恋愛

どうしたらいい?一目ぼれアプローチ法アレコレ

0View

2015/11/09 Mon

Gow!Magazine

一目ぼれアプローチ法出会いはいつも突然で、予想もしないところから来ますよね。街で、電車で、カフェで、一目見ただけの人を好きになってしまうことがあなたにもあるかもしれません。もしも、一目見ただけで好意を抱いてしまったら、どうしますか? たいていの方は二度と会えないからとあきらめるのではないでしょうか。好みのタイプだったなと思っても、どうしようも出来なくて名残惜しげに立ち去るのみです。でも、そんな好みのタイプの人と何度も会うチャンスがあったら? そのときはもうアプローチするしかありませんよね。今回は一目ぼれから始まった恋のアプローチ法を紹介します。

まずは情報収集

友達の紹介や、同じコミュニティだから知り合った場合と違い、一目ぼれから始まった恋というのは、圧倒的に相手に対する情報が少ないものです。だからまずは相手に関する情報を集めましょう。同じ電車に乗る人なら、どの駅から乗ってきて、どの駅で降りるのかを覚えておきましょう。そして服装や持ち物で、ある程度相手の趣味や収入、職業などを予想しましょう。特に、指輪をしているかどうかは最大チェックポイント。指輪をしていない既婚者も大勢いますが、まずはココが最初の関門。

スキを出しながら自分をアピール

基本的に、ナンパされやすい女性というのは「声をかけやすいスキ」があるものです。一目ぼれした場合も、向こうがこちらに声をかけやすいようにガードは低くしておきましょう。話しかけやすくしておくと、何かのきっかけで会話ができるかもしれません。キョロキョロして時間が余っているように見せる、優しそうな表情をしている、ゆっくり歩く、などが隙を演出するポイントです。もちろん、好みではない人から声をかけられたらきちんと断って。

目が合ったらにっこりほほ笑む

ハードルが高くて、でも効果が抜群なのがこの方法です。どんな男性も、自分を見て微笑んでくれる女性を悪く思うはずがありません。知り合いだったかな、と思ってくれたらしめたものです。相手を拒絶せず受け入れていることを、微笑みでアピールしているのです。そんなこと恥ずかしてできない、などと思ったら何も始まりませんよ? 勇気を出して微笑みかけてみましょう。好意を持ってほしかったら、まずはこちらから好意を示さなくてはなりません。「どこかでお会いしましたか?」などと会話が始まるかも。

一目ぼれという、自分の直感を信じることができるあなたは行動力もあるはずです。自分を信じて、がんばってください。

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる