1. [結婚式・ブライダル] ぐるなびウエディング
  2. 結婚式場
  3. 1.5次会・ウェディングパーティ
  4. 知れば安心!「海外ウェディング・海外挙式」の方法と魅力を徹底解説!

知れば安心!「海外ウェディング・海外挙式」の方法と魅力を徹底解説!

夢が膨らむ結婚式の中でも、憧れるけれど手が届かないと思われてしまうのが「海外ウェディング」なのではないでしょうか。しかし、海外ウェディングをやるに当たって、具体的にどのような準備が必要なのかを知らない方も少なくはないはずです。帰国後のパーティーに至るまで、海外ウェディングについてご紹介します。

人気の理由を知りたい「海外ウェディング」の魅力とは?

人気の理由を知りたい「海外ウェディング」の魅力とは?

結婚式の中でも特に憧れる方が多い海外ウェディング。実際に海外ウェディングをおこなわれた方々の評判を踏まえて、その魅力をまとめました。

何と言っても壮大なロケーション

日本では感じることのできないような壮大な自然や、何百年も続く歴史ある教会の趣。例えば青い空と青い海、美しい砂浜というロケーションは海外ウェディングならではのものです。一生に一度の結婚式を、そんな憧れの絶景に囲まれておこなえたらその日の写真だけをとっても素晴らしい宝物になることは間違いありません。

ハネムーンを兼ねられるので一石二鳥

海外で挙式をおこなうと考えると、国内でおこなうよりも日数がかかりそうなイメージがありませんか?しかし、海外ウェディングをおこなう場合、ハネムーンと兼ねることができるので日数的にはむしろコンパクトになるのです。挙式とハネムーンの手配を両方まとめておこなえるため、費用もリーズナブルにまとめやすくなります。忙しい方にはぜひオススメしたいウェディングです。

ゲストが少なく、濃密な時間を過ごせる

国内で結婚式やパーティーに参加しても、新郎新婦とゆっくり話すことはなかなかできません。しかし、海外ウェディングならゲスト数は国内での開催に比べて少なくするもの。そのためゲストの方々とゆっくり話したり写真を撮ったりすることが可能になります。また、挙式日の前後で、ゲストの方々と一緒にご飯を食べたり観光に行ったりする方も。大事なゲストの方々と濃密な思い出を作ることができます。

「家族旅行」をプレゼント

海外ウェディングはご家族だけでおこなう方も多いですが、そういった方々の中には「親に海外旅行をプレゼントしたい」というお気持ちから海外ウェディングを選ばれる方も。結婚式はご家族にとっても特別な日です。ご家族の皆様にとっても、海外ウェディングは大事な思い出の1日として心に残るのではないでしょうか。

今月のおすすめ会場特集2017年10月1日更新

ぐるなびウエディングで1.5次会プランを探そう!

海外ウェディングを決めるときのポイント

海外ウェディングを決めるときのポイント

海外ウェディングの人気スポットとして、ハワイ、グアム、バリ、タヒチやモルディブ、オーストラリアなどが挙げられます。どちらも海外ならでは「青い海・青い空」という壮大なロケーションを楽しめるエリアです。

しかし、海外ウェディングの場合事前の打ち合わせや下見をしづらいため、まずは式を挙げられるふたりでどのようなウェディングにしたいのか、しっかりイメージして準備を始めることが大事なポイントになります。

ふたりでおこなうの?家族や友人は?

まず決めたいことが、ふたりだけの挙式にするのか、ご家族や友人が参加されるかどうかです。
ふたりだけでしたらスケジュールの調整などしやすくなりますが、参加される人数が多くなればなるほどパスポートの手配など時間がかかるため準備期間が必要になります。

また、海外ウェディングはそのままハネムーンを兼ねるということが多いですが、ゲストが増えるとそのフォローもあり、ふたりの時間をとりにくくなる場合もあります。反面、ふたりだけの挙式はふたりの時間を濃密に楽しむことができますが、大切な家族にウェディングドレス姿を見せられないという残念な部分も。
どのような挙式、ハネムーンにしたいかをふたりでぜひ話し合ってみてください。

場所を決めるときのポイントは?

国内と異なる特徴が多い海外ウェディング。様々な要素を総合的に判断することが大切です。
大きく分けるとハワイやグアムのように観光やショッピングにおいて充実しているエリアと、広い海に浮かぶ離島のエリアに分かれています。
その後のハネムーンのことも考えて、買い物を楽しみたいのか、ダイビング体験など自然を満喫したいのかなど、どのように楽しみたいかをイメージしていきましょう。

離島のウェディングの場合、現地の住民はいないことが多く、施設内には滞在者とスタッフしか居ないという場合もあるため施設内の限定されたサービスとなる可能性が高くなります。日本語が通じる場所なのかも、選ぶ際のポイントです。

そして行きたい場所によっては日本とは天候や季節が異なり、雨季と乾季があるエリアがあります。先に日程を決めて、その時に合った気候のエリアを選ぶのか、行きたいエリアを決めて、その場所に合ったタイミングで日程を決めるのか、優先順位を決めていきましょう。

またご家族が同行される場合は、費用の面や、ご家族の移動のための体力なども考慮して、比較的移動時間が短いエリアを選ばれる方も多いです。ご家族が海外に不慣れなら日本語サービスの充実したエリアを探すのも良いでしょう。

準備はいつからすれば大丈夫?

1年前〜6ヶ月前に始められれば安心です。
家族や友人などのゲストが参列する場合は、スケジュールの調整に手間取ることが多かったり、チャペルなど人気のウェディングスポットやレストランは早い段階で予約が埋まったりしてしまいます。そのため、計画的に準備をするのがオススメです。

海外ウェディングに決めたら、まずは旅行会社や専門のプランニング会社などに見積もりを依頼します。その上で費用やスケジュールを見比べていき、最適な日程、開催エリア、挙式会場、挙式をプロデュースしてくれる手配会社を決定します。

実際に動き出すまでに、まずはふたりでしっかり話し合い、どのようなウェディング、そしてハネムーンにしたいかをまとめることがとても大切です。優先するべきポイントによって動き方が変わる場合もあります。イメージに相違がないように楽しく計画していきましょう。

ぐるなびウエディングで1.5次会プランを探そう!

海外ウェディングを実際におこなうまでの道のり

海外ウェディングを実際におこなうまでの道のり

海外ウェディングとなると準備が大変そうなイメージがあります。しかし、ポイントをおさえて確認していけば何も心配はいりません。いつ、何をするべきかを見ていきましょう。

挙式6ヶ月〜3ヶ月前

・ウェディング手配会社を訪問
ふたりでイメージしたウェディングプランに基づいて、ウェディング手配会社を訪問します。事前に資料を取り寄せることもできるので、イメージに近いサービスやプロデュースを受けられるようなプランを取り扱っている手配会社を選びましょう。

・日程が決まったらゲストの方に連絡を
実際にウェディング日程が決まったらすぐに、ゲストの方々に連絡をします。国内ウェディングの場合は招待状を出したりしますが、海外ウェディングの場合は国内ウェディングに比べて招待するゲストは少ないことが多いため、予定をすぐに確保してもらうことが大切です。

そしてゲストの方々の参加が決定したら、次はゲストのための交通・宿泊を手配します。遠くまできてくれるゲストのために旅費やホテル代は負担したいものですが、予算の都合上厳しい場合は正直にその旨をゲストに伝え、その分ご祝儀は受け取らない、安いツアーを紹介するなどの心遣いをみせましょう。

挙式3ヶ月〜1ヶ月前

・ウェディングドレスやタキシードを決める
海外ウェディングの場合、ドレスなどの用意の方法がいくつかあります。
日本で試着して現地でレンタル、日本でレンタルしたものを現地に持っていく、日本で購入して現地に持っていく、現地で試着してレンタルするなどの方法です。ビーチでの写真撮影をされる場合は衣装が汚れてしまうこともあるため、購入される方も多いようです。

また、手配会社によってはヘアメイクからブーケなどの小物類まで「日本で選び、日本と同じものを現地で用意する」というサービスをおこなっている場合があります。とはいえ一生に一度の機会なので、着たいドレスを選ぶのが一番良いのかもしれません。

・パーティーの演出などを決める
手配会社で申し込んだプランを元に、フォトツアーやヘアメイクなどのオプションサービスをじっくり検討していきます。アルバムのグレードアップなども人気です。

・挙式前後の流れを決める
海外ウェディングの大きな魅力の一つは、挙式前後を旅行として楽しめることです。ゲストの方と出かけるのか、ハネムーンとしてふたりきりで出かけるのか、いずれにしても人気のレストランなどに行く場合は事前に予約をしておくのが安心です。

挙式2ヶ月〜1ヶ月前

・ゲストに詳細を連絡
日程を空けてもらった後、準備に追われて意外と詳細を連絡し忘れてしまうことがあります。現地での待ち合わせ方法や滞在先についてなど、旅の詳細をゲストにしっかり伝えましょう。

・出発前の最終チェック
忘れ物が許されないのが海外ウェディング。現地で調達することができないものもあるので最終チェックが重要です。婚姻届の提出や、パスポート、ビザ、海外旅行保険の手続きなども最終確認しましょう。

・帰国後のお披露目パーティーについて
家族や一部の友人など、ゲストの人数を少なめでおこなうことが多い海外ウェディングは、合わせて帰国後に1.5次会とも呼ばれる「お披露目パーティー」をやることが多いです。まとまった休みをとれず海外ウェディングに参加できなったご友人など、国内でのパーティーなら参加できるという方も多いはず。

このお披露目パーティーは、会費制でおこなわれることも多くカジュアル度は高めですが、自分たちで企画する場合は直前にバタバタしないように、出発前に決めておけると安心です。だいたいお披露目パーティーは帰国後1ヶ月くらいでやることが多いようです。

海外ウェディングの気になる費用は?

海外ウェディングの気になる費用は?

海外ウェディングは旅費がかかるため費用が高いというイメージがありますが、実際はハネムーンを兼ねられることから比較的リーズナブルだと考えられます。

滞在日数や航空会社やホテルのクラス、ハネムーンの内容によって費用は変わりますが、総額は平均200万くらいです。エリアによって異なり、ハワイは10万以上高く、グアムは40万円ほど安く、アジアですと60万円ほど安くなります。

費用は以下のものが考えられます。

・手配会社の基本プラン
基本的に挙式に必要なものが揃っています。プランによっては衣装や写真撮影などが揃っているものも。

・挙式の追加オプション
基本プランに含まれない場合、追加オプションとなり、ドレスやタキシードの準備、ヘアメイク、エステやネイル、ビデオやDVDの撮影などがあります。

・現地でのパーティー費用

・ふたり分の渡航費や旅費

・現地でのショッピング費用
ハネムーンの一環としてショッピングを目的の一つとしてプランニングされる場合もあることから、ショッピングの費用は欠かせません。エリアによって物価も違いますが、ハワイやヨーロッパは高めです。

以上と合わせて、ゲストにかかる費用があります。
ゲストの渡航費を全額負担するのが厳しいというケースも少なくないため、渡航費をゲストに負担してもらい、宿泊費やパーティー費用(食事など)を新郎新婦で負担するという場合は多いようです。旅費を負担してもらった場合にはご祝儀は受け取らないことをゲストに事前に伝えておくことも大切です。

ぐるなびウエディングで1.5次会プランを探そう!

海外ウェディングとセットで考えたい「お披露目パーティー」とは?

海外ウェディングとセットで考えたい「お披露目パーティー」とは?

海外ウェディングを行った方の半数以上が行っている帰国後の「お披露目パーティー」。地元の友人を招き、結婚式ほどフォーマルではないものの、二次会ほどカジュアルではない1.5次会スタイルが多いです。

会費制で行われることが多く、お好みのパーティースタイルや予算に合わせて幅広い場所やプランから選ぶことができます。
また、海外ウェディングに向けてドレスを購入した方は、国内でもドレスを着るチャンスに。挙式の思い出もそのままに、お披露目パーティーを楽しめます。

海外ウェディングの準備と合わせて、早めに計画しておくと帰国後も慌てずにパーティーの日を迎えられます。準備の流れの参考イメージは以下の通りです。

海外へ出発する前に

・日程を決定
パーティーのスタイルや開催場所などをイメージできたらまずは日程を決めて、会場候補を探します。ブライダルフェアなどに行ってイメージを膨らますのもオススメです。

・会場が決定したら
招待したいゲストをリストアップし、受付や余興をお願いする方を決めて事前に打ち合わせを。その際どんな演出をするのかイメージできていると話がスムーズに進みます。海外ウェディング後ならではの演出やギフトを取り入れられるとよりパーティーが素敵に。料理の内容などもこの時期に検討しましょう。
日にちが近くなってきたら衣装やヘアメイクについても打ち合わせていきます。

帰国後の流れ

海外ウェディングが終わり一息着きたいところですが、お披露目パーティーは帰国後1ヶ月程度での開催が一般的です。このタイミングでゲスト人数の最終確認や当日のタイムテーブルの決定など具体的な準備を進めていきます。パーティーの直前は忙しくなりがちですが、大事な1日に向けてお肌の調子なども意識して整えていきたいものです。
そしてお披露目パーティー当日。親しいお友達との楽しいひと時をお過ごしください。

まとめ

海外でのウェディングと聞くと、憧れる反面、準備の大変さや費用などの心配は多くなるもの。
しかし、早めに準備をしはじめ、手配会社としっかり連絡をとって進めればスムーズに行うことができます。海外には呼べなかった地元のご友人にはお披露目パーティーでドレス姿を見せることもできますし、ハネムーンをかねて国内では味わえないシチュエーションでの壮大な結婚式を、大切なパートナーやご家族、ご友人と過ごしていただければと思います。

ぐるなびウエディングで1.5次会プランを探そう!

全国のエリアから探す

1.5次会・ウェディングパーティができる会場をエリアから探そう!都道府県や注目のエリアから検索できます。

関東甲信

関西

東海

九州

北海道

東北

北陸

中国

1.5次会・ウェディングパーティを検討している人におすすめ