1. [結婚式・ブライダル] ぐるなびウエディング
  2. 結婚式場
  3. 1.5次会・ウェディングパーティ
  4. 1.5次会の内容や流れ・会費相場が知りたい!ご祝儀制もあり?

1.5次会の内容や流れ・会費相場が知りたい!ご祝儀制もあり?

披露宴と二次会の中間というイメージのある1.5次会のウェディング。固すぎずくだけすぎてないという印象がありますが、実際の詳しい内容などが気になるところです。費用やご祝儀のことや演出、スタイルなど1.5次会の具体的な内容を知り、自分たちのウェディングのスタイルの候補に入れてみてはいかがでしょうか。

1.5次会とは?気になるスタイルについて

1.5次会とは?気になるスタイルについて

1.5次会とは一体どんな形式の結婚式なのか、一般的な内容や会場などをご紹介します。

1.5次会はどんなスタイルの結婚式?

1.5次会とは、披露宴ほどフォーマルすぎず、二次会ほどカジュアルすぎないところがいいのが魅力であるパーティースタイルのウェディングです。そのパーティーで新郎新婦の2人の結婚をお披露目するようなイメージです。

また、時間は2時間〜2.5時間のパーティーとなることが多いとされています。
披露宴より自由度が高いため、その時間の中に細かく決まったタイムテーブルはなく、新郎新婦の理想に合わせた進行でパーティーを行うことができます。そのため、ゲストと触れ合うことのできる時間を多く取ることができたり、また、格式ばっていないことから、ゲストも気軽に参加することができたりという利点があります。

会場はどんなところを選ぶべき?

1.5次会では、レストランでウェディングを行う新郎新婦が多いです。普段、レストラン営業も行い、1.5次会なども行う会場も多いため、料理の味も信頼できますし、もちろん安心してパーティーを行うことができます。また、料理や飲み物の持ち込みができる会場もあるため、ケーキやお酒にこだわりたい場合は、持ち込み可能な会場を選ぶといいでしょう。

料理の味やクオリティが心配な場合には、事前に会場の候補となるレストランで食事をしてみるといいでしょう。試食会のブライダルフェアを利用すれば、通常よりお得に婚礼料理の味を確かめることができます。また、大きな画面で映像を流したり、音響にもこだわったりしたいという場合には、会場下見の際にどんな設備があるのか確認しましょう。
自由度の高いパーティーであるからこそ、ふたりの理想のパーティーに合った会場を選択することが大切です。

今月のおすすめ会場特集2018年12月1日更新

ぐるなびウエディングで1.5次会プランを探そう!

挙式・披露宴はおこなうの?

挙式・披露宴はおこなうの?

1.5次会の場合、挙式や披露宴を行わず、1.5次会ウェディングのみで済ませるご夫婦もいます。結婚式にあまり費用や準備をかけたくないけれど、日頃お世話になった方々に結婚のお披露目をしたいという場合や、格式ばった結婚式は苦手という夫婦は、1.5次会のみで済ませることがあります。

では、挙式や披露宴をおこなう場合はどのようなケースがあるのか見ていきましょう。

親族のみで挙式・披露宴をおこなう

親族のみの挙式・披露宴は、海外や国内リゾートでおこなうこともあるため、たくさんの友人たちを招くことが難しいことがあります。そのような時に友人たちへのお披露目として後日1.5次会をおこなうことがあります。また、1.5次会でゲストを招きたいけれど、パーティーのようなスタイルであるため、お年寄りや小さな子どものいる親族を招くことが難しいと考えるご夫婦は、挙式・披露宴は親族のみの少人数で、1.5次会は友人のみでと分けて行うこともあります。

会社の上司を招く必要があるとき

日頃お世話になっている会社の上司をお招きしたい場合、パーティースタイルでフランクな1.5次会に招くのは抵抗がある場合が多いでしょう。そのような場合には、挙式・披露宴は、親族・上司・親しい友人のみの少人数形式で行い、後日様々な友人をゲストとして招き、1.5次会をおこなうケースもあります。

あまりお金をかけたくないけれど、たくさんの人に結婚のお披露目をしたいという場合にも、1.5次会は人気があります。会費制でできる1.5次会は、ゲストが多くなっても費用負担が増えるわけではないため、挙式・披露宴は少人数制で価格を抑えておこない、後に多くのゲストを招き、1.5次会をおこなうという方法もあります。

2人だけで済ませたいとき

1.5次会をメインで行いたいけれど、一応挙式もしたいという場合には、ふたりだけで挙式をおこなうことができるウェディングプランもあります。ふたりだけで挙式をおこなったあとに、1.5次会で大勢のゲストに結婚のお披露目をするのもいいでしょう。

また、1.5次会では、前撮りなどはついていないため、写真に残したいと考える新郎新婦は、フォトウェディングのみをおこなったあとに、1.5次会をおこなうこともおすすめです。

ぐるなびウエディングで1.5次会プランを探そう!

会費制・ご祝儀制、どっちにする?気になる費用について

会費制・ご祝儀制、どっちにする?気になる費用について

1.5次会では、ご祝儀制か、会費制かも新郎新婦で選ぶことができます。2つの特徴をご紹介します。

会費制

1.5次会をおこなう夫婦は、半数以上の人たちが会費制にする場合が多いようです。会費制の相場の価格は、1.5万円未満で設定される場合がほとんどのため、ゲストの負担も少なく、ゲストが気軽に参加しやすいという利点があります。

また、フランクなパーティーであるからこそ、ゲストの参加しやすさを重視して考えると会費制はおすすめです。会費が2万円を超えるような場合は、通常の披露宴と変わらないフォーマルな会であることを想定しておいた方が良いでしょう。ゲストが思う会費制の相場イメージも1万円前後が一般的ですので、2万円を超える場合、割高に感じられ、料理や引き出物など、求められるハードルが上がってしまうかもしれませんのでご注意を。

料理は、会費の値段に合わせて、立食形式のビュッフェスタイル、着席でのビュッフェ、着席で料理がテーブルまで運ばれてくるコース料理を選択することができます。会費金額としては、着席×コース料理の組み合わせが一番高価になりやすいですが、年配の方がいる場では特に心遣いとして喜ばれるでしょう。

また、引き出物ですが、会費制の場合には用意をする必要はないでしょう。引き出物の代わりに、小さなお菓子とマグカップなどのプチギフトをゲストに用意することがおすすめです。誰でも使いやすく邪魔にならないようなギフトを選ぶことを心がけましょう。また、当日に会費とは別にご祝儀を頂いた場合には、引き出物を用意するのではなく、後日内祝いを贈るようにするといいでしょう。

ご祝儀制

ご祝儀制にした場合には、カジュアルなパーティーというイメージよりもフォーマル度の高い1.5次会にすることがおすすめです。

1.5次会の会場がホテルや専門式場、高級レストラン、ゲストハウスであれば料理やサービスのレベルもそれなりであると予測できるので、1.5次会のご祝儀制で招待されれば、ゲストも一般的なご祝儀相場と同じ3万円(学生や事情のある人であれば1万円~2万円)を用意するのが妥当だと考えますが、カジュアルなレストランやカフェが会場の場合、1万円~2万円をご祝儀として包めばいいケースもありますが、多くのゲストはいくら包むべきか迷います。そうならないためにもご祝儀制の場合はフォーマル寄りにする方がゲストにも親切ですし、満足度も高いです。
また、料理の形式も着席スタイルで、コース料理がテーブルまで運ばれてくるようなものを選ぶようにするといいでしょう。

ご祝儀制にすることにより、上司などを呼びやすい雰囲気の1.5次会にすることもできます。ゲストの顔ぶれに合わせて、会費制かご祝儀制かを選択しましょう。
また、ご祝儀制の場合には引き出物を用意するようにしましょう。かさばらず、消耗品である引き出物はゲストに喜ばれる傾向があります。どんなゲストを多く招いたかで引き出物は選ぶようにしましょう。

ちなみに、自分たちの結婚式を1.5次会スタイルにしたいのであれば、50万~100万円程の資金を用意しておくのがベター。100万円以上の準備があれば、会場や演出の幅もグンと広がります。

どんな演出がおすすめ?

どんな演出がおすすめ?

1.5次会は自由度の高いパーティーだからこそ演出も新郎新婦で拘ることができます。どのような演出ができるのかをご紹介します。

ケーキカット

結婚式といったら定番でもありますがケーキカットはおすすめです。特に、持ち込みができる会場では、ふたりの顔のイラスト入りなどこだわったケーキを用意することもできるため、楽しいイベントのひとつになります。また料理はビュッフェスタイルの場合が多いため、カットした後のケーキもゲストが取りやすいでしょう。ケーキカットしたケーキは料理の中でも人気の傾向にあるため、大きめのケーキを用意しておきたいですね。

プチギフトに手作りの品を用意してみる

会費制の1.5次会で用意しておく必要のあるプチギフト。せっかくなので、心をこめた手作りの品も用意してみるのはいかがでしょうか。ジャムやキャンドル、石けんなど簡単に手作りできるものに挑戦してみることがおすすめです。また、席札も手作りで可愛いものにしてみてはいかがでしょうか。

ミュージシャンライブをおこなう

ゲストが楽しめるようなミュージシャンのライブをパーティーの中に取り入れてみるのもいいでしょう。一つの盛り上がるイベントとなります。新郎新婦ふたりのお気に入りの曲を演奏してもらうのも思い出に残ります。また、友人や親族の中で楽器のできる方がいる場合には、その方に事前にお願いするのも良いかもしれません。知り合いの演奏ということで、ゲストもより盛り上がります。

装飾をこだわる

自由度が高いからこそ、テーブルなどの装飾を自分でこだわって造ることもおすすめです。最近流行のDIY(手作り)で、可愛らしい空間を演出してみてはいかがでしょうか。テーブルの花の演出や、ふたりの写真を飾るフォトフレームの装飾など自分たちで造ることによって、よりオリジナル度が高く、こだわりのウェディングにすることができます。夜におこなう1.5次会の場合には、手作りのキャンドルを並べてみてもロマンチックな空間を演出できることでしょう。

ブーケプルズ

料理なども並んでおり限られた室内の空間でおこなう1.5次会では、ブーケトスではなくブーケプルズがおすすめです。花嫁の持つブーケの先にリボンをつけて、未婚の女性にひいてもらうスタイルです。また、ブーケと繋がっていないリボンにも、リボンの先にアクセサリーなどのプチギフトを付けておくことにより、ゲストにより喜んでもらえる演出となります。

ぐるなびウエディングで1.5次会プランを探そう!

どんな料理を用意する?

どんな料理を用意する?

1.5次会では、ビュッフェスタイルか、テーブルまで料理の運ばれてくるコーススタイルかに料理が分かれます。では、それぞれどのような料理を用意するのがおすすめでしょうか。料理についてご紹介します。

ビュッフェスタイルの場合

ビュッフェスタイルの場合には、温かい料理が運ばれてきて、すぐに食べることのできるコーススタイルとは異なるため、冷めても美味しい料理ということに重視して料理を選ぶことが大切です。事前に試食ができる会場もあったり、普段レストランとして営業している会場もあったりするため、自分たちで一度食べてみて確認するのがいいでしょう。また、冷めて美味しいだけでなく、ビュッフェのため量が多いということも大切です。特にメインとなるような肉・魚料理の量が十分であるか会場に確認しましょう。さらに、ケーキカットなどのケーキは人気でなくなる傾向にあるため、十分な量を用意しておきましょう。

ビュッフェスタイルでは、食べ物の持ち込みが可能な会場であれば、料理やお菓子、お酒など、更に様々な種類のものを用意してもゲストに喜ばれることでしょう。料理などが得意な新郎新婦のおふたりは、一品作って持っていっても思い出になりそうです。また、お酒に詳しい方は、自分こだわりのお酒をゲストに振る舞ってみてはいかがでしょうか。

コーススタイルの場合

料理がテーブルまで運ばれてくるコーススタイルの場合には、味や量はもちろんですが、彩りなどにも意識をされた料理を選んでみることがいいでしょう。1.5次会では、料理を食べながら談笑するということがメインのイベントでもあるため、料理の鮮やかさ、味にこだわることが大切です。

コーススタイルの場合には、くだけすぎていないパーティーとなることが多いため、年配の身内や、お子さん、上司を呼ぶ場合もあります。そのため、年配の方でも食べやすいように、ジャンクなメニューは避けましょう。誰でも食べやすく、彩りもきれいな料理を選ぶことがポイントです。

<番外編>ゲストはどんな服装が良い?

<番外編>ゲストはどんな服装が良い?

パーティースタイルのウェディングであることから、ゲストの方も服装に悩むことが多いでしょう。どんな服装がおすすめかをご紹介します。

カジュアルでも最低限のマナーは守る

1.5次会はくだけたパーティーではありますが、結婚を祝うおめでたい場でもあります。そのため、カジュアル過ぎるドレスやTシャツで行くのはもちろん避けた方がいいでしょう。服装はカジュアルすぎることなく最低限のマナーを守りTPOに合った服装にするといいです。

女性ゲストにおすすめの服装

ワンピースやパーティードレスなどフォーマルなものを選ぶのが無難でいいです。色は、白は花嫁が着るものなので避けるようにしましょう。薄いピンクやベージュも白に見えてしまうことがあるため、誤解の無い色を選んでおくといいでしょう。

また、通常の挙式、披露宴では、肩の出る服の場合には、必ずショールやカーディガンを羽織ります。ショールなどフォーマルすぎる格好をする必要はないですが、肩がでた露出の多い服は気になるため、肩の出ないタイプの丈のものを選んでおくようにしましょう。靴はヒールのあるパンプスを選び、ストッキングも着用します。アクセサリーはきらびやかな物は避け、パールなど小さいものにするといいでしょう。

男性ゲストにおすすめの服装

黒や、灰色、ネイビーなどの通常の結婚式と変わらないフォーマルなスーツを着用するといいです。もちろん白は避けるようにしましょう。中に着るシャツはカラーシャツなどのカジュアルなものでも良いでしょう。ネクタイの色は、黒は不幸のイメージがあるため避けた方がいいです。靴はエナメルか、革の靴を選ぶのが良いでしょう。

1.5次会ウェディングのパーティーの形式はつかめましたか。通常の結婚式にはない魅力も多くある1.5次会。是非、候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

ぐるなびウエディングで1.5次会プランを探そう!

全国のエリアから探す

1.5次会・ウェディングパーティができる会場をエリアから探そう!都道府県や注目のエリアから検索できます。

関東甲信

関西

東海

九州

北海道

東北

北陸

中国

沖縄

1.5次会・ウェディングパーティを検討している人におすすめ