浪費癖を目の当たりにして、結婚したらどうなるんだろう、といまから不安です」(27歳/広告)

秋の行楽デートは、季節ならではの楽しみがいっぱい。

デートも大いに盛り上がること間違いなしですが、それだけに彼の前では、女としての意識を忘れちゃいけません。

魅力が半減しないように、くれぐれも行動には注意したいですね。

Photo by urbanicsculturecrew

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる