1. [結婚式・ブライダル] ぐるなびウエディング
  2. 結婚式場
  3. 家族・親族のみの少人数結婚式
  4. 親族・身内だけの結婚式費用相場はいくら?家族のみの少人数結婚式を成功させるポイントとは?

親族・身内だけの結婚式費用相場はいくら?家族のみの少人数結婚式を成功させるポイントとは?

新郎・新婦2人だけの結婚式に次いでミニマムなのが、新郎・新婦+親族の結婚式です。慈しんでくれた両親、ともに育った兄弟姉妹、見守ってくれた祖父母や親戚…身近な人たちの中で挙げる結婚式は幸せにあふれたものになることでしょう。
しかし、避けて通れないのが費用の問題。少人数での結婚式とはどのようなものなのかご紹介しながら、費用面のあれこれについても解説します。

少人数結婚式のメリット・デメリット

少人数結婚式のメリット・デメリット

親族のみの少人数で結婚式を行う場合、どんなメリット・デメリットがあるのでしょう?
まず、最大のメリットと言えるのは、新郎・新婦と親族が心ゆくまで交流することができるという点です。
大人数を招待する披露宴だと新郎・新婦は高砂に座りっぱなし、親族もゲストをおもてなしする側に回るため、言葉を交わすチャンスはあまりありません。もしあったとしても、段取りの話に終始してしまったり、「新婦の手紙」のようにプログラムに組み込まれている場だったりして、プライベートな会話はほとんどできない場合が多くなっています。
それに対し、親族のみの式はまさに“アットホーム”な場になるため、誰にも遠慮せずに思い出話をしたり、お祝いや感謝を伝え合ったりすることができます。

デメリットとしては、新郎・新婦の自己負担の割合が高くなってしまうケースがあるという点が挙げられます。
少人数の式であっても通常の披露宴と同じようなプログラムをこなしたいと考えるのであれば、やはりお金もそれなりにかかってしまうもの。参加する親族から相場より多めのご祝儀をもらえる場合もありますが、あくまで不確定要素にすぎません。
そのため、自分たちが払える範囲で予算を組んでおくのが賢明です。当てが外れて後々困った事態に…ということにならないよう、注意が必要です。

今月のおすすめ会場特集2018年12月1日更新

ぐるなびウエディングで少人数ウエディングプランを探そう!

少人数の場合の費用相場って?

少人数の場合の費用相場って?

大人数の結婚式・披露宴の多くはご祝儀制で行われ、あらかじめ決められた式次第によって進行します。キャンドルサービスやお色直しなどを含むスタンダードな結婚式を式場やホテルで行う場合、かかる費用の相場は300万円あまり。そこからご祝儀の分を引いた金額が新郎・新婦の自己負担額となり、そちらは平均すると100万円~150万円程度となっています。

一方、少人数・親族のみで行う結婚式の場合、結婚式定番のプログラムを網羅する必要がないため、プログラムは自由に設定することができます。費用の相場としては、およそ80~120万円ほどになります。通常の披露宴に近いフォーマルな形にしたいのか、食事会のようなカジュアルな場にしたいのかによって必要な金額も大きく変動することになります。

ぐるなびウエディングで少人数ウエディングプランを探そう!

親族のみの結婚式を成功させる秘訣

親族のみの結婚式を成功させる秘訣

では、親族だけで結婚式をしようと考えているカップルはどのような点に気を付けてプランを立てれば良いのでしょうか?
ポイントは、「少人数での結婚式ならではの良さを生かす」ということ。
大勢の人を招いて行う結婚式の場合は、ゲストたちが新郎・新婦を主役の位置まで持ち上げて祝福をしてくれます。一方で親族は新郎・新婦とともにゲストを迎える立場、いわば“主役の補佐”のような位置づけで結婚式に参加することになります。
けれど、近しい親族にこそ伝えたい気持ちというのは誰しも持っているものです。少人数結婚式ではそれをきちんと形にしてみてはいかがでしょう?
各テーブルを回ってひとり一人の顔を見て話をし、これまでの感謝を直接言葉にすれば、幼い頃から親交のあった親族にとっての喜びはひとしおでしょう。

そして、タイムテーブルや段取りに自由がきく点を上手に利用すると、あたたかな雰囲気を演出できるだけでなくコストの削減につなげることもできます。

たとえば、こんな視点でプログラムを考えてみるのがおすすめです。

  • 堅苦しいスピーチはなしにして、その分歓談やテーブルラウンドの時間にあてる
  • 余興はプロに頼むのではなく、ピアノの先生をしている従妹にお願いする
  • ケーキカットは全員の席から無理なく見えるサイズの小さめケーキにする
  • 未婚の女性はいないので、ブーケトスやブーケプルズはやらず、ブーケもプチタイプのものを選ぶ
  • ウェルカムボードや席次表、プチギフトは手作りのものにする
  • お色直しのドレスは母のおさがりをリメイクしたものにする
  • プロのカメラマンは頼まず、親族が撮ってくれた写真を集めてオリジナルアルバムを作る

などなど。

その場にいるのは親族だけなのですから、大人数の披露宴ではちょっとひんしゅくを買いそうな“身内感”や“内輪感”が前面に出てしまったって何の問題もありません。
プロに依頼する仕事や余興を親族の中で得意な人にお願いしたり、既製品を注文せずに自分たちで手作りしたりすることで結婚式の一体感やアットホーム感がアップし、出費も抑えることができるので一石二鳥と言えます。

少人数で行う結婚式の特徴や費用、成功につなげるコツなどをまとめてみました。
多くの人が祝ってくれる華やかな式も捨てがたいですが、親族だけで行う世界で一つだけの結婚式というのもやはり魅力的です。
自分たちにしかできない工夫をしながら、笑顔の絶えない結婚式を目指してみてくださいね。

全国のエリアから探す

家族・親族のみの少人数結婚式ができる会場をエリアから探そう!都道府県や注目のエリアから検索できます。

関東甲信

関西

東海

九州

北海道

東北

北陸

中国

沖縄

少人数結婚式を検討している人におすすめ