結婚・結婚準備

結婚式のスピーチ・謝辞例文~新郎編~

0 View

結婚式のスピーチ例文 ~披露宴の謝辞 新郎編~

speech1_p新郎新婦の挨拶では、ゲストに対する感謝の言葉や新しい人生の出発にあたっての抱負を述べ、今後の支援をお願いします。
お開き直前の最高の山場ですので、緊張感もひとしおだと思いますが、門出の挨拶ですから、ふたりとも笑顔であまり焦らずに、力強く、ゆっくり大きな声で語りましょう。

挨拶は新郎が一人でする場合が多いですが、親への花束贈呈がない場合など、新婦もあわせて挨拶することがあります。その場合は新婦~新郎の順で挨拶するといいでしょう。

スピーチの例文

「本日は、お忙しいなか、またご遠方より、私たち二人の結婚式に、こんなに大勢の皆様にお集りをいただきまして、本当にありがとうございました。
いつもはどちらかというと、裏方に慣れている自分が、皆様を前に主役でいるということが、なんとも不思議な気持ちでいっぱいです。」

列席者へのお礼
あたたかい祝辞や励ましに対し、丁寧にお礼を述べます。
直前の両家代表謝辞ほど堅苦しい表現ではなく、なるべく自分がふだん使っている言葉で表したほうが、列席者にも思いが伝わります。

「私といずみが今日の日を迎えられたのも、これまでに本当にたくさんの皆さんのお力添えがあったからこそです。
友人、会社の皆様、今日のために一緒に披露宴を作ってきてくれたホテルのスタッフの方々、そして親戚の皆さんと大切な家族。本当にありがとうございました。

そのなかでも一番感謝の言葉をお伝えしたいのが、いずみを生み、育て、そしてまだまだ頼りない僕にいずみを託してくださった、お父さんとお母さんいずみのご両親です。
本当にありがとうございました。おふたりからいただいた信頼を裏切ることのないよう、いずみを幸せにし、ふたりでこれからの日々を過ごしていきたいと思います。」

感謝の言葉
冒頭の儀礼的な表現から、一歩踏み込んで感謝の言葉を添えられると、ゲストに深い感動を与えることができます。

「いまは幸福な気持ちでいっぱいで、新しい生活に胸をふくらませているばかりですが、なんといってもまだまだ未熟なふたりです。皆様には、これからいろいろご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、どうか今後ともご指導ご鞭撻のほど、心からよろしくお願い申し上げます。

皆様のご健康と、ますますのご繁栄を心からお祈りいたしまして、はなはだ僭越ではございますが、私からの挨拶とさせていただきます。
本日はまことにありがとうございました。」

結びの言葉
人生の新しい出発をする自分たちへ、ゲストの方々に指導・支援をお願いし、再度お礼を述べてスピーチを結びます。

スピーチのコツ

  • 原稿用紙は2.5~3枚(1000~1200字)程度
  • 所要時間は2分~2分30秒を目安に
  • 力強く、大きいな声でスピーチを
  • 自分の家族の自慢話はNG。相手の家族やゲストを思いやる気持ちをスピーチに取り入れて、自分の言葉で
  • リズムを取りやすいように原稿には適度に句読点を入れながら作成を

他のスピーチ文例を見る

・披露宴の謝辞
新郎編
親族編
・二次会の謝辞
新郎編
・ゲストスピーチ
披露宴・主賓編
披露宴・友人編
二次会・友人編

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。