編集部Pick Up!

【ホテル椿山荘東京】東京の真ん中で、森の中の神殿での神前挙式!独立型新・神殿「庭園内神殿」今秋 、誕生

0View

ホテル椿山荘東京の神殿正面

 ホテル椿山荘東京(東京都文京区関口・総支配人:本村哲)では、東京の真ん中にいながら、豊かな森の中にいるかのようなやさしい空間で挙式をしていただけるよう、当ホテルの最大魅力でもある緑に囲まれた美しい庭園の中に独立型の神殿「庭園内神殿」を、今秋にオープンします。

伝統ある「神殿」に備わる荘厳さに、ホテル椿山荘東京の「緑」が融合し、まるで庭園と一体化したような神殿が誕生します。庭園の起伏に富んだ地形や自然を意識し、美い弧を描く曲線が特徴です。外観はシンプルでありながら、繊細で高品質な家具のように美しいディティールを追求。可能な限り、自然素材や自然界を思わせる曲線を用いることで、庭園の木々との調和を大切にしました。内観は、凜とした静粛な空気感は保ちながら、誓いの瞬間にも圧迫感を感じず包み込むようなやさしい光が射し込む、まるで自然の中にいるような空間づくりを意識しました。

最大収容人数は、都内ホテル最大級の102名の神殿です。神殿の厳かさを持ちつつも、ホテルの最大の魅力でもある美しい緑に囲まれた庭園で挙式をしていただきたいという想いに加え、一生に一度の誓い瞬間、今までの人生でお世話になった沢山の方に見守られて挙式をしていただきたいという想いを形にしています。さらに、三管(篳篥(ひちりき)、笙(しょう)、龍笛)による雅楽の生演奏や巫女の舞いなど、日本古来の伝統の祝いの音色と舞いが、自然に見守られながらの神前式に格調を添えます。

 当ホテルの庭園には、2月初旬から4月まで桜、初夏にかけては目にも鮮やかな新緑が輝き、そして5月下旬には蛍が舞始めます。夏に向け深い緑、秋には紅葉、冬には椿が咲き誇り、四季折々に唯一無二の表情で訪れる人々を魅了します。自然豊かな庭園内で、多くのお世話になった方々に囲まれながら、温かい祝福を受けていただきます。

 近年婚礼市場が減少傾向になるなか、神前式を希望するカップルは増加傾向にあります。リクルートブライダル総研 結婚トレンド調査「実施した挙式形態」によると、神前式は2012年の15.7%、2016年は18.2%となっています。伝統を見直す時代の傾向に合わせ、都会のオアシスと称される当ホテルならではの、緑あふれる庭園内での神前式をご提案いたします。

神殿見返り

神殿 見返り

神殿外観

神殿 外観

ロビーからの景観

ロビーからの景観

神殿「庭園内神殿」施設概要

ご予約・お問合せ 03-3943-0417(平日11:00~19:00 土日祝日10:00~19:00)
■施設名称 :「庭園内神殿」
■場所   :ホテル椿山荘東京 庭園内
■収容人数 :102名(新郎新婦含む)
■広さ   :128.81㎡
■天井の高さ:5m
■販売価格 :25万円(神官、雅楽生演奏、巫女の舞い含む)※消費税別途
■挙式開始日:今秋

<本件に関するお問い合わせ先>
藤田観光株式会社 ホテル椿山荘東京 婚礼課 担当:霜越
〒112-8680 東京都文京区関口2−10−8
TEL.03-3943-1646 FAX.03-3943-0984
Email:h.shimokoshi@hotel-chinzanso.com
ホームページ:https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/wedding/

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる