1. [結婚式・ブライダル] ぐるなびウエディング
  2. 結婚式場
  3. 家族・親族のみの少人数結婚式
  4. 家族や身内だけの結婚式の費用相場と成功のコツ

家族や身内だけの結婚式の費用相場と成功のコツ

「仰々しい雰囲気が苦手」「お金を節約したい」などの理由から、家族や身内だけの結婚式を望む人が増えています。実際にかかる費用や知っておくべきポイントをまとめました。

身内だけの結婚式にはどれくらい費用がかかる?

身内だけの結婚式にはどれくらい費用がかかる?

家族や親族、親しい友人のみを招くウェディング。“晴れの舞台”である結婚式ですから、ゲストの数が少ないとは言え、フォーマルな会場セッティングやお料理で心からのおもてなしをするのは一般の結婚式と同じこと。幸い、多くのホテルやゲストハウス、レストランなどで、少人数ウェディング専用のプランが用意されているので、それらのプランを上手に利用してお得な費用で結婚式を挙げるのがおすすめです。

費用の相場はゲストが20~30名の場合で50~120万円ほどと言われています。結婚式費用としてはそこまで高額でないために、新郎・新婦が全額を負担するケースも多いですが、両親から援助があったり親族からご祝儀をはずんでもらったりすると、それだけである程度の金額がまかなえる場合もあります。
ゲストの人数、会場の設備やプラン費用に含まれる内容によって、かかる費用は大きく異なるようです。たとえば、会場がホテルだと料理やテーブルセッティング、控え室、音響などの基本的な内容のみという場合が多いのですが、レストランウェディングではケーキやドレス、引出物などのアイテムがつくほか、プロの司会者による式進行やプロのカメラマンによる撮影などのサービスが加わっても同等の価格となっています。時期によってはドレスのサービスやホテルの宿泊特典なども付いてくることがあるので、プランの価格だけではなく、内容をしっかり見極めて選ぶようにしましょう。

また、親族のみがゲストのときには国内外でリゾートウェディングを挙げるカップルも少なくありません。リゾートウェディングには高額なイメージがありますが、実は挙式自体は10~20万円ほどとさほど費用はかかりません。ですが、現地への渡航費や滞在費など、結婚式に付随する費用の負担が大きくなりますので、旅費などを含めた総予算で考えることが大切です。

今月のおすすめ会場特集2018年12月1日更新

ぐるなびウエディングで少人数ウエディングプランを探そう!

格安での少人数ウェディングで気をつけるべきポイント

格安での少人数ウェディングで気をつけるべきポイント

少人数ウェディングを選ぶ理由の1つとして、「結婚式にかかる費用を抑えたい」とするカップルは少なくありません。ゲストの人数が少なければ、一般のウェディングに比べて格安の費用で挙げることは可能ですが、お金を節約することばかりに気をとられると“残念”な結婚式になってしまうことも。少人数での結婚式では次のポイントを押さえましょう。

少人数ウェディングではゲストの人数に合わせて会場の規模は小さくなります。会場が小規模になると、音響やプロジェクターといった演出設備がなかったりすることもあります。こうしたビデオ上映やBGMなどの派手な演出ができないときには、新郎新婦とゲストの距離が近くなるよう席次を決め、会話を楽しめるように配慮するといいですね。ちなみに、10名程度の家族だけのウェディングの場合は、こういった演出は省いてしまい、会話を楽しまれる方が多いようです。
また、よく知る顔ぶればかりだからこそダラダラとした式進行になるなど、ただの食事会のようなムードに包まれてしまうこともあるそう。心配なときはプロの司会者を手配するのがおすすめ。きちんとした司会進行があれば、それだけで場の空気が締まります。

ぐるなびウエディングで少人数ウエディングプランを探そう!

予算100万円で最高のウェディングにするコツは?

予算100万円で最高のウェディングにするコツは?

ご祝儀制ではゲストが用意するご祝儀は3万円が相場と言われています。一方の会費制では1~1.5万円の会費となることがほとんどです。
ご祝儀制より低予算とは言え、2次会よりもうんとグレードが高いお料理を選ぶことができますし、提供スタイルも立食ビュッフェからフルコースまで予算に応じてお好みで選べます。また、予算によっては映像や音響による演出やゲストにプチギフトなど、アイディアを生かしたウェディングが可能です。

1.料理のレベルをワンランクアップ!
家族や身内だけの少人数ウェディングを最高に素敵なものにするには、いくつかのコツがあります。今回は、具体的に結婚式の予算を100万円として考えてみましょう。

100万円の予算があれば、数多くの会場が提供する専用プランを利用できます。ゲストの人数は20~50名程までと会場によって様々ですが、まず料理の内容やレベルをしっかり吟味するのがおすすめ。というのも、一般の結婚式と違って派手な演出や大がかりな余興がない少人数ウェディングでは、片手間ではなくしっかり料理を味わえる結婚式になるため、料理へのウェイトが大きくなりがち。料理をしっかり味わえる時間が長いため、よりハイグレードな料理を提供することでゲストの満足度アップにつながります。また、少人数ウェディングなら料理内容に変化を持たせることができる場合も多いようですので、年齢やアレルギーの有無などを事前に調査しておくのもいいですね。
まずは70~80万円前後のプランを探して、料理の内容をアップグレードしたいときには予算がどこまであがるか、会場に相談してみましょう。

2.ゲストとの距離の近さを大切に!
少人数の結婚式では新郎新婦とゲストとの距離の近さが何よりの魅力となります。互いの顔がしっかり見える距離感を大切に、心温まる思い出深いウェディングにしたいですよね。

少人数ならではの距離感を引き立てるアイデアとしては、引出物やプチギフトは一人ひとりの好みに合わせたものを用意したり、テーブルに手書きのカードを置いたり、また、式中にはゲストに感謝の気持ちを直接伝えたりなど、新郎新婦の心遣いがカタチとなって現れる演出があります。手間ヒマを惜しまず、事前の準備や打ち合わせをしっかり行うようにしましょう。
また、先にも書いたとおり、会場が小規模になると音響や映像といった設備が整っていない、もしくはプランに含まれていない会場も多くなるので、プロジェクターなどの映像設備が整った会場を選んでビデオや写真を流す演出を取り入れるのもおすすめです。ゲストのほとんどが家族や親戚のウェディングでは、両親とともに映った幼い頃からの成長がわかる映像を流すと「懐かしい!」と喜ばれることが多いようです。映像を流しながら、新郎新婦がそれぞれの言葉でコメントを加えるのも素敵な演出になるはず。

家族や身内など自分のことをよく知る顔ぶれに囲まれる結婚式は、ゲスト一人ひとりとの距離の近さが最大の魅力です。
予算を抑えながらも、ゲストに心からの気持ちがこもったおもてなしができる結婚式にできるといいですね。

全国のエリアから探す

家族・親族のみの少人数結婚式ができる会場をエリアから探そう!都道府県や注目のエリアから検索できます。

関東甲信

関西

東海

九州

北海道

東北

北陸

中国

沖縄

少人数結婚式を検討している人におすすめ