恋愛

結婚がゴールだって思ってない?夫に捨てられる女の特徴

0View

2016/08/23 Tue

Gow!Magazine

結婚がゴールじゃない

 今どき女の幸せが結婚だなんて言うつもりはありませんが、せっかく結婚するからには幸せになりたいと思うのは当然です。

幸せをキープするには努力が必要

 しかし、残念ながら結婚すれば誰でも愛されるのが当たり前で幸せになれるわけではありません。いくら好きな人同士とはいえ、他人と家族になって何十年も一緒に暮らすわけですから、幸せをキープするためには付き合っているとき以上の努力が必要なのです。

・結婚に夢を見過ぎな女性

 結婚したら専業主婦になって、おしゃれなインテリアに囲まれて暮らし、週末には旦那様とデートして、なんていう夢のような結婚生活を描いている人は、たいてい幸せになれません。なぜなら、彼女たちが描いている結婚生活は、かなり経済力がないと実現不可能な夢ですし、妻が専業主婦でもそんなリッチな生活ができる男性なんて、ほんの一握り。しかもそれだけの甲斐性のある夫は仕事人間である確率も高く、結婚適齢期で経済力があって家庭的な男性となると、ますますハードルは高くなります。そこにイケメンだのオシャレだのといったモテ要素が加わると、まさにそんな男性は希少種。現実には何かを妥協する必要がありますが、こういう女性は理想の家庭が基準ですから、妥協というのはマイナス要因にほかならず、不満を感じてしまうのです。

・自己主張が激しすぎる女性

 結婚と言うのは、他人と暮らすことです。自己主張が激しすぎる女性は、結婚と言うよりも、他人との共同生活に向いていません。初めのうちは、恋愛感情で許されていたわがままも、年月がたって家族としての愛情になってくると、パートナーや他の家族がストレスに感じてくることがあります。性格も育った環境も違う2人が暮らすのだから、合わないことがあるのも当たり前。自分の実家での習慣が正解で、相手が間違っていると判断するのはよくありません。違いを尊重できる人間性がないと、結婚生活は上手くいかないのです。

・経済観念が違う女性

 結婚は愛ではなくお金だとまでは言いませんが、経済力が結婚の大きな要素であることは確かでしょう。実際に結婚して生活するとなると、毎日の生活費はもちろん、マイホームを買えばローンが必要ですし、子どもができれば教育費もかかります。独身の頃のように自由にお金が使えないのは夫も妻もお互い様。それを、不自由だと思うか、マイホームや子どもという恩恵に比べたら当然だと思うかは、個人差の大きいところです。結婚しても相変わらず記念日のディナーやプレゼントを要求するような女性は、男性にも愛想を尽かされてしまいます。

Photo by 愛鸚斯坦

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる