恋愛

打倒、草食系!男性心理から見る"狙った男を落とすテクニック"

0View

2016/09/05 Mon

Gow!Magazine

狙った男を落とすテクニック

 いいなと思う人と付き合いたい、そういうときはどうやってアピールしますか?
 女性からアピールすること、昔はあまり無かったですが、最近は女性からもグイグイ攻めていかなくてはなりません。なかなか男性からは動いてきてくれないのが、現代の男性の特徴です。草食系なんて言われたりもするので、女性が自ら動かなくてはならない場合もあるでしょう。そうなったらどうやって男性を落とすか、難しいところです。女性のモテテクを駆使するしかありません。男性の恋愛心理学なども利用してみると、より男性の気を自分に向かせるきっかけにもなります。

常に笑顔で明るい自分でデートを

◆デートは回数を重ねる

 デートをするときには、長く少しでも一緒にいたいと思うものです。でも、長く一緒にいることが大事なのではなく、こまめに頻繁にデートをすることが男性の気持ちを自分に振り向かせるテクニックです。長く一緒にいてもそれほど男性の心に残る印象はかわりません。次のデートまで1ヶ月も空いてしまえば、どんな感情をその時に持ったのかまで忘れてしまうでしょう。せっかく色々とテクニックを使っていても、男性の心に1ヶ月後には残っていません。それが1週間や3日であれば、まだ以前デートをしたときに気持ちが男性の心の中には残っているので、次に会うときにもその状態のまま男性はデートに来てくれます。仕込んでおいたテクニックが効果を発揮してくれますし、頻繁に会うことで好きになる確率がアップするのは心理学でもよくいわれていることです。長い時間を過ごすのではなく、回数を重ねることを付き合う前は大事にしてください。

◆とにかく笑顔

 まだ付き合ってもいない男女関係というのは微妙なもので、簡単に壊れやすいものです。そんな関係のうちに怒ったり泣いたり、そういう感情は絶対にマイナスイメージを与えてしまいます。プラスイメージを植えつけるためには、付き合うまではとにかく笑顔、彼に怒ってもいけませんし、泣くのも禁物です。お化け屋敷にいって怖くて泣いたぐらいならOKです。それは可愛い涙で済まされるものですが、辛いことがあって相談をして涙...というのは、守ろうという責任感が芽生える男性もいれば、重いと感じる男性もいるので避けておいたほうが無難です。異性の気持ちを理解するのは大変ですし、予想外の展開もありえるものですが、相手の心の中に残り続けることがテクニックの基本です。笑顔の印象は心に残りやすいので、自分を印象付ける意味でも常に笑顔で明るい自分でデートをてください。

Photo by Iryna Denysova

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる