恋愛

「源氏物語」はモテテクの宝庫?モテ男が最終的に選ぶ女の特徴

0View

2016/02/12 Fri

Gow!Magazine

モテ男が最終的に選ぶ女「好きな男性がいるけど、彼はイケメン、他にも女がいるみたい」

そんな不安を抱いていたりしませんか。

モテ男の居心地の良いオンナになるべし

様々な女性からアプローチを受けているモテ男が、最終的に選ぶ女性とはどんな特徴があるのでしょうか。

世界最古の長編恋愛小説とも言われる「源氏物語」に、そのヒントは隠されていました。

ごぞんじ「源氏物語(著者:紫式部)」は、平安時代を舞台にした長編物語。
恋愛模様も多く描かれており、モテ男・源氏を中心に様々なタイプの女性が登場します。
この物語を恋愛の教科書ととらえると、複数の女性と関係を持っている男性が、最終的に選ぶ女性像が見えてくるのです。

光源氏の初恋の女性・藤壺の女御や、その面影を引き継いだ紫の上、生き霊としてところどころに登場する六条御息所など。彼女たちは物語のメインキャラクターですが、物語の中で幸せになっているかというと、決してそうではないようです。

源氏の父帝の妃である藤壺は、源氏の子どもを宿した罪悪感に苦しみ、幼な妻・紫の上は、源氏が正妻(女三宮)を迎えたことに悩まされます。六条御息所は、恋敵をどんなに呪ってもその心は全く満たされなかったことでしょう。

では、サブキャラに目を向けてみましょう。
「花散里」という女性が登場します。「はなちるさと」と読みます。儚げな響きですね。彼女は、だいぶ早い段階から、源氏と男女の関係を持ってはいたのですが、「恋人」という明確なポジションを与えられることもなく、だからといって捨てられるわけでもなく、だいぶ長いこと「微妙な立ち位置」でした。

現代女性にも、花散里のようなポジションで悩んでいるという人は、少なくないのではないでしょうか。「時々会ってエッチするんだけど、彼氏ってわけでもなく、他にオンナがいるっぽくて......」という状態がまさしくそれにあたりますね。

通常ですと、「私は都合のいいオンナじゃない!」とキレてしまいそうな状況ですが、花散里は決してキレるようなことはありませんでした。

花散里は、源氏の他の恋人たちに比べて、容姿が美しいとはいえず、地味キャラであることを自覚していたのかもしれません。
「源氏のようなモテ男が、自分などに構っていてくれるのは、きっと気まぐれだろうから」と、自分の立場をわきまえ、源氏に対して何かを望むこともなく、慎ましく接していました。

その控えめなキャラが源氏に安堵感を与えたのか、最終的には源氏の屋敷に住むことを認められ、源氏の妻・紫の上に次ぐ扱いを受けるようになります。源氏の長男・夕霧の母代わりという立場まで与えられましたから、事実上の本妻といってもいいくらいでしょう。晩年は、源氏の相談相手として、かけがえのない存在になります。

余談ですが、源氏物語の中でも「花散里」という巻は、短い巻ベスト3に入るほど。
地味キャラすぎて、紫式部もあまり筆が進まなかったのでしょうか?

男性は、なんだかんだで「安らげる女性」のところに落ち着く傾向が強いです。とくに、外ではモテまくっているイケメンにとっては、「この女性の前ではカッコつけなくても、巣のままの自分でいられる」という存在は、非常にありがたいもの。
加えて、花散里は裁縫・染物などにも堪能な女性でした。今でいうと、「家事もデキるオンナ」といったところでしょうか。

一度関係を持ったきり、なかなか会いにきてくれない源氏に対して、しつこく恋文や和歌を送ることもなく、ひょっこり源氏が訪ねてきた際も、「なんで今まで放置プレイだったのよ!」と恨み言を述べたりもしない花散里は、まさしく「お返しを求めなかったからこそ、最後に勝ったオンナ」といえるでしょう。

これら学べる恋愛学、花散里の勝因とはまさに「お返しを求めなかった」こと。

「好きな男性には複数の女の影が......」
という恋をしている女性は、花散里作戦を試してみる価値アリですよ。

Photo by Casey David

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる