1. [結婚式・ブライダル] ぐるなびウエディング
  2. 結婚式場
  3. 1.5次会・ウェディングパーティ
  4. 国内でもリゾート気分!沖縄リゾートウェディングのメリット・デメリット

国内でもリゾート気分!
沖縄リゾートウェディングのメリット・デメリット

国内リゾートウェディングで人気の高い沖縄。美しい自然溢れる沖縄で式を挙げれば、国内でも十分にリゾート気分を満喫でき、一生の思い出になること間違いなしです。しかし、沖縄リゾートウェディングにはデメリットも存在します。そこで今回は、沖縄リゾートウェディングのメリット・デメリットについてご紹介します。

沖縄は国内リゾートウェディングで一番人気の土地

沖縄は国内リゾートウェディングで一番人気の土地

国内リゾートウェディングとは

リゾートウェディングと聞けば、多くの方はハワイやバリなどの海外のリゾート地での結婚式を想像されるはず。しかし、海外で結婚式を挙げるとなると、それ相当の費用がかかるのはもちろん、長期間仕事を休んだりする必要も出てきます。このような理由から、リゾートウェディングの夢を諦めたという新婚夫婦は多いといいます。

しかし、海外へ行かなくても、リゾートウェディングを挙げることは可能です。というのも、日本国内にはいくつかのリゾート地があります。そういった国内リゾート地で結婚式を挙げることを国内リゾートウェディングといい、海外でリゾートウェディングを挙げるよりも安い、長期間仕事を休む必要がない、などの理由から近年重要が高まっています。

多くの場合、国内リゾートウェディングでは、結婚式の前日や前々日から現地入りをします。式場と細かい打ち合わせを行った後は、夫婦や早くから現地入りをした友人と一緒に観光を楽しんだりすることができ、結婚式以外の楽しみが充実しているのも大きな魅力といえます。

国内リゾートウェディングで沖縄が人気の理由

国内リゾートウェディングは、北海道や軽井沢、伊豆、那須や葉山など、様々なリゾート地で行われています。そんな数あるリゾート地の中でも、国内リゾートウェディングの定番となっているのが沖縄です。

日本の最南端に位置する沖縄には、美しい自然が広がっています。沖縄リゾートウェディングなら、青い海に青い空、純白の砂浜…都会では決して見ることのできない自然の景観に囲まれながら、結婚式を挙げることができます。本土から距離のある離島でもあるため、国内でありながらも海外気分を満喫できるのも魅力です。

そして、沖縄は、各地からのアクセスも大変便利です。首都圏の羽田空港からは那覇空行きの直行便で約2時間30分。成田空港からでも約3時間でアクセスすることが可能です。西日本からなら更にフライト時間は短縮され、関西空港からは那覇行きの直行便で約2時間10分。福岡空港からだと、約1時間45分という短時間でアクセスできます。こういった気軽にアクセスできる点も、沖縄が国内リゾートウェディングで高い人気を誇っている理由のひとつといえるでしょう。

今月のおすすめ会場特集2018年12月1日更新

ぐるなびウエディングで1.5次会プランを探そう!

沖縄リゾートウェディングのメリット

沖縄リゾートウェディングのメリット

結婚式と新婚旅行が同時にできる

結婚式が終わってから新婚旅行をする夫婦は多いといいます。しかし、結婚式が終わってから新婚旅行をするとなれば、せっかく結婚式という大きなイベントが終わったというのに、再び旅行をするための手配や準備に追われることになってしまい、身体を休める時間がとれない状態に。

しかし、沖縄リゾートウェディングなら、結婚式と新婚旅行を同時に行うことができ、準備が楽になります。また、別で新婚旅行へ行くよりも費用を安価に抑えることができ、新婚時のイベントに必要なお金を大幅に節約することも可能です。別途休日を設ける必要がないので、職場に負担を掛けない面でもメリットがあります。

なお、新婚旅行をかねて沖縄リゾートウェディングを挙げる場合は、式の前日や前々日に沖縄入りして新婚旅行を楽しむよりも、式が終わってからの時間を新婚旅行に充てるのがおすすめです。ひとつの一大イベントが終わったという達成感と解放感で、心身ともにリラックスした状態で新婚旅行が満喫できるでしょう。時間に余裕のある夫婦は、中心部の那覇だけでなく、是非とも西表島や石垣島などの沖縄本島から離れた土地で自然溢れる観光を楽しんでみてください。

美しい自然に囲まれながらのウェディング

沖縄リゾートウェディングの最大の魅力は、青い海や青い空、白い砂浜といった美しい自然の景観です。沖縄にある結婚式場の多くは海の付近に位置しており、中にはプライベートビーチを所有している結婚式場もあります。沖縄リゾートウェディングでは、是非ともそういった結婚式場を選ぶのがおすすめです。

美しい自然に囲まれながらの式は特別感に満ち溢れており、何年経っても色褪せない生涯の思い出になること間違いなしです。ビーチで着るウエディングドレスやタキシードも絵になるので、写真やアルバムも洗練された仕上がりになります。

両親に結婚式と旅行の両方をプレゼントできる

沖縄リゾートウェディングでは、両親に沖縄旅行をプレゼントすることができます。日常において、両親に対して孝行できる場面ってなかなか無いですよね。でも、沖縄リゾートウェディングなら、結婚式を兼ねて両親を沖縄に連れていくことができ、式が終わった後も沖縄旅行を楽しんでもらうことができます。

子どもの結婚式にプラスして子どもから旅行もプレゼントしてもらえるなんて、喜ばない親はいません。「今までの感謝の気持ちを込めて、両親に親孝行をしたい!」沖縄リゾートウェディングは、そんな方にもおすすめです。

ゲスト同士がすぐに打ち解けられる

結婚式を挙げる際、歓談時間などにおいて、親族同士やゲスト同士が打ち解けてくれるかどうかは意外と気になる点です。しかし、沖縄リゾートウェディングなら、そんな心配はありません。沖縄リゾートウェディングでは、自然溢れる空間の効果によって、結婚式特有の緊張感が緩和されます。その結果、ひとりひとりが非常にリラックスした状態となり、全員が打ち解けた状態で温かい式を挙げることができます。

実際に、沖縄リゾートウェディングでは、新郎側の友人と新婦側の友人が仲良くなりやすく、その後、カップル成立に至ることも多いといいます。式に出席してくれるゲストにも幸せをおすそわけできるなんて、実に喜ばしいことですよね。

ぐるなびウエディングで1.5次会プランを探そう!

沖縄リゾートウェディングのデメリット

沖縄リゾートウェディングのデメリット

台風のリスクを伴う

沖縄リゾートウェディングのデメリットとして、まずあげられるのが台風です。沖縄では、5月~10月において台風が多くなります。中でも8月は台風の最も多い時期なので、飛行機の欠便や式の中止・式場の変更といった問題が起こることを踏まえると、この時期に式を挙げるのはおすすめできません。

万が一、台風の時期に式場を予約してしまって当日が台風だったとしても、よっぽどの台風でない限りは、予定通りに式を挙げる流れとなります。キャンセルや日程変更を希望する場合には、キャンセル料を請求されるケースがほとんどなので注意しましょう。

細かい打ち合わせができない

沖縄リゾートウェディングでは、細かい打ち合わせができないのもデメリットです。近くで結婚式を挙げる場合、実際に挙式や披露宴を行う会場を自分たちの目でチェックすることができます。しかし、沖縄リゾートウェディングでは、全国各地に置かれた提携サロンで会場を選ぶことになるので、式の前日の打ち合わせまでは会場を直接見ることができません。また、打ち合わせも提携サロンを通して、メールを通してのやり取りになるため、細かい要望が伝えられないケースも出てきます。

直接会場を見学したり、直接現地の式場スタッフと細かい打ち合わせをしたりすることも可能ですが、その場合には沖縄まで足を運ぶ必要があり、こちら側で交通費を負担しなくてはなりません。

結婚式当日に「イメージや打ち合わせ内容と違う!」という事態にならないためにも、沖縄リゾートウェディングを挙げる際には、提携サロンや現地の式場スタッフと細かい部分まで打ち合わせをしておくようにしましょう。

大勢のゲストを招待できない

沖縄リゾートウェディングを挙げる場合、結婚式の費用に加えて、招待するゲストの沖縄までの交通費と宿泊代も負担しなくてはなりません。利用する飛行機の便や宿泊するホテルによっても差はありますが、ゲスト1名につき5万円~10万円の費用がかかってしまいます。となれば、大勢のゲストを招待するとなると、ゲストの交通費と宿泊代だけで100万円を超えてしまうこともありえます。これを考えると、予算に限界がある場合、沖縄リゾートウェディングに大勢のゲストを招待することは難しいといえます。

実際に、沖縄リゾートウェディングは、親族中心で行うのがほとんど。ゲストを呼ぶ場合でも、本当に親しい友人だけを招待し、合計20人以内の小規模な式にすることが多いです。

沖縄リゾートウェディングは親族中心で行うのが理想的

このように、沖縄リゾートウェディングにはいくつかのデメリットが存在します。台風による日程変更や式の中止、打ち合わせの限界、ゲストの交通費や宿泊費の負担、こういった点を踏まえ、沖縄リゾートウェディングは親族中心で小規模に行うのがベストといえます。

親族中心の式であれば、身内であるために、何かしらのトラブルがあっても比較的スムーズに対応できます。交通費や宿泊費の負担も小さくなるので、国内リゾートウェディングといえども費用を安価におさえることができるでしょう。

地元で会員制パーティーを開いてデメリットを回避!

地元で会員制パーティーを開いてデメリットを回避!

沖縄から帰ったら地元で会員制パーティーを開こう

上記でもお話した通り、沖縄リゾートウェディングに招待できるゲストの数に限界があります。沖縄リゾートウェディングを挙げる場合、その点に不満を感じる方は多いでしょう。

そんな方におすすめなのが、地元での会員制パーティーです。沖縄に一部ゲストしか招待できなかった場合には、沖縄リゾートウェディングを終えた後、地元で会員制パーティーを開けば良いのです。

地元で会員制パーティーを開けば、沖縄リゾートウェディングに招待できなかったゲストにも結婚のお披露目ができます。二次会のようなフランクなパーティーにすれば費用もそれほどかかりませんし、会費制にすればこちら側の負担も少なくなります。パーティーの中に余興やゲームなどを取り入れれば、ゲストと一緒に大盛り上がりできること間違いなし。沖縄リゾートウェディングとはまた違った時間を楽しめるでしょう。

どこで行うのがベスト?

地元で会員制パーティーを開く場合は、招待するゲストのことを考え、交通の便が良い街の中心部がおすすめです。ゲストひとりひとりが自宅から1時間以内でアクセスできる場所を選びましょう。

どんなお店を選べばいい?

会員制パーティーのお店を選ぶときは、まず招待するゲストの人数を参考にしましょう。50人を超える大きなパーティーにする場合は、パーティー会場を貸し切ってケータリングサービスを利用したり、大人数にも対応してくれるレストランを団体予約で貸し切ったりすると良いです。

ゲストの数が50人以下の場合は、その人数に対応したイタリアンレストランやバルを貸し切るのがおすすめ。レストランの中には飲み放題・食べ放題付きのウエディングプランを展開しているところもあるので、そういったプランのある店舗からお店選びをすると良いです。

どんな衣装が正解?

会員制パーティーでは、ウェディングパーティー感を演出するためにも、新婦側は白のドレス、新郎側はタキシードや白いスーツ(白いネクタイでもOK)がおすすめです。結婚式で着るほど本格的なものではなく、1万円~2万円程度のパーティー衣装に身を包みましょう。ヘアセットやメイクは自分でしても良いですし、苦手な方は近くのヘアメイクサロンでプロに依頼しましょう。5,000円~1万円で引き受けてくれるはずです。

ギフトは必要?

会員制パーティーなので、結婚式のような引き出物の準備は必要ありません。一般的には、クッキーやキャンディー、ミニドリンクなどのちょっとしたプチギフトを用意する方が多いようです。パーティーに来てくれたお礼として、交通費の一部を負担するなど、何かしらの気遣いがあるとなお良いでしょう。

ぐるなびウエディングで1.5次会プランを探そう!

まとめ

まとめ

「リゾート地で結婚式を挙げたい」という方は、是非とも今回ご紹介した沖縄リゾートウェディングを検討してみてください。美しい自然溢れる沖縄なら、一生の思い出となる素敵な結婚式を挙げられること間違いなしです。デメリットを踏まえて計画を立てれば、費用の面でもトラブルの面でも安心。沖縄から帰った後に会員制パーティーを開けば、沖縄に招待できなかったゲストにも結婚をお披露目することができますし、沖縄リゾートウェディングとはまた違った時間が楽しめます。沖縄リゾートウェディングと会員制パーティーで、自分たちの幸せを親族、友人、上司…すべての人におすそわけしちゃいましょう。

全国のエリアから探す

1.5次会・ウェディングパーティができる会場をエリアから探そう!都道府県や注目のエリアから検索できます。

関東甲信

関西

東海

九州

北海道

東北

北陸

中国

沖縄

1.5次会・ウェディングパーティを検討している人におすすめ