レストランウェディングの基本Q&A

レストランウェディングは、会場の装飾も自由にでき、オリジナルな発想が広く反映できるのがうれしいポイント。とはいえ、全部自分たちでやらなければいけないわけではありません。要望に合わせたドレスショップの紹介にも対応しておりますし、演出やペーパーアイテムなどの相談にも乗ることが出来ます。

もちろん、花屋やフラワーアレンジメントのプロの手配も行っており、枝を組み上げて新郎新婦が座るハート形のベンチを作ってもらうといった、オリジナリティ溢れる演出も可能です。

レストランウェディングに欠かせないのは「料理」ですが、料理の知識はシェフの方が新郎新婦よりも豊富ですし、ゲストをおもてなしするホスピタリティはレストランスタッフにおまかせ。ゲストが会場に到着した時から、控室や席への案内など心地良いサービスをしてくれます。
このように、すべて自分たちでやらなければいけないわけではありません。会場のスタッフに頼れるところは頼りましょう。

挙式はレストランでは難しい?

挙式はレストランでは難しい?

会場によって異なりますが、多くのレストランでは挙式が可能です。レストランの近くに教会、チャペルや神社がある場合は、それらと提携して紹介してくれるケースもあります。なかには、まるで外国のリゾート地にあるチャペルのようなレストランも存在しますし、専用チャペルを構えていて、美しいヴァージンロードがあり、ライスシャワーなどの演出ができる屋外スペースを用意しているレストランもあります。設備が整っているだけでなく、段取りをプランナーやスタッフが整えてくれるレストランもあるほど。
多くの要望に応えようとしてくれる会場がほとんどですから、挙式をおこなうことについてはほぼ心配ないでしょう。

ぐるなびウエディングでレストランウェディングプランを探そう!

衣装や小物は? 持込料は?

衣装や小物は? 持込料は?

大抵の会場で、複数のドレスショップの紹介をうけることが可能。最近では持込料がかからない会場も増えてきており、負担を最小限に抑えることが出来ます。

また、ドレスやメイクはやはり会場のイメージと合わせた方がいいので、プランナーと相談した上で決めることをオススメします。会場の雰囲気、会場を演出する時のテーマ、そして希望のドレス。この三つの融合をうまく考える必要があります。やはり気に入ったドレスで希望に添った挙式と披露宴をおこないたいものです。

ウエディングドレスだけではなく、和装のカップルもいますよね。近年では国際結婚も増えていますので、それぞれの民族衣装を身につけておこなう挙式もあります。隣国の中国や韓国だけではなく、東南アジアと日本のカップルのほか、外国人同士の結婚式も増えてきています。ホテルウエディングが少ないヨーロッパのカップルが日本国内で結婚式を挙げる場合は、レストランウェディングを選択されるカップルが多いようです。
そのため、祖国のスタンダードにできるだけそえるようにプランナーや各担当がおふたりの要望とおりに実現させていきます。

ウエディングケーキはどうしたら良い?

ウエディングケーキはどうしたら良い?

ウエディング専門の式場ではないため、ウエディングケーキはどうするのかと不安に感じる方もいるかもしれません。しかし、レストランウェディングだからこそ、自由度の高いケーキを用意してもらえることが多いのです。たとえば、学生時代の同級生同士の挙式の場合、卒業した学校をモチーフにしたオリジナルのケーキを作ってもらえることもありますし、レストランによっては専属のパティシエがオリジナルケーキを作ってくれるプランもあります。

ゲストの好みに合わせ、ケーキではなくシュークリームタワーを提供するレストランを利用すれば、新郎新婦だけでなくゲストも楽しめる挙式になること間違いなし。
ウエディングケーキの種類は会場によってさまざまですので、まずは担当者やプランナーに相談しましょう。

ケーキに限らず、やりたいことはまずは相談してみましょう。自由を重視しているのがレストランウェディングなので、理想に限りなく近いウエディングが叶うはずです。

レストランウェディングについてもっと知ろう!

人気のスタイル

BROWSING HISTORY

最近見た会場

FAVORITE

クリップした会場

 
  • 登録しないともったいない! ぐるなびウエディング会員のおトクなサービスをご紹介!