恋愛

確率たったの2%!?35歳以上で結婚した奇跡のカップル5選

0View

2016/04/07 Thu

Gow!Magazine

35歳以上で結婚した奇跡のカップル

「35歳過ぎで結婚できたのは男性で3% 女性で2%」という衝撃の事実が判明しました。

運命の出会いはきっとある!?

これは国勢調査による数値で、2005年に35~39歳だった男性の未婚率は30.9%。その5年後、40~44歳になったときの未婚率は27.9%。つまり35歳以降に結婚した男性は5年間で「3%」しかいないのです。
同様に、2005年に35~39歳だった女性の5年後の結婚率は2%だったそうです。
(参照:J-castニュース|35歳過ぎると結婚はほぼ不可能 できたのは「男性で3% 女性で2%」) これは日々婚活に励むアラサー女性には恐ろしい数字ではないでしょうか。
しかし、逆にこの「2%」の女性たちがどうやって結婚したのかが気にもなります。
そこで、実際に35歳以上で結婚したご夫婦たちのなれそめをご紹介します。

●その1:大学時代からず~っと付き合っていたカップル

夫36歳、妻36歳で結婚。
学生時代に出会い、転勤で遠距離になったりしながらも10年以上付き合っていたカップル。なんと交際13年目で、彼氏の浮気が発覚。当然ケンカになりましたが、それを乗り越えたらとんとん拍子に結婚へ進んだそうです。そして37歳の奥さんは妊娠9ヶ月!
ふたりは沖縄在住で、とくに結婚を急かす人が周りにいなかったというのも晩婚になった理由でしょうね。浮気がいい意味できっかけになり、事が動いたようです。

●その2:元カレと復縁したと同時に入籍

夫35歳、妻37歳で結婚。
20代の頃に付き合っていたふたり。数年ぶりに再会して、よりを戻すことになったそうです。そして、復縁と同時に婚姻届も提出!
ふたりにとって、復縁したということはお互いの欠点も受け入れたということのあらわれ。復縁したならこの先は遅かれ早かれ結婚しかない、ということでけじめをつける意味で婚姻届を出したそうです。デキちゃった訳でもなく同居していた訳でもないので、周囲は驚いたそうですがお互いに深い縁を感じていたのでしょうね。

●その3:ダンスフロアでプロポーズ

夫39歳、妻35歳で結婚。
ふたりとも夜遊びが好きで、出会いも中目黒のDJバーだったそうです。バーカウンターに並んで話していたところ、音楽の趣味も同じことが判明。それから急速に仲が深まり、ふたりが好きなアーティストが出演するイベントのダンスフロアでプロポーズをしたそうです。
年々、同年代が夜遊びから遠ざかっていく中で、ふたりは出会った瞬間に運命を感じたそうです。好きな趣味を続けいく途中で、運命の相手とも出会えるなんて幸せな運命ですよね。

●その4:遊びきったので電撃結婚

夫33歳、妻40歳で結婚。
女性のほうは年齢から10歳以上若く見える美貌の持ち主。しかも、ある程度名の知れた服飾デザイナとして活躍していました。
結婚する直前まで、ひとりの男性に縛られない自由奔放な私生活。お金もある程度余裕があるから遊びにも拍車がかかっていました。
それが、彼女は40歳になったと同時に、知り合いの男性と電撃結婚を果たしました。周りは驚いていましたが、ツイッターの近況によると、彼女は料理の腕もなかなかで奥さん姿も板についています。
20代30代でじゅうぶん遊んできたからこその、思い切りのよさでしょう。

●その5:紹介を通じて出会い

夫36歳、妻36歳で結婚。
仕事一筋でいっそ生涯独身でも平気、と思っていたふたり。異性に奥手なところも共通していました。共通の友人が「似たもの同士で相性がよさそう」ということでお見合いをセッティングしました。当日は緊張からから話も弾まなかったのですが、メールとチャットで愛を育んだそうです。
リアルなデートをしなくても絆を深められる現代は、結婚のハードルも下がっているのかもしれませんね。

調査結果から"奇跡"に近いように感じられる35歳以降の結婚。
それぞれ話をうかがってみると、運命的に出会っていたり、長い付き合いから運命が動いて結婚に至ったりと、実に興味深いですね。
もしかすると、あなたにも運命的な日が訪れるかもしれません。その運命をキャッチするためにも自分磨きを怠ってはいけませんよ。

Photo by (c)Luc Viatour (CC BY-SA 3.0)

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる