1. [結婚式・ブライダル] ぐるなびウエディング
  2. 結婚式場
  3. 家族・親族のみの少人数結婚式
  4. 少人数結婚式ならではの演出とは?アイデア~準備~当日の演出

少人数結婚式ならではの演出とは?アイデア~準備~当日の演出

身内や親しい友人に祝福してほしい!そんな気持ちを形にした少人数結婚式のニーズが最近増えています。アットホームな結婚式はふたりだけではなく家族の絆も深めます。よく疑問にあがる、少人数結婚式の演出や余興、おすすめのプログラムなどについてまとめました。

少人数の結婚式とは

少人数の結婚式とは

結婚式には様々なスタイルがあります。ふたりがどのような結婚式をしたいのか、誰に祝ってもらいたいのかで招待するゲストが変わってきます。ふたりだけでおこないたい、親のみを招待したい、親族とアットホームな式にしたい、友人と楽しく盛り上がりたいなど様々な希望があるでしょう。近頃は少人数の結婚式をおこなうカップルも増えています。

少人数の結婚式とは、家族や親族のみ、また特に親しい友人などを招待しておこなう小規模の結婚式のことです。多くても40名くらいの規模の結婚式になり、親や兄妹のみなど10名以下のごく少人数の場合から、親族や特に親しい友人までを招待するパーティースタイルまで様々です。
準備の負担が少なかったり費用が抑えられたりすることや、リラックスしたアットホームな式にできるなどの理由で人気があります。少人数での結婚式のメリットやデメリットをみていきましょう。

少人数でのメリット

準備の負担が少ない
少人数の結婚式は準備の負担が少なくてすみます。規模が小さいため派手な演出などをおこなわないことが多く、そういった打ち合わせやペーパーアイテムの作成なども短時間で進めることができます。逆に数が少ない分、ひとつひとつ時間をかけて丁寧に作ることもできるでしょう。準備に時間がかからないため、最短で1~2週間で式をおこなえる会場もあります。そのため、授かり婚で準備期間が長くとれない場合や急いで結婚式をおこないたい場合にも利用しやすいです。

低予算に抑えられる
低予算でおこなうことができるのも少人数の結婚式の特徴です。人数が少ない分、会場や演出、ペーパーアイテムなどの費用が抑えられます。

ゲストとの時間が充実
ふたりが本当に来てほしいゲストのみを招待するため、アットホームな雰囲気でリラックスした時間を過ごすことができます。人数が少ない分、新郎新婦のふたりがテーブルを回る時間がしっかりとれ、ゲストと会話をしたり写真を撮ったりと濃密な時間を過ごすことができ、ゲストの満足感にもつながります。

少人数ならではの対応
人数が少ない分、小さなお子様からお年を召した親族の方までゲストに寄り添った対応ができます。新郎新婦との距離が近い分、ゲストへの感謝の気持ちも直接伝えられるでしょう。自分たちで司会をおこない、よりアットホームな結婚式にすることもできます。時間にゆとりがあるため、ゲストだけでなく新郎新婦のふたりも料理を楽しみながらリラックスして過ごすことが可能です。

少人数でのデメリット

費用が割高になる場合も
招待人数に関わらず、結婚式をすると基本的にかかる費用があります。衣装や撮影、演出などの費用は何人招待しても変わらないため、招待した人数で割るとひとりあたりの単価が高くなり、割高に感じられるかもしれません。ただ、人数が少なくなると会場も小さい会場でよかったり、必要な装花やペーパーアイテムなどの総数が減ったり、派手な演出も不要になったりするので総額でみると一概に割高ではなかったりします。少人数ならではの料金プランなど内容をよく確認することが大切です。

会場や衣装、演出に制限がでる場合がある
少人数でおこなえる会場が限られていることもあり、会場選びの選択肢が狭まってしまうことがあります。例えば100名入れる会場に30名しか入らないのでは会場も困窮してしまうため、できるだけ大人数にしたいのは当然ですよね。さらに、レストランの小規模の会場の場合、通路スペースが限られているため、裾の広がったウェディングドレスでは通りにくい会場もあります。その場合、ドレスの形やお色直しに制限が出てしまったりすることも。

その他に、会場によっては設備不足でできない演出もありますので、こだわりがある場合は制約がないかしっかりと事前に確認しておくことが必要です。 少人数ならではのアットホームな雰囲気を楽しむことはできますが、演出などが何もないとメリハリがなく盛り上がりに欠けてしまうこともあります。少人数ならではの演出を取り入れてみると良いでしょう。

招待していない方々への配慮
結婚式に招待していない友人や会社関係の方へも結婚の報告をおこなわなくてはなりません。結婚報告のハガキを出したり個別にご挨拶に伺ったりする必要があります。大人数の結婚式のように一度に報告ができないため、個別に対応する負担が感じられるかもしれません。

今月のおすすめ会場特集2018年12月1日更新

ぐるなびウエディングで少人数ウエディングプランを探そう!

少人数ならではの演出・準備編

少人数ならではの演出・準備編

大人数での結婚式でおこなわれるような演出は、少人数の場合には向かないものもあります。
少人数ならではのゲスト参加型の演出は一体感が生まれ盛り上がることでしょう。少人数の披露宴でのおすすめの演出をみていきましょう。

ウェディングツリーをゲスト全員で完成してもらう
結婚式の受付時に芳名帳への記入と合わせて、ウェディングツリーと呼ばれる葉のない枝だけが書いてある台紙を用意しておき、ゲストたちにサインや指印をお願いし、葉代わりに空いたスペースを埋めてもらって、葉が茂ったように見える一本の木の絵を完成させるという演出です。ゲスト全員に参加してもらえ、結婚式後に持ち帰ることができるため、思い出として残せます。

ゲストごとに招待状を作成する
ゲストすべてが同じ招待状なのではなく、ゲストに合わせた招待状を作るのもおすすめです。数が少ない分、ひとつひとつに時間をかけることができます。手書きのメッセージをいれたりデザインを変えたり、オリジナルの招待状はゲストに喜ばれることでしょう。 また、席次表もゲストとの関係性がよくわかるようなコメントをつけるなど、人柄が分かるような形にすると、初めて顔合わせするゲスト同士も親しみやすくなります。

ゲストにメッセージカードを準備する
ゲストひとりひとりにメッセージカードを準備します。お渡しする演出としては、ウェルカムドリンクに添える、席札と一緒に添えるなどがあります。式や披露宴が始まる前にお待たせしない演出としてもよいでしょう。

少しサプライズな演出としてはお料理のお皿の下にメッセージカードを忍ばせておくというのがあります。お食事が終わり、お皿を下げた時にメッセージカードが出てくるので、最後に驚く仕掛けです。また、ムービーなどのエンドロールでゲストひとりひとりへのメッセージを流す方法もあります。メッセージはゲストへの感謝の気持ちを伝えるのにおすすめの演出です。

映像を作成する
生い立ちや思い出などをムービーにして流すのは盛り上がる演出のひとつです。家族や親族を中心とした披露宴では、招待しているゲストである家族や親族を中心とした映像を使うと良いです。若かりし日の両親や祖父母、親戚などが出てくると思い出話にも花が咲き、より一層盛り上がります。

あえて円卓テーブルを使用しない
披露宴といえば円卓テーブルをゲストが囲んでいますが、場所によっては新郎新婦がとても見えづらかったりすることがあります。円卓を使用しないで、向き合うような配席、新郎新婦も一緒に席に着くような演出もできます。会場によっては円卓しか準備できない場合もありますが、新郎新婦が見えやすいような席の配置を心がけましょう。

ペットと一緒に結婚式をおこなう
会場自体は限られてしまいますが、おふたりの大切な家族でもあるペットとともに思い出の結婚式をすることもできます。動物好きのゲストにはうれしい演出です。ただし、動物アレルギーをお持ちの方や小さなお子様がいる場合は配慮が必要となるので事前の確認が重要になります。

ぐるなびウエディングで少人数ウエディングプランを探そう!

少人数ならではの演出・当日編

少人数ならではの演出・当日編

少人数結婚式のプログラムを考える時にやってしまいがちなのが、「つまらない式と思われたくないあまり、いろいろと盛り込みすぎて終始慌ただしさが消えなかった」という失敗です。せっかくの少人数での式なのに、自分たちよりもゲストも落ち着いて楽しむことができなかった…という後悔を残してしまうのは残念ですよね。

そうならないために提案したいのが「無理のないおもてなし」です。定番のプログラムをあれこれ詰め込むのではなく、自分たちらしい演出をほんのいくつか。それだけでも物足りない式になりません。「少人数結婚式でやってみたら、ゲストに好評だった!」という声の多い演出を一部ご紹介します。

新郎新婦の他己紹介
披露宴の最初に行われる新郎新婦の紹介をお互いが紹介しあう他己紹介でおこなう演出です。紹介しあうことで、親も知らないふたりの新たな一面や親密度が見られることでより親近感が湧きそうです。

ダズンローズ
「ダズンローズ」は12本(1ダース)のバラという意味です。ブーケ、ブートニアのはじまりといわれ、最近では人前式や披露宴などで取り入れられていることも多い演出のひとつです。

12本のバラを贈り、プロポーズをおこなう演出です。この12本のバラにはひとつひとつに異なる意味があり、「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」という想いが込められています。すべてをあなたに誓いますという意味を込めて12本の花束を贈ります。

プロポーズをされた女性はOKの返事の場合、花束から1本抜き取り、男性の胸元に挿します。 12本のバラを会場のゲストに1本ずつ託し、新郎が集めて花束にし、新婦にプロポーズしながら渡すというロマンチックな演出に会場も盛り上がることでしょう。

ケーキサーブ
ウィディングケーキをカットした後、新郎新婦がゲストひとりひとりにケーキを振る舞う演出です。この演出はゲストと直接接する機会をつくることができます。また、ゲストにとっても新郎新婦から直接振る舞われたケーキは記憶に残ることでしょう。

親族に余興をお願いする
歌が得意な方や楽器の演奏が得意な方など親戚の中で得意とするものがある人がいれば余興としてお願いをしてみます。よりアットホームな雰囲気になるでしょう。

ウェディングケーキのデコレーション
デコレーションされていないウェディングケーキを用意しておき、フルーツやチョコペンなどを使ってゲストにデコレーションをしてもらう演出です。新郎新婦が披露宴会場に入場する前や中座している時にゲストのみにおこなってもらうか、新郎新婦と一緒にデコレーションをします。世界に1つだけのウェディングケーキは、どんな仕上がりになっても一生忘れることのできない思い出になりそうです。

新郎新婦が司会をする
あえて司会者を立てずに、自分たちで披露宴を進行していく演出です。少人数の場合演出の数が少なく、歓談の時間を長くとるようなスタイルとなる場合が多いため、大きく仕切らなくても進行していくことができます。また新郎新婦がおこなうことでよりアットホームな披露宴となります。

新郎新婦がテーブルを回って一緒に食事をする
大人数の場合は高砂に座り、料理もなかなか手を付けられないことが多いですが、少人数だからこそ一緒のテーブルで食事をしながら歓談の時間をゆっくりとることができます。

ひとテーブルで一皿を食べるなどしながら、すべてのテーブルをまわります。思い出話に花を咲かせながら、ふたりの感謝の気持ちを伝える素敵な時間を過ごすことができそうです。また、新郎新婦がゲストと言葉を交わすことで、親族同士も親睦を深めるいい機会になります。お食事を中心とする場合は、レストランやホテルなどがおすすめです。

引き出物の手渡し
大人数では難しいけれど、少人数の場合ではひとりひとりに直接引き出物を手渡しすることができます。さらには、ゲストに合わせた引出物を個別に用意すると喜ばれることでしょう。

少人数の結婚式でのポイント

少人数の結婚式でのポイント

近年では少人数の結婚式も多くなってきていますが、親世代にはまだまだ理解されない場合もあります。よく話し合ってふたりの結婚式を作り上げていきましょう。

また、会場選びはとても重要です。広すぎると新郎新婦との距離ができてしまい少人数なのに寂しい印象になってしまいます。少人数ならではの近い距離を生かすには、人数に対してちょうど良いサイズの会場選びが重要になりますので、実際に足を運んで結婚式場の下見をした方がよいでしょう。写真で見るイメージと実際に自分の目で見るイメージとでは乖離がある場合があります。

その他にも、小さな会場の場合、ゲストへの設備不足などが見受けられることがあります。控室やクロークがなかったり、トイレが少なかったり、駅や宿泊先から遠い場合などがあげられます。親しい間柄のゲストだからこそ、細かな部分まで気持ちよく過ごせる会場を選ぶことをおすすめします。

ただ、会場面で行き届かない点があったとしても、演出次第で十分カバーすることができます。ゲスト参加型の演出や新郎新婦のことをより知ることができるような演出であれば、ゲストの心の満足度はとても高いものとなるでしょう。 しっかりポイントを押さえて、より良い結婚式を迎えることができるようにしましょう。

ぐるなびウエディングで少人数ウエディングプランを探そう!

まとめ

まとめ

少人数の結婚式では、ゲストに寄り添った演出など心温まる演出が多いのが特徴です。規模が小さい分、ひとりひとりに心のこもった細やかなおもてなしができるのです。家族の絆がより深まり、新しい家族ともよい関係を築くことができる機会になるでしょう。

そして、なにより親にゆっくりと参加してもらうことができます。大人数の結婚式では新郎新婦が動けない分、余興や受付などを手伝ってくれた友人たちへのフォローや歓談が始まれば、お酌をしながら挨拶回りと動かなくてはならず、慌ただしく過ぎてしまうことも少なくありません。少人数のアットホームな結婚式だからこそ感謝の気持ちをしっかりと伝えられる結婚式になるでしょう。

少人数の結婚式ならではのメリット、デメリットはありますが、どのような結婚式にしたいのか、誰を招待したいのか、ふたりの気持ち次第でどのような結婚式にでもなります。披露宴をおこなわない場合や少人数ならではの結婚式のスタイルは他にも様々で、「海外ウェディング」、「国内リゾートウェディング」、「フォトウェディング」、「お食事会ウェディング」、「挙式のみのウェディング」などもあります。一生に一度の結婚式をふたりの思い入れの詰まったものにしてください。

全国のエリアから探す

家族・親族のみの少人数結婚式ができる会場をエリアから探そう!都道府県や注目のエリアから検索できます。

関東甲信

関西

東海

九州

北海道

東北

北陸

中国

沖縄

少人数結婚式を検討している人におすすめ