恋愛

身近な男性が"神"に見えた体験エピソード5選

0View

2016/01/21 Thu

Gow!Magazine

意外なギャップ映画やドラマで鍛え上げられた肉体をさらすイケメン俳優。
その端正な顔と、鍛え上げられた肉体美とのギャップに、思わずうっとりしてしまった経験はありませんか。

意外なギャップにやられてしまう

イケメン俳優にうっとりしてしまうのは当然としても、身のまわりにうっとりできる男性もいるはず......。

というわけで、身近な男性に思わずうっとり、まさに"神"に見えてしまった体験エピソードをご紹介いたします。

普段は何とも思っていなかった男性の意外なギャップに、やられてしまった女性が続出しているようです。

●その1:派遣男子が神

「パワーポイントでのプレゼン資料を頼まれて困り果てていたら、派遣の男の子が、昼休み+1時間で完璧に仕上げてくれてびっくり。なよなよした草食系と日頃ナメていたから大いに反省した」(30歳・OL)

デキる男は爪を隠す! 草食系だからってあなどれません。

●その2:太っちょキャラだけど神

「隣の部のメタボ次長が忘年会の席で、皆にはやされ『千の声になって』を披露。バリトンの美声で一同ビックリ。大ウケしながらも後光が射して見えた」(33歳・OL)

男版のスーザン・ボイルですね。他にも、手品が巧い、モノマネ、一発芸など、忘年会には多くの神が光臨します。

●その3:タクシー運転手が神

「出張の朝にうっかり寝坊。飛行機の時間に間に合うかギリギリで、かなり焦ってタクシーを拾った。『飛行機の時間が○時で、急いでいるんです』と伝えると、空港まで奇蹟的な運転技術でぶっ飛ばしてくれたタクシー運転手さんは神に思えた」(29歳・保険販売)

これはまさにヒーローですね。プロフェッショナルを感じます。

●その4:冴えない上司だけど神

「ふだんから温厚で、ちょっと冴えないオジサン上司とめずらしく車で外回りに出かけた。運転も上司まかせで、楽ちんでラッキーなんて思って助手席でくつろいでいた。そしたら、交差点での駆け込み右折のタイミングが大胆かつスムーズ! 車庫入れが一発でキマり、お約束でもあるバック時の振り返りポーズや表情も凛々しくてうっとり!これからはもっと敬ってあげようと思った(笑)」(29歳・OL)

自分には不可能な運転テクを見せつけられたときって、一気に尊敬しちゃいますよね。

●その5:細マッチョの神

「引っ越しを頼んだ当日、ホストみたいなチャラい人たちが来て大丈夫かなと心配に。
でも、パッと見では細かった腕に、しめ縄のような筋肉モリモリ。重いダンボールを3個積みで一気に持ち上げた。これぞ真の細マッチョ! いい引っ越し業者さんだった」(31歳・翻訳業)

男性の腕の筋肉にしびれる女性は数知れず。肉体労働でついた自然な筋肉という点も萌えますよね~。

今回の取材では、意外なギャップにやられるアラサー女性が続出でした。
あなたの近くにも神のように思える男性が存在しているかもしれません。外見で判断していたら、大きな獲物を逃がすことになってしまいます。彼らが力を発揮した時の「真の姿」に目を向けるようにしてください。
きっと、あなたもそのギャップにやられるはずです。

Photo By Jack Batchelor

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる