恋愛

尽くしても報われない恋愛の原因はコレだった!

0View

2016/06/27 Mon

Gow!Magazine

報われない恋愛の原因

家庭的な女性ほど、彼のために尽くしてあげることが喜びになったりします。でも、そのわりに報われないことも多いということはありませんか?

尽くすのは一旦おあずけ

彼のために料理を作ったり、洗濯をしてあげたり、果てはお金まで貸してあげたりしているのに、彼の気持ちはどんどん離れていっている。そんな理不尽なこと、ありますよね。尽くしても報われない恋愛の原因はなんなのでしょうか? ここでは思い切ってその本質に迫ります!

・尽くす=愛されるではない

まず言っておきたいのが、「尽くす」からといって「愛される」わけではないということです。これが等式で成り立つと思っている女性ほど、この落とし穴に陥りやすいので、注意してください。尽くしても尽くしても報われないのは、尽くすことが愛されることへのパスポートではないからなんですね。

・尽くされすぎると逃げたくなる

では、どうして、尽くしても愛されないのでしょうか。普通なら、人はしてもらったぶん返そうと思います。その心理を利用したセールスなどもあるくらいです。ところが、あまりにも一方的に尽くしすぎると、「してもらう」ばかりで自分がすることがなくなってしまいます。ということは、彼女が尽くせば尽くすほど、彼のすることを奪っていることになるのです。人は誰かの役に立っていると思うほど、力が沸いてくるものです。尽くされすぎると、どんどん自分が役立たずに思えて、逃げ出したくなるのです。

・報われないのは当然?

そうなると尽くしすぎている女性が報われないのは当然に思えてきます。でも、どうぞ落ち込まないでください。彼にもしてもらうようにシフトチェンジすればいいだけです。彼にお願い事をして、それを聞いてもらったら思い切り褒めてみましょう。それだけで彼の自尊心をくすぐり、ただ尽くすよりも彼にとって喜びになります。大したことでなくて構いません。「迎えに来て」「買い物に行って」そんなの私がする! と思うことほど、彼に言ってみてください。意外と、彼も役に立ちたいと思っているのにどうしていいのかわからないだけかもしれませんよ。

尽くすことが悪いわけではありません。でも、尽くしすぎるとバランスが崩れるのも事実です。しかも、尽くすことに喜びを見いだせなくなっているとすれば、尽くすことは誰にとっても幸せをうみません。尽くすのを一旦おあずけにして、彼自身と対等に向き合ってみてはいかがでしょうか。尽くすということで見えなかったものがみえてくるかもしれません。

Photo by Stephen Brace

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる