恋愛

好意があるよと伝えている男のサイン

0View

2014/05/30 Fri

Gow!Magazine

好意があるよと伝えている男のサイン

 男ってどういった時に女に「好意がある」と伝えているのか、理解できない時ってありませんか?何気ない行動でも密かにサインを送っている時があります。男の恋愛観や恋愛心理を女性向けに分析してみました。このサインに気付いたら、ちょっとだけ有頂天になってもいいですよ。

度重なる食事の誘いには注意

【メールを頻繁に送る】

 異性からのメールは、さほど気にする項目でもない、LINEやメールくらいだったら誰もが男女関係なく送っている、と思っている女性は要注意です。男性側からメールを送ってくれるのは、アナタにかまってほしい証拠。ウザいかどうかの内容とタイミングを見極める必要がありますが、大抵はアナタに好意を持っているサインです。必要な時はメールの返信をしましょう。気になる相手からのメールはいつでもドキドキしてしまいますよね。メールで会話がはずめば、「今度時間があったら、外で会おうか」というお誘いに発展することもあります。内容が下世話なものだったり、返信に困るような内容だったりしたら、距離をおいてもかまいません。メアドを変えることや、返事の無視などもよいでしょう。

【仕事を手伝ってくれる】

 中には、休日出勤を余儀なく強いられるのが嫌で、仕方なく手伝うというケースもありますが、男性心理からすれば、「仕事ができますアピール」であることはもちろん、「アナタに近づきたい」という下心がたっぷりです。仕事を通じて急接近するケースは多々あるため、職場恋愛というお手軽な環境に甘えている男性がいます。あらゆる男性に食いつくのではなく、自分の立場などもわきまえた上で、見極めが肝心です。でも、素直に甘えちゃうと自分自身も楽に仕事が進みますので、ある程度までだったら、winwinな付き合いができるかもしれません。

【食事に誘ってくれる】

 仕事帰りや休日に食事に誘ってくれる男は「恋人昇格の見込みあり」です。男性側からすると、お酒や食事を通して異性とプライベートな話を楽しみたいという気持ちがあります。単なる時間つぶしだったら、男友達と遊ぶことや、パブリックビューイングができるスポーツバーなどで、同じ趣味を持つ人と集まるだけで十分なのです。ただし、「食事を介して公私ともに近づきたい」と言う言葉の延長線上には、ホテルに誘いたい、それ以上の関係に発展したい(女とだったら誰でもいい)という下心もたっぷりありますので、飲み過ぎや食べ過ぎ、度重なる食事の誘いには注意した方が無難です。

Photo by Pink Poppy Photography

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる