パーティを彩る演出は"美味しい"から生まれる笑顔と会話!

2016.04.11

レストランウエディング Report vol.12

今回は、優雅な時間の流れと華やかな空気が漂う銀座からお届け!Sさま・Kさまご夫妻が会場に選んだのは、銀座一丁目駅から徒歩2分、銀座ベルビア館9階に店を構えるフレンチレストラン、ICONIC(アイコニック)。同じ職場でのご結婚ということもあり、この日開催されたのは会社関係者のみを招いたレストランウエディング。

レストランウエディング Report vol.12

まずゲストを迎えるのは、エレベーターを降りた瞬間に広がるシックなエントランス。そしてウエイティングルームへと進むと、そこには海外映画のパーティシーンを彷彿とさせるようなプラザバーが!心なしか「ルンルン♪」と、ゲストの足取りもはずんでいるよう。ウェルカムドリンクを片手ににこやかな表情で開宴を待ちます!

レストランウエディング Report vol.12

そして披露宴会場となるダイニングへと場所を移し、いよいよ新郎新婦の入場!あたたかな拍手と笑顔で迎えるゲストに見守られながら、おふたりにも柔らかな笑みがこぼれます♡「短い時間ですが、楽しんでいってください!」と、新郎のウェルカムスピーチから披露宴がスタートし、「乾杯!」の音頭が響くとさっそくお料理のサーブ。支配人よりメニューの紹介がされるなか、ゲストの目の前で、サイフォンを使い調理を仕上げるオニオンスープ、燻製を掛けた状態で蓋をオープンする甘海老のマリネなど、味だけでなく目や香りで楽しめるアイコニックならではの演出に、まさしく"お料理のおもてなし"を感じます!

レストランウエディング Report vol.12

プロフィールDVDが上映され、メインディッシュがサーブされる頃、新郎新婦が再入場。余興では新郎新婦に扮したご友人が登場し、まさかの女装をしたご友人が低音ボイスで熱唱!という展開にはゲストは大爆笑でした!盛り上がりをそのままに続くご歓談では、新郎自らテーブルを回りゲストとの会話に花を咲かせ、笑い合う。そんな親しみやすさもレストランウエディングだからこそ♡さて、お食事はデザートタイムへとすすみ、ここでテーブルスピーチが始まります。実はこちら、クジで引かれた方がスピーチをするというサプライズ演出!名前を引かれたゲストがマイクを向けられて慌てる姿に会場は大賑わい♪そんな祝福ムードも束の間、披露宴はエンディングを迎え、新郎新婦のご退場となりました。

レストランウエディング Report vol.12

「感謝の気持ちを込めて、お料理でゲストをおもてなししたい」という思いから、食事を軸にしたプランニング。「美味しいお料理を食べれば自然と会話がはずむ!」というおふたりの思惑通り、会話と笑顔が途切れない"和気あいあい"とした披露宴が実現しました!ゲストとの距離が近く、全員でひとつのテーブルを囲んでいるような一体感が味わえるのもレストランウエディングだからこそ!凝った演出や装飾で目を引くよりも、"味覚で魅せる"ことでゲストが心から楽しめる時間をつくる。それが新郎新婦の選んだレストランウエディングのカタチです!

プロフィール

NAME

新郎:Sさん、新婦:Kさん

COMMENT

職場の先輩(新婦)と後輩(新郎)という関係だったおふたりは、新郎からのアプローチで交際がスタート。2年間の交際を経て、一粒万倍日と天赦日が重なっていたという2015年12月14日にご入籍。2016年3月5日、挙式・披露宴を開催。

会場インフォメーション

アイコニック

銀座駅・有楽町駅から徒歩3分のレストラン。明るく開放的な120名着席可能なパーティ会場、挙式スペースやバー、個室などワンフロア280坪を自由にアレンジしての多彩なパーティが可能。会費制1.5次会や、親族会食会、披露宴+二次会など、時間と空間を贅沢に使ってオリジナルウエディングが叶います。

このレポートのキーワード

アイコニック 結婚式・パーティレポート

ページトップに戻る