ウエディングトレンドデータ

「専業主夫」はアリ?ナシ?みんなの専業主夫についてのイメージとは!?

0View
42530_142530_2

「夫だけが働いてる」人が過半数の「60.4%」となり、夫婦の働き方として「夫が働き、妻は家庭を守る」という文化が強く出る結果となりました。
また「妻が働いている場合はどのような形か」のその他の回答では「自営業」という回答が多く、家庭に入りながらも仕事と両立しやすい「パートタイマー」「自営業」という働き方の割合が高いことがわかりました。

家事の分担はどのようにしていますか?

42530_3

上記の質問「共働き」「妻だけ働いている」の合計で「働く妻」が38%近くいるという結果が出ましたが、「二人で家事を分担している」という夫婦は20%と、まだ「家事の担当は妻」という印象があります。
その他の回答では「義母」「母親」に手伝ってもらうという意見も複数あり、同居の「母親」が働く女性の助けになっているということも分かりました。

【その他の意見】
・同居の義母と妻(私)が分担
・わたしができていない所を夫が助けてくれています
・妻が100%
・妻の母と妻で行っている
・夫が単身赴任中なので、それぞれでやっています

42530_442530_5

「専業主夫」について持つイメージは大枠3つに分かれており、また「専業主夫」がまだ少数で身近に感じる機会がないので、具体的なイメージが浮かばないという意見が多い印象でした。

【いい印象がある人の意見】
・妻のほうが正社員で給料がいい場合や家事が好きな男性もいるので、これから増えると思う
・近所に専業主夫の家庭があって、それまでは身近にいなかったのでよく分かりませんでしたが、そのご主人がいつも朗らかな感じで、暑い中庭の芝刈りや買い物やらゴミ出し等をされており、奥さんともすごく仲が良い様子を近くで見ていると「ちょっといいなぁ」と思ってしまいます
・女性も働く時代ではあるが、まだまだ女性は家庭を守るという考えもある中で、敢えてその道を選択する男性の勇気にはとても好感が持てる
・昔は「しゅふ」と入力すると『主婦』にしか変換できませんでしたが、今では『主夫』も当たり前のように変換できます

【特に何も思わない人の意見】
・夫婦のうち片方が家事専従でも、家計が回るのであれば夫であろうと妻であろうと専業で問題無いと思う
・専業主夫の家庭は、妻はバリバリのキャリアウーマン、夫は家事ができるというイメージです
・夫婦共に固定概念のない自由な考え方なんだと思う。その一方で何故そういう形に行き着いたのか興味がある
・世間体に捉われず、奥さんをしっかりサポートしている優しい旦那さんなんだろうな~!というイメージ

【あまりいい印象はない人の意見】
・「奥さんに食べさせてもらっている働く意志がない夫」という、あまり良くない印象を勝手ながら持っている
・家事や近所付き合い、子育て等は女性でないと出来ないこともあるので完全に専業主夫になるのは難しそう
・世間と関わる場面が少なすぎて視野が狭くなりそう。主婦の場合は同じ立場の人が多いので情報交換などが出来るが、男性の場合は世間体が悪いと感じる
・男が家事に専念することが変なのではなく、女性が一定の給料を貰うのは結局不可能だと思う


42530_6

専業主夫に対して「なってもいいと思う」「なりたいと思う」「どちらでもいい」と答えた男性が、60%と半数以上の男性が「専業主夫」になることに否定的ではないという結果になりました。

しかし「なりたくない」「どちらかと言うとなりたくない」という意見も40%近くあり、「専業主夫」に対する考えは半々だということがわかります。

42530_7

「いいと思うこと」の意見では「子供と過ごす時間が増える」と答える方が圧倒的に多く、男性も子供といる時間を大切にしていることが伺えます。

また「悪いと思うこと」の意見としては「社会的にあまりよく思われない」という、まだ「専業主夫」が一般的ではないという社会状況と「家事を妻よりも上手に出来る自信がない」等、普段やらない分、技術的に出来なさそうという2パターンの意見がありました。

【いいと思うこと】
・子供と過ごす時間が増加する
・時間の融通が利きやすいかもしれない
・最近はFXやアフィリエイトやネットショップ等の在宅業務で稼ぐ事も多く、これらにチャレンジするには主婦、主夫の方が有利
・パートナーがスポーツ選手や芸能人、社長など社会的に頑張ってる場合、それを支えると言うのはそれなりのステータスが得られると思う
・これまでの社会経験を子供たちに時間を掛けてじっくり説明できる
・自分の気持ちが変わる、妻のやってたことに理解を示すようになる

【悪いと思うこと】
・世間的に恥ずかしいイメージがある
・法制度?税制度?で、「専業主夫」を想定しないケースがありそうで、損しそうな気がする
・今はまだ偏見の目で見られる事が多い
・妻が数日間留守にした時に体験したが、やることが数多くあり慣れないと大変。(炊事、後片付け、洗濯、洗濯物干しと取込み、掃除、曜日別の分別ゴミ出し、毎週来るお届けコープへの注文、消耗品の充当、買い物他)
・学校などで、ほかのお母さんたちに馴染めるのかどうか
・感情の気分転換・切り替えが難しいのではないか
・家計が苦しくなる(収入が減る)

(サンプル数:787人)

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

閉じる