結婚式場検索・結婚式準備情報サイト

全国版

エリア変更

  1. [結婚式・ブライダル] ぐるなびウエディング
  2. 結婚式場
  3. プロポーズ特集

プロポーズは場所とサプライズが重要!プロポーズ特集

未来の新郎新婦を応援します!必見!プロポーズ特集

プロポーズをする場所や言葉ってどうしようetc…
幸せを目前に臆病になっているそこのあなた!全国のプロポーズプランとプロポーズに関する本音アンケート結果をチェックして、素敵なプロポーズにしませんか?
プロポーズのタイミングや言葉などのハウツーをはじめ、あなたのプロポーズを盛り上げてくれるプロポーズプランをご紹介。結婚式場のプロポーズプランだから、プロポーズが成功した思い出の場所で、結婚式までできちゃいます!

まずは、ネットで気軽に問い合わせできるプロポーズプランをチェック!!

決め手はシチュエーション!夢見る女子の憧れプランはこれだ。

場所選びはプロポーズを成功させる大事なポイント。
女子が憧れる人気レストランやホテル、チャペルなど、とびきり素敵なプロポーズをサポートしてくれる、厳選会場のプロポーズプランをご紹介。ぐるなびウエディングの会場でプロポーズが叶ったら、想い出の場所で結婚式も挙げられちゃいます!

プロポーズプラン一覧を見る

つかめ女心!プロポーズって大事?

つかめ女心!プロポーズって大事?

プロポーズとは、異性がパートナーに愛の言葉とともに結婚を申し込むこと。その始まりは大変古く、西洋では古代ローマ・ギリシャ時代からすでにそういった風習があったと言い伝えられており、その当時からすでに、指輪を贈る風習まで存在したようです。

日本でも、歴史上古くは古墳時代の頃にすでにそういった風習があったようで、思いを寄せる異性の家の前で歌にして名前を呼びかけることがプロポーズ(求婚)の証だったと言われています。なんとそういった様子は、「万葉集」といった古い文献にも残っています。

そこから派生し、平安時代には「和歌」で思いを伝えたり、江戸時代には女性が優位な立場となって「文(手紙)」としてプロポーズをおこなったりしていたとも言われています。

特に、「美しい言葉」を大事にする日本人にとっては、言葉でのプロポーズはとても大事に思われてきました。粋な言葉や演出、趣向を凝らしたフレーズが歌や和歌に込められていると女性もついくらっときてしまうといった傾向があるのでしょう。

プロポーズは必ずしないといけないというものではありませんが、日本のみならず世界でもこの風習は古くから根付いており、今では人生の一大イベントともなっているので大事です。

結婚への最初の一歩がプロポーズになるため、記憶にも残りやすいですし、既婚女性が友人や同僚に「プロポーズの言葉は何だった?」なんてことを聞かれるのをよく耳にします。

事実としてあったことをふたりだけのヒミツとして隠すのは、照れ隠しもでき本人もちょっとした幸福感が湧きますが、本当になかった時、多くの女性は悲しいものです。結婚数年後に女性から「あの時はっきり言わなかったじゃないの!」と責められるよりも、ちょっとした勇気をこの瞬間出すことができればその後の結婚生活も安泰かも?!しれません。

プロポーズをすることで得られるメリット

<結婚の決意表明>

プロポーズのシチュエーションは、プロポーズをする方はもちろんですがしてもらう方も身が引き締まります。付き合いが長くなればなるほど、お互いに慣れてしまいマンネリ化しやすいものですが、プロポーズをきっかけに「結婚」に向けてお互いの目線が合うことで、将来を歩んでいくパートナーとしての決意が固まります。

<人生最大の記念日ができる>

プロポーズをした日は、一生に一度の記念としてどんな記念日よりも覚えているでしょう。ふたりで毎年お祝いをしてもいいですし、プロポーズした場所を思い出の場所として訪れるなど、長いパートナーとの生活を楽しくさせてくれる要素としてもプロポーズはとても大事です。子供が生まれてからも、ふたりだけの思い出として残るのがプロポーズのシチュエーション。ふたりだけという特別感が気持ちを盛り上げてくれます。

<お互いの気持ちが離れそうになったときの思い出>

ドラマのシーンでもよくありますが、長い結婚生活の中で夫婦の危機が訪れることも珍しくありません。そんなときに、プロポーズの言葉を思い出したり、思い出の場所に行ってパートナーとの関係を思い返してみたりと、困難に直面したときに自分を救ってくれるきっかけとなることもあります。

勇気を出して、プロポーズ!彼女を虜にするプロポーズプランを探す

プロポーズには指輪は必要?

つかめ女心!プロポーズって大事?

プロポーズといえば、映画などでよくみる光景が指輪を女性に差し出す姿です。最近では婚約指輪を贈らないカップルも増えましたが、やはり女性としては言葉だけでなく「身につけるもの」があるとより実感がわきます。
もともと婚約指輪を渡す風習は、プロポーズと同じく古代ギリシャでおこなわれていました。その意味は現代とはかなり違っていますが、当時は結婚する男性は妻となる女性を「買う」という売買が一般的におこなわれていました。そのため、婚約が成立すると、夫の家は妻の家にお金を支払い、妻の父親に指輪を贈る風習があったと伝えられています。
今ではかなり違った意味ですが「取引の証拠」としての意味合いは現代にも通ずるところがあるかも知れません。
女性によっては婚約指輪が欲しいという人とそうではない人がいると思いますが、対外的に「結婚をします」というアピールや表現としてはシンプルで、自然とできるためあると喜ばれます。また、結婚後も記念日など折を見て身につけることで昔の気持ちを思い出すことできるため、嬉しいという方も多いでしょう。

勇気を出して、プロポーズ!彼女を虜にするプロポーズプランを探す

指輪の渡し方やタイミングは?

指輪の渡し方やタイミングは?

結婚指輪を渡すタイミングはプロポーズに並んで、男性を悩ませるのではないでしょうか。あれこれ考えすぎてしまって結局渡せない、変なタイミングで出してしまい失敗してしまったということもあるかもしれません。そんな時には、先ほど紹介したプロポーズのフレーズとともに、より女性に喜んでもらえるシチュエーションや渡し方をご紹介します。

<ディナーシーン>

テレビドラマや映画のワンシーンにあるような、素敵なレストランで食事を楽しんだ後に、ゆっくりと小さな箱を差し出されるというシチュエーションは「まさに!」というほど女性にもストレートに刺さるでしょう。指輪の箱特有の小ささやデザインに「お!」という驚きとともに、開ける楽しさや興奮が生まれます。男性としても、気持ちを落ち着けて差し出すことができるでしょう。相手と対面に向かい合い、自分の持ち物は見えない状態なので先に気づかれてしまうこともないでしょう。ロマンチックな雰囲気を好む女性や、お姫様願望がある女性には大変喜ばれます。

<日常シーン>

サプライズやロマンチックな雰囲気が苦手!という女性も意外と多いです。レストランや大勢の人前で指輪を渡されるのが恥ずかしい、準備や仕込みをしている姿を想像するとなんだか冷めてしまうという方も実はいるのではないでしょうか。そんな彼女にぴったりのシーンは何気ない日常の中でさらっと渡すのはどうでしょうか。あれがないこれがないと何気ない話をしている時に、「そういえばソコにあったものとって」と何気なくお願いをし、開けてみたら指輪が!というシチュエーションです。恥ずかしいのが苦手という方や現実的な彼女でも、心置きなく喜んだりできるのできっと思い出に残るでしょう。

<サプライズ>

男性からすると意外とこの作業は楽しいのではないでしょうか。彼女の喜ぶ顔を想像しながら、あれこれ考えたり、準備をしたりと相手に内緒で驚かせる演出が好きな人には最適です。例えば、彼女と食事に行った際に、最後に頼んだデザートの中から、指輪が!というサプライズや、寝ている彼女の指にそっと指輪をはめて朝寝ぼけながらも「何これ!」と喜ばれるといったサプライズは女性にとっても忘れられない瞬間となるでしょう。常日頃サプライズが好きな女性やお互いの誕生日には相手に喜ばれるための準備をするのが好きなカップルには最適です。 ただ、一生に一度のサプライズのため、失敗しないように入念な準備と計画が必要です。デザートに隠しておいたら、誤って食べてしまった!なんてことは、後々笑い話になりますが、十分気をつけましょう。

女性にとっては、好きな相手が自分のために何か考え、計画し、そして準備をしてくれること自体が嬉しいものです。付き合いも長くなるとなんとなくお互いのタイミングがわかってしまったり、マンネリ化したりしますが、プロポーズの演出は改めて家族になる関係を構築する一歩です。相手の期待を良い意味で裏切るようなシチュエーションを作り出せる人こそ、良い家庭や家族が築けるのではないでしょうか。

合わせて知っておきたい、女性からのプロポーズ集

指輪の渡し方やタイミングは?

プロポーズは決して男性だけのものではありません。
草食男子や可愛い系の男性が増えてきた近年では、「逆プロポーズ」という形で女性から結婚の申し出をすることも増えてきました。それに対して、男性側も結婚を迫られているという切迫感や嫌悪感は持たない現代になってきています。
ただ、男性と同じような言葉やストレートな結婚の申し出では可愛げがありません。男性の気持ちを包み込んであげるようないい回しや、相手の顔は立てつつも、女性ならではの言葉のチョイスとフレーズで男性の「イエス」をもらってみませんか?

<お願い型>

「私をお嫁さんにしてください」

男性と同じく、お願い=申し出をするタイプです。ただ、言葉のチョイスが男性とは異なり、少し甘えた雰囲気を演出してくれる「お嫁さん」という言葉がポイントです。男性としても、守るべき存在ができることは責任感を感じ、男性としての決意を固めるタイミングです。お嫁さんという守ってあげたい対象を想像させることで、女性から迫っている感覚を感じることはありません。素直に可愛いなと思える一言なのではないでしょうか。

<安心型>

「贅沢はしなくてもいいから、あなたさえいればいい」

先ほどと同じく、男性にとって結婚とは「守るべき存在ができること」です。そのため、決意や自分への責任を感じる人も多く、特に生活面では結婚し子どもができた時に支えなければいけないという重圧が少なからずあるのではないでしょうか。そんな人知れず不安に感じている気持ちを包み込んで安心させてくれるのがこの言葉です。贅沢や華やかなことは望まずに、ありのままでいてくれればいいというストレートな気持ちと、男性の重圧を一緒に背負ってふたりで生きていこうという意味合いに肩の荷がおりて、やっぱりこの子がいいと思う人も多いはずです。

<逆転ストレート型>

「私が幸せにしてあげる!」

女性と同じく男性が言われても嬉しい言葉がこの言葉ではないのでしょうか。女性だけでなく男性にも、心のどこかで「幸せにしてほしい」という願望があります。そんな口に出せない気持ちを包み込んでくれるストレートな言葉はついつい笑顔がこぼれてしまいます。女性の経済力や自立心も感じられ、「この子となら良い家庭が築ける」「明るい家庭が作れる」と期待をもたせてくれる言葉なのです。比較的男性は、女性のアプローチに気づかない人も多いため、ストレートな言葉は効果的かもしれません。

最後に

プロポーズなんて重要なの?そんな風に思っている男性や女性は最近多いかもしれませんが、やはり言われたら皆嬉しい言葉です。形や言葉はどうであれ、好きということを意思表示してくれる相手の気持ちは感動や嬉しさを掻き立てます。一生に一度の機会なので、思い切って気持ちをあなたの言葉で伝えてみてはいかがでしょうか?

勇気を出して、プロポーズ!彼女を虜にするプロポーズプランを探す

アンケート結果から徹底分析!女子の”ホント”のホンネを知ろう!!

迷える男子必見!!女子のホンネを知らずして、プロポーズに成功なし。

ぐるなびウエディングがプロポーズに関するアンケートを独自に調査!
プロポーズ経験者と、素敵なプロポーズを夢見る未婚女子へのアンケートからわかる、プロポーズを成功させる鍵とは!?

プロポーズプランをエリアから探す