結婚式場検索・結婚式準備情報サイト

全国版

エリア変更

会費制結婚式のメリットから費用まで徹底解剖!

カジュアル志向のカップルに話題の「会費制結婚式」。ゲストから会費をもらい催す結婚パーティーで、従来の結婚式に比べアットホームな雰囲気が魅力。費用は控えめに、でもゲストへの気配りと細部へのこだわりは妥協せずに…。そんな素敵なウエディングを叶えてみませんか?

ゲストの費用負担を重視したいカップルへ 会費制 結婚式
このエントリーをはてなブックマークに追加

「会費制結婚式」って?

従来よりもカジュアルで個性的な結婚式を実現
ゲストから会費をいただいて開く結婚パーティーのことを「会費制結婚式」または「会費制披露宴」といいます。一般的な結婚式ほどかしこまらず、ニ次会ほどカジュアル過ぎないスタイルであることから「1.5次会」等と呼ばれることも。では、これらは従来の結婚式とどう違うのでしょう?
会費制結婚式の最大の特徴は、ゲストの方々からご祝儀の代わりに一律の参加費(会費)をいただく点です。一般的にご祝儀より金額的な負担が少ないためゲストはより気軽に出席でき、主催側はアットホームな雰囲気でゲストをお迎えすることができます。ゲストとの距離感が近く、自分たちのアイデアを自由に盛り込むことも可能な会費制結婚式。個性派のおふたりにも、ぜひおすすめしたいカタチです。

会費制結婚式の魅力とは?

ゲスト&主催側にうれしい4大メリット

  • ゲストの負担を軽くできる

    一般的な披露宴の場合、ご祝儀の相場は3万円。一方、会費制結婚式における会費の相場は1~1.5万円とゲストの費用負担が半分以下です。全員が同じ額なので、ご祝儀のようにいくら包むかでゲストを悩ませる心配もありません。

    会費制結婚式ならゲストの費用負担を軽くできる
  • 新郎新婦の自己負担が少ない

    集まった会費でパーティー費用の大半をまかなえるため、新郎新婦の出費を抑えられます。またご祝儀返しが不要になり、引き出物や引菓子などの準備に労力を費やすことがありません。時間と費用の大幅な節約になります。

    会費制結婚式なら新郎新婦の自己負担が少ない
  • たくさんの人を招待できる

    招待客のリストアップは披露宴最大の悩みどころ。誰をゲストに招き、誰を削るか考えるのは至難の技です。その点、会費制は招待客が多いほど会費が集まるので、会場の規模を大きくして大勢の人を招くことができます。

    会費制結婚式ならたくさんの人を招待できる
  • 自由なアイデアを盛り込める

    従来の結婚式のような格式ばったスタイルではなく、新郎新婦のアイデアを盛り込んだパーティーを企画することができます。新郎新婦によるパフォーマンス、オリジナルの宴中人前挙式など、印象的な演出を考えてみては?

    会費制結婚式なら自由なアイデアを盛り込める

「ご祝儀制」と「会費制」結婚式の違いとは?

ゲストからご祝儀をいただくお返しとして、豪華な食事や引き出物などでおもてなしするのが従来の披露宴です。ゲストから会費を集めて開く「会費制」が注目されるに従い、従来のスタイルは「ご祝儀制」と呼ばれるようになってきました。

ご祝儀制の結婚式は格調高いホテルや専門式場、ゲストハウスなどで行われることが多く、高級感溢れる雰囲気・設備・サービスが魅力です。ゲストに年配の方や目上の方が多い場合は、ご祝儀制が喜ばれるかもしれません。しかし企画段階で最終的な持ち出し額を正確に見積もるのが難しく、ゲストに満足していただこうと頑張れば予算をオーバーしたり、予想外にご祝儀が少なくて複雑な思いを抱く…といったことも。

一方、会費制の結婚式はレストランなどでよく見られ、親しい友人を中心に招いたカジュアルなパーティーであることが多いようです。個性的な会場から高級な会場までバリエーションが豊富なため、自分達のスタイルにあった会場を探しやすく、また、通常は一般の方向けにレストランの営業をしているため、料理の美味しさが魅力です。会費制はゲストからいただく金額がはっきりしているため予算を立てやすく、とても合理的なシステムといえます。

こんなカップルに会費制結婚式がオススメ!

国内や海外のリゾートで挙式するカップルに会費制結婚式がオススメです

国内や海外の
リゾートで挙式する
カップル

近年人気のリゾート挙式の場合、現地では挙式と簡単な食事会のみを行う場合がほとんど。地元でのお披露目パーティーを別途企画する際に、二次会以上・披露宴未満的な感覚で会費制結婚式を選ぶカップルが多いようです。

伝統的な披露宴に抵抗があるカップルに会費制結婚式がオススメです

伝統的な披露宴に
抵抗があるカップル

高級感漂う会場でのフォーマルな披露宴に憧れる人も多いですが、中には「もっとゲストと交流したい」「リラックスした雰囲気で楽しみたい」と考えるカップルも。会費制結婚式の和やかなパーティームードが喜ばれています。

親族・友人との結婚式を分けたいカップルに会費制結婚式がオススメです

親族・友人との
結婚式を分けたい
カップル

神社や教会で親族中心の少人数挙式を行なう人も友人や上司への結婚報告パーティーは別日で会費制を選ぶのが便利。ゲストをたくさん招待でき、堅苦しくない会にできるため、気軽に参加しやすいとゲストにも喜ばれています。

費用を抑えて挙式・披露宴をしたいカップルに会費制結婚式がオススメです

費用を抑えて
挙式・披露宴をしたい
カップル

一般的な挙式・披露宴の費用平均額は300~350万円。ご祝儀を差し引いても新郎新婦の持ち出し額が大きくなることは多々あります。会費制なら出費を抑えられるうえ、挙式も可能な会場なら挙式~披露宴までトータルでお得に。

会費制結婚式のよくあるギモン

どれくらいの会費金額で何ができるか

会費制結婚式の相場ってどれくらい?

スタイルによって異なるが、一般的に1万円~2万円の範囲で会費を設定する場合が多い。

一概に会費制と言っても、会費をいくらに設定するかでゲストへのおもてなしの内容が変わってきます。一般的な相場は1万円~2万円で、固定のプランが会場で設定されている場合もありますが、基本的には新郎新婦が自由に設定することができます。
この1万円~2万円で金額の差がつくのが料理の提供スタイルです。このスタイルで何を選択するかが鍵を握ります。料理の提供スタイルとしては、「立食ビュッフェ」「着席ビュッフェ」「着席コース」の3つがあります。

「立食ビュッフェ」の場合、1.5万円以下の金額設定が一般的で、あらかじめ卓上に並べられた料理をゲストが直接取りに行き、立った状態で食事と会話を楽しむスタイルです。

立食結婚式と着席結婚式の費用の比較
  • 立食
  • 着席

「着席ビュッフェ」の場合は、同じように直接料理を取りに行きますが、席が用意されているスタイルになります。金額設定は「立食ビュッフェ」と変わりがないようです。1万円以下で納めたい場合、ごく親しい友人のみを招いての気軽なパーティーであれば実施も可能です。

「着席コース」の場合、ゲスト全員の席が用意されており、会場のスタッフが直接席に料理を運んできてくれます。目の前に運ばれてくるため、タイミングを逃さずに温かい料理がすぐに食べられるというメリットがあります。金額設定は1.4万円~2万円と一番高額ですが、非日常の高級感でゲストへおもてなしするという意味では一番喜ばれるスタイルです。

会費金額を決めるときのポイント

どうやって会費金額を決めたらいいの?

会費の7~8割相当がゲストへのおもてなしにかかる費用と考えるとわかりやすい。

まずはふたりで、どんなパーティーにしたいかイメージしてみましょう。なるべくフォーマルな雰囲気にしたいのかカジュアルがいいのか、ゲストは友人メインなのか年配の方も多いのか…等々。例えば、親族や上司など年配の方も招待する場合は着席スタイルを選ぶ方が親切ですし、ゲストに配慮したプランを考えると必然的に内容もイメージできるようになります。それで少しは会場の絞り込みも進むはず。それぞれの会場に「お1人様1万円プラン」などの固定プランが用意されていることも多いので、内容を見て参考にすると便利です。

会費金額を自分たちで自由に設定できる場合は、いただく会費の7~8割相当を「おもてなし」としてお返しするのがマナーであることを念頭に入れて考えます。たとえば会費1万円であれば7,000~8,000円は飲食代に。残りの3,000円はその他の費用に充てられますが、会場の装花、ドレス等の衣裳代、撮影費など、内容によっては自己負担も大きくなるでしょう。自分たちが負担できる額や、ゲストとの関係性などのバランスを見て決めることが大切です。

  • 5,00010,000未満

    会費5,000円〜10,000円の会費制結婚式

    会費制結婚式で一番カジュアルなスタイルが、1万円以下の立食ビュッフェパーティー。ゲストとの距離感が近く、1人1人と直接会話できるのが嬉しいポイントです。ただし、ゲストに年配の方や小さなお子様がいる場合は快適に過ごせるよう配慮を。

  • 10,00015,000未満

    会費10,000円〜15,000円の会費制結婚式

    カジュアルさと落ち着き感の両方がバランスよく共存するのが1万円以上の着席パーティースタイル。ビュッフェを選ぶカップルも多いですが、1.3万円以上であればフルコース料理でのおもてなしも可能。工夫しだいで手土産にこだわることもできそうです。

  • 15,00020,000未満

    会費15,000円〜20,000円の会費制結婚式

    披露宴なみのゴージャスなおもてなしをゲストに提供できるのがこの価格帯。料理が一流フルコースなのはもちろん、専属プランナーがあらゆるニーズに応えてくれるところも。設備が充実しており、併設チャペルや人前での挙式が可能な会場も揃っています。

会費制結婚式でよく選ばれるスタイルと会場

会費制結婚式におすすめのスタイル

1.5次会

会費制結婚式におすすめのスタイルは1.5次会

従来のご祝儀制結婚式ほど格式ばらず、かといって2次会ほどにカジュアルになり過ぎず…といった要望から生まれたスタイルが「1.5次会」。「ご祝儀制」と「会費制」が選べ、会費の価格帯としては1.5万円前後が主流で、エレガントな雰囲気の会場でアットホームなパーティーを楽しめるのが魅力です。パーティーの予算を会費でまかなえる分、席札や引菓子などのアイテムにこだわって自分たちらしさを演出することもできます。

会費制結婚式におすすめの会場

レストラン
(レストランウェディング)

会費制結婚式におすすめの会場はレストラン

結婚式やウエディングパーティーなどのプロデュースが可能なレストランで行うのがレストランウエディングです。レストランが本業なだけに料理が自慢で、味はもちろんのこと見目も美しく、華やかな席にふさわしい料理でゲストをおもてなししてくれるのが特徴。会場によってはチャペルなどの式場を併設している場合もあるので、挙式と披露パーティーの両方を会費制で行うことも可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加