ウエディングトレンドデータ

晴れの日は海外ウエディングを参考に!2015年注目のウエディングテーマは?

0View

ふたりのこだわりの結婚式にするには、何よりも大切なのがテーマ選び。色使い、季節、デコレーションなどのオリジナルなテーマで、ふたりにとってもゲストにとっても忘れられないウエディングになります。今回は、海外のウエディングで今注目を集めている人気のテーマをご紹介します。

ふたりらしいウエディング演出

引用元:BLIDAL GUIDE

ウエディングのアイデアは無限大、ふたりのこだわりでふたりらしい演出を!

美しい自然のなかの一軒家バーンで迎えるバーンスタイルウエディング

一軒家バーン

引用元:BLIDAL GUIDE

ラスティックシック

引用元:BLIDAL GUIDE

シンプルなメイソンジャーや素朴なレース、野の花やスパークリングワインの上品な泡立ち。緑溢れる自然の中の隠れ家のような一軒家でのバーンスタイルウエディングが人気を集めています。飾り過ぎない上品さが基本のテーマ「ラスティックシック」は多くのカップルを魅了しています。バーンスタイルでのウエディングを希望するカップルは、ウエディングの形式をある程度重んじています。麻のバーラップで飾ったメイソンジャーは好まず、大きなテーブルには、キアヴァリチェアやはじけるような明るいカラーのアイテムを選んで置いています。花嫁の中にはドレスにヒールではなく、カウボーイブーツを履いて思いっきり楽しんでいる人もいますよ。

テーマはビンテージ!

ビンテージ風コーディネート
アンティーク風コーディネート

引用元:BLIDAL GUIDE

アンティークの買物が好きなカップルには、このテーマがピッタリ。カップルの多くはテーブルのデコレーションやウエディング全体を通して、ふたりがこれまでに大切にしてきた宝物のようなアイテムを使うことが多いようです。実際に、アンティークショップを経営されている方など、自分のお店からアイテムを利用して、ウエディングを演出するといったこともあります。ビンテージのエスコートカードテーブルから花瓶にいたるまで、アイデアの可能性は無限大です。

基調のカラーもウエディングには大切なテーマ

はっきりとした色のまとめづかいが斬新

はっきりとした色のまとめづかい

引用元:BLIDAL GUIDE

これまでファッション業界で人気のあった大胆なカラーは、近頃ウエディングでも広く取り入れられています。ウエディングパーティでは花々やさまざまなデコレーションに明るい色が使われるようになりました。カップルの多くは、他の色と混ざらないように、基本的に白でまとめたところにアクセントとして大胆なカラーを使用しているようです。最もおすすめのカラーコンビネーションは、ホットピンクとホットオレンジです。

星が瞬くロマンティックな夜空をイメージ

基調のカラーもウエディングには大切なテーマ

引用元:BLIDAL GUIDE

星が瞬くロマンティックな夜空をイメージ

引用元:BLIDAL GUIDE

あらゆるものがダークな色に見える冬の時期にウエディングを挙げるカップルには、このテーマがおすすめです。白い花々と星のきらめきが際立つ中、すべてのものがネイビーブルーの落ち浮いたブラックトーンに包まれます。テーブルにはダークブルーのリネンがかけられ、テーブルの中心にはキャンドルに囲まれてひときわ背の高い真っ白なセンターピースが光を放っています。全体の雰囲気を統一するためには、リネンだけでなく、青いシーリングライトもマストです。

ピンクは花嫁の永遠のカラー

ピンクは花嫁の永遠のカラー

引用元:BLIDAL GUIDE

テーマが「ピンク」と聞くと、それは色であって、テーマではないと思われる方もいるでしょう。しかし、ピンクは、多くの女性に根強い人気を誇る列記としたテーマです。中にはダークピンクを好む方もいれば、少し赤みがかったピンクを好まれる方もいます。複数のカップルでピンクが共通の特徴であれば、それはウエディングの大切なテーマとなります。スウィート16のパーティのようなイメージのピンクを避けたいならば、ピンクのグラデーションを使ったり、ゴールドをミックスさせたりとアレンジするとよいでしょう。背の高いセンターピースには、ゴールドの差し色を使ってエレガントで洗練された雰囲気を演出しています。

いかがでしたか?今回は海外で流行している2015年最新のウエディングテーマをご紹介しました。日本で広く行われている結婚式とはかなり違った大胆なものも多いですよね。気になるテーマはありましたか?ぜひお二人の門出に参考にしてみてくださいね。

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる