1. [結婚式・ブライダル] ぐるなびウエディング
  2. 結婚式場
  3. 1.5次会・ウェディングパーティ
  4. 【男性・女性別】1.5次会ゲストのお呼ばれ服装マナー

【男性・女性別】1.5次会ゲストのお呼ばれ服装マナー

昨今、自分たちらしい結婚式にしたいと考えるカップルが増え、ウェディングの多様化が進んでいます。その中でも“1.5次会”というパーティーが注目を集めていることをご存知ですか?もし結婚式の1.5次会にお呼ばれされたらどんな服装で参加するのがマナーなのか、男性・女性別に気をつけたいポイントを紹介します。

結婚式の新スタイル1.5次会とは?

結婚式の新スタイル1.5次会とは?

1.5次会とは、披露宴と二次会の中間にあたるパーティーのことです。披露宴ほどフォーマルでなく、かといって二次会ほどカジュアルでない両方の良いところを兼ね備えた結婚パーティーのことをそう呼びます。最近海外挙式の人気が高まっていますが、海外挙式後の夫婦が、帰国後におこなうパーティーを指す場合もあります。

基本的に披露宴はご祝儀制で二次会は会費制ですが、1.5次会はそれらの形式からいずれかを選択することができます。料理はコースにするかビュッフェにするか、立食形式にするか着席形式にするかなども、主催側の自由となります。会場もホテルやゲストハウス、レストランやカフェなど、新郎新婦の好きなように決めることができます。その自由度の高さから、人気が高まっています。

1.5次会をおこなうご夫婦が増えているということは、1.5次会にご招待される機会も増えるということです。 いざゲストもお呼ばれされるとなると、どのような服装が良いのか迷ってしまいます。 会場や新郎新婦との関係性などでケースバイケースではありますが、やはりここはお祝いの席。最低限のマナーを心得ておくことも必要です。 1.5次会に招待された際の、基本的な服装マナーを男女別でご紹介します。

今月のおすすめ会場特集2018年12月1日更新

ぐるなびウエディングで1.5次会プランを探そう!

女性の服装マナー

女性の服装マナー

1.5次会は披露宴と二次会の間をとったウェディングパーティーなので、フォーマルすぎずカジュアルすぎない服装が基本ですが、定義が曖昧なのでどういった服装がベストなのかわかりにくいもの。コーディネートのコツは、「フォーマルな服装をほんの少しだけカジュアルダウンさせること」ですが、とくに女性は服装の幅が広いので悩む方が多いようです。

そこで注目すべきは会場です。1.5次会が開催される会場で、ある程度服装のテイストを決めることができます。

ホテル、ゲストハウスでおこなわれる場合

ホテルやゲストハウスなど、通常の披露宴がおこなわれるような会場の場合は、1.5次会でもフォーマルな服装で大丈夫です。一般的な披露宴に参列する場合と同じと考えて問題ないでしょう。式場やホテルでの1.5次会の場合、新郎新婦のご親族が参加される場合も多いので、ゲストもきっちりとしたファッションで参加するのがマナーです。ただ1.5次会なので、フォーマルドレスをほんの少し着崩すくらいは問題ありません。髪型や羽織をドレスダウンさせるなど、カジュアルになりすぎないアレンジを心がけましょう。

格式高い会場でおこなわれる1.5次会なら、和装で参加するもの不自然ではありません。未婚女性の第一礼装といえば振袖ですが、色柄によっては少々目立ってしまう場合があります。振袖で参加する場合は比較的地味なものをチョイスし、花嫁が和装をする場合は、色や模様が被らないように配慮することが必要です。未婚既婚問わずに着ることができる訪問着は、ゲストの和装としてはいちばん無難かもしれません。訪問着を選ぶ場合も、目立ちすぎるものは避け、花嫁さんの衣装と被らないようにしましょう。和装で行きたいけれどよくわからないという方は、レンタルを利用するのもひとつの手です。1.5次会であることや開催会場などを伝えれば、パーティーに適した着物を選んでもらえるでしょう。

レストランでおこなわれる場合

1.5次会が一番多く開催される会場がレストランです。思い入れのあるレストランでパーティーをと考えるご夫婦が多いようです。レストランでおこなわれる場合は、専門式場やホテル、ゲストハウスよりもカジュアルな服装で大丈夫です。セミフォーマルなパーティードレスなどが場にふさわしいでしょう。挙式や披露宴では敬遠しがちなパンツドレスも、レストランでの1.5次会にはぴったりです。

レストランでの1.5次会では、和装は少し工夫しなければなりません。振袖だと目立つうえ、食事をするには袖が長く少し不向きと言えます。ビュッフェスタイルだとほかのゲストにご迷惑をかけてしまう場合もあり、注意が必要です。洋装が無難ですが、和装で参加する場合は、訪問着など動きやすい着物をチョイスしましょう。

カフェやクラブなどでおこなわれる場合

お店自体がくだけた雰囲気の場合は、カジュアルな服装で参加しても大丈夫です。この場合、二次会に近しいので、一般的な結婚式の二次会と同程度のファッションを心がけましょう。
いくらカジュアルと言っても、もちろん普段着はNGです。パーティードレスを基本として、ヘアスタイルやアクセサリーに遊びを入れるとオシャレ度がぐっと増します。
また、こういった場所でのパーティーでは、和装は周りから浮いてしまうおそれがあるので、あまりおすすめできません。どうしても和装で参加したい場合は、新郎新婦に直接相談すると良いでしょう。

洋装の場合、基本はフォーマルドレスで会場によってドレスダウンしていく、という形がベストです。
和装は結婚式場やホテルの場合は振袖か訪問着、それ以外は訪問着か、会場によっては洋装に切り替えると良いでしょう。

ぐるなびウエディングで1.5次会プランを探そう!

男性の服装マナー

結婚式や披露宴では、男性のファッションの定番はフォーマルスーツに白いネクタイです。結婚式場やホテルでの1.5次会では問題ありませんが、レストランなどの1.5次会では少々堅苦しいかもしれません。スーツを黒以外のものにしたり、ネクタイやポケットチーフをオシャレなものに変えたりすると、少しくだけた雰囲気を出せるのでおすすめです。ネクタイの代わりに蝶ネクタイを着用するのもオシャレですね。カフスボタンをこだわりのものに変えてみると、オシャレ上級者を演出できます。

基本的にはスーツにネクタイのスタイルで間違いないですが、「カジュアルで」との指定がある場合や、カフェやクラブなどカジュアルな場所で開催される場合は、ノーネクタイやジャケットでの参加も問題ありません。その際も普段使いのジャケットではなく、パーティーにふさわしいオシャレなジャケットを着用するようにしましょう。

一般的な披露宴ではNGとされるが1.5次会では楽しめるファッション例

  • スーツに色や柄を取り入れる
  • ネクタイの素材や柄にこだわる
  • カフスボタン、ポケットチーフ、腕時計、眼鏡などの小物に遊び心を持たせてみる

小物選びのポイント

1.5次会に参加するにあたっては、小物選びも重要です。立食か着席か、屋内か屋外かなどで必要なアイテムも変わってきますが、こちらでは小物選びのポイントやあったら嬉しいアイテムをご紹介します。

1.5次会では立食形式のパーティーが多いので、履きやすく疲れにくい靴を選ぶのがベストです。新品の靴を当日初めて使用するのではなく、何度か履いて慣れておくと良いでしょう。
ただ女性の場合、ヒールのない靴は失礼とされているので、カジュアルなシチュエーションでもヒールのない靴は避け、ヒールが低めの靴を選ぶようにしましょう。

1.5次会にはオシャレで小ぶりなパーティーバッグがおすすめです。ポイントは肩にかけることができるか。ビュッフェなどですと頻繁に席を立たないといけないので、そのたびに鞄を手で持っていくのはかなり手間ですし、置いていくわけにもいきません。細いチェーンなど、肩かけ用の紐がついているものを選びましょう。

羽織

女性にとっての必須アイテムは羽織です。屋内の場合は体温調節に、屋外の場合は日焼け対策になるので、1枚あるととても便利です。荷物にならない小さく畳めるものがおすすめです。

アクセサリー

アクセサリーの選び方は、結婚式や披露宴に参列する際と基本的に同じです。派手なものや光るものは避け、パール系など落ち着いたアクセサリーを選びましょう。 光るアクセサリーを避けるのは、写真を撮る際に反射してしまうのを防ぐためです。 また大きく揺れるイヤリングなども、派手すぎるとのことから敬遠されがちです。アクセサリーは全体的に控えめにすることをおすすめします。 また、アクセサリーではありませんが、腕時計は「時間を気にしている」と思われあまり好まれませんので、どうしてもという場合以外は着用しない方が良いでしょう。

結婚式場やホテルでは、クロークが完備されていることがほとんどですが、レストランなどでは荷物を預けることができない場合もあります。そのため、できるだけ荷物はコンパクトにまとめるようにしましょう。クロークがなく手持ちの荷物が多い場合は、駅のコインロッカーなどを事前に調べておくと安心です。

ぐるなびウエディングで1.5次会プランを探そう!

注意すべきポイント

注意すべきポイント

いちばん注意すべきなのは、新郎新婦に失礼にならないかどうかです。いくらカジュアルなシチュエーションでの開催だったとしても、主役は新郎新婦ですし、おふたりにとっては一生の思い出になる一日。ゲストが邪魔をしてはいけないのです。
ここでは1.5次会をはじめ、結婚式や披露宴でのタブーや注意点をまとめてご紹介します。

結婚式・披露宴・1.5次会共通のタブー

「黒い服装」
黒一色で統一された服装は、喪服をイメージさせるので控えましょう。ボレロや靴のみなど、ワンアイテムを黒にする程度でしたら問題ありませんが、黒いストッキングは失礼に当たるとされています。

「白い服装」
白は花嫁さんの色なので、全身白もマナー違反です。もし花嫁さんが白いウェディングドレスではなく、カラードレスなどを着用することが事前にわかっていたとしても、全身白は非常識ととらえられてしまうことがあるので避けましょう。ただ白系統のドレスに濃い色のボレロなど、全身白でなければ大丈夫です。男性も新郎と被るおそれがあるため、白系統のスーツは選ばない方が良いでしょう。

「露出」
露出が多いファッションはお祝いの席にふさわしくありません。素足は避け、必ずストッキングを着用しましょう。また、つま先が見える靴も良くないので、ミュールやサンダルも避けましょう。
ノースリーブドレスの場合は、必ず羽織を用意しましょう。また、ミニスカートドレスも露出が多く、あまりお祝いの席には好ましくありませんが、最近はカジュアルなナイトパーティーでしたらミニスカートもマナー違反ではないとされています。

「ファッションの素材」
革製品やファー製品など、動物の毛皮が使用されているものは、殺生を連想させるので控えましょう。フェイクファーも見た目では本物かどうか判断しにくいため、避けた方が無難です。

1.5次会での注意点

服装に関するマナーやタブーは、上記の通り一般的な結婚式や披露宴などと変わりません。お祝いの席であり主役は新郎新婦である、ということを念頭に置くことが大切です。

1.5次会で一番気を付けるべきなのは、「カジュアル」という文句です。
1.5次会に招待される際に、「カジュアルで」「平服で」というドレスコードの指定があるかもしれませんが、Tシャツやジーンズのような、いわゆる私服での参加はNGです。この場合の平服とは私服のことではなく略礼装のことなので、間違えないようにしましょう。

女性の場合はパーティードレスが基本、男性の場合はスーツが基本で、場合によってはノーネクタイやジャケットでの参加もOKです。カジュアルという指定でも、1.5次会は披露宴と二次会の中間にあたるパーティーなので、二次会に参加するような服装よりもカジュアルにならないようにすれば、新郎新婦に失礼になることはありません。
また1.5次会に参加するゲストの顔ぶれも、服装を考える際の目安になります。新郎新婦の親族や上司が参加する場合は、会場に限らずフォーマル寄りの服装を心がけると良いでしょう。

まとめ

最近は、ほんの数年前にはなかったような形式のウェディングパーティーが増えています。海外挙式やフォトウェディングなど、夫婦の数だけ結婚式があると言っても過言ではありません。1.5次会もそのひとつです。上記にある1.5次会に参加する際の基本を押さえておけば、いざ招待されたときに慌てないで準備することができるはずです。

  • 「1.5次会」は披露宴と二次会の中間にあたるパーティーのこと。海外挙式から帰国したご夫婦がおこなうパーティーのことを指す場合もある。
  • ご祝儀制か会費制かなど、パーティーの形式は十人十色。必ず招待状で確認をすること。
  • パーティーが開催される会場によって、服装のテイストを考える。招待客に新郎新婦の親族や上司がいる場合は、会場にこだわらずフォーマル寄りにする。
  • 露出は控える、白で統一されたファッションは避けるなど、タブーや注意点は一般的な披露宴などとあまり変わらない。
  • 平服でとの指定があっても、カジュアルすぎない服装を心がける。

最近話題の1.5次会。はじめて招待されたときは、何を着て行けば良いのか戸惑ってしまうかもしれませんが、新郎新婦の結婚をお祝いするということは、披露宴も1.5次会も二次会も変わりません。どんな服装で参加すべきかよりもお祝いする気持ちがいちばん大切です。
最低限のマナーを心得て、新郎新婦のおふたりが気持ちよく過ごせるように配慮したいですね。

ぐるなびウエディングで1.5次会プランを探そう!

全国のエリアから探す

1.5次会・ウェディングパーティができる会場をエリアから探そう!都道府県や注目のエリアから検索できます。

関東甲信

関西

東海

九州

北海道

東北

北陸

中国

沖縄

1.5次会・ウェディングパーティを検討している人におすすめ