1. [結婚式・ブライダル] ぐるなびウエディング
  2. 結婚式場
  3. 京都
  4. 嵐山・嵯峨野
  5. 嵐山
  6. 松尾大社で結婚式
  7. 設備

【お知らせ】営業状況につきましては、ご利用の際に会場にお問い合わせください

結婚式

マツノオタイシャ [ 嵐山・嵯峨野 | 松尾大社駅 ]

千古悠久の歴史を誇る松尾大社で神前結婚式
祝宴は和やかにゆったりと

  • 結納・顔合わせ
  • 結婚式
  • 二次会

松尾大社 の設備

見どころポイント

松尾大社の見どころポイント★

松尾大社(松尾さん)の見どころはこちら!
3月後半から参道の“桜”そして4月上旬からは“やまぶき”など春は花の開花が続きます。
広々とした境内でゆったりとした悠久の歴史を感じ取っていただくことができます。
中でも“亀の井”は、その昔より全国各地の酒造家が“お酒造りのもと水”として、また「延命長寿・よみがえりの水」とも云われ、朝早くから取水される参拝者が絶えません。
その奥に位置する“霊亀の滝”は霊験あらたかな有名な“パワースポット”です。

■■ 楼門 ■■

左右に随神を配置したこの楼門は江戸時代初期の作と言われております。
この楼門の随神の周囲に張り巡らせた金網には、たくさんの杓子がさしてありますが、これは“よろずの願い事”を書いて“ここに掲げて置けば救われる”と言う信仰によるもので、いわば“祈願杓子”とも言われております。

□□ 霊亀の滝 □□

元正天皇の和銅七年この谷より「首に三台(三つの星)を戴き背に七星を負い、尾に緑毛・金色毛の雑った長さ八寸の亀」が現れ、左京の人が神主とともに朝廷に参上したところ、嘉瑞として年号を「霊亀」と改元せられ、その亀は元の谷に放たれたという言い伝えで「霊亀の滝」と呼ばれております。
ここに参拝されると何かしらの“霊力パワー”を感じていただけるかも…

■■ 曲水の庭 ■■

平安時代には京の都の守り神として「賀茂の厳神」と「松尾の猛霊」と尊ばれ、松尾大社が全国に名を轟かせこの中世期の時代に最も隆盛を極めておりました。
昭和の名庭園師「重森三玲」先生作庭のお庭は、平安貴族の人々がその当時慣れ親しんだ雅な遊びの場を、艶やかにしかも気高い面影を内に秘めながら、極めて現代風に作庭された“昭和の名庭”です。
四方どちらから見ても美しい“八方美の姿”をじっくりご堪能いただくことが出来ます。

□□ 蓬莱の庭 □□

蓬莱とは不老不死の仙界の意味で、その島にあこがれる蓬莱思想は鎌倉に最も流行し、作庭技術にも採用されました。本庭は、鎌倉時代に代表される回遊式庭園をとり入れたもので、全体が羽根を広げた鶴の形をしています。池泉の周囲を巡り、池に浮かぶ島々を眺め、作庭者の心に触れてみて下さい。

■■ 上古の庭 ■■

神社が建造されるより以前、太古の昔より祭祀が営まれた背後の松尾山の磐座(いわくら)にちなみ、当社ご祭神二柱と追従する神々を巨岩で表し、周囲のミヤコザサは人々の立ち入れない高山の趣を表現しております。

□□ 酒造神 □□

酒造については秦一族の伝承技とされ、桂川に堤防を築き、秦氏に「酒」のという字の付いた人が多かったことからも酒造との関わり合いが推察できます。室町時代末期以降、当神社が「日本第一酒造神」と云われ続ける由来がここにあります。
4月2日の例祭では古くから金剛流の謡曲「松の尾」と茂山社中の狂言「福の神」が奉納されております。

■■ 日本酒の飾り樽 ■■

全国の酒造家より毎年奉献される“酒樽”の数々。
境内の人気撮影スポットの内の一つです。

□□ 神泉 亀の井 □□

古くより湧き出る天然の霊泉、酒造家はこの水を酒のもと水と呼び、これを造り水に混和して使い、また延命長寿、よみがえりの水とも言われ、早朝5時の開門と同時に大勢の地域の氏子の皆さんが取水されておられます。

会食・披露宴

和風会場 客殿

「客殿」 純和風会場

「客殿」はお庭に面したロケーション抜群の純和風会場。本来はお茶室の設計ですが、皆様をお迎えし座敷用テーブルにお座りいただいての会食会場となります。窓越しに仲の良い友人に見守られたり、宴の途中にお庭で撮影もOK…!
テーブルレイアウト含め少人数のご会食からご親族含めて40名様程度のご披露宴まで、いろいろなパターンでの設定が可能です。
“おもてなし”としては最高のシチュエーションをお作りいただけます。
夜の祝宴ではライトアップも…ゲストの方々と共にゆったりと流れる和みの時間をお楽しみください。

松竹梅の間

「松竹梅の間」

「松竹梅の間」は60名様〜80名様の皆様をお招きしての披露宴にお薦めです。
宮中をイメージした会場は、天井も高く気品に満ちた居心地のよい空間となります。神社らしく落ち着いてホッと寛げる雰囲気での中、おいしいお食事と楽しい井部となどで和気藹々とした祝宴が可能です。
京料理 木乃婦の和会席はもちろん老舗洋食店からスペシャリテされた和洋祝膳会席など“おもてなし”のためのお料理を多数ご用意しております。
お二人様でご列席の皆様方にとって最高の想い出となる祝宴をご創造願います。

蓬莱の間

「蓬莱の間」

明るい光に満ちた瑞翔殿2階「蓬莱の間」。
眼下にお庭を見下ろす優雅な洋風披露宴会場。自然光をふんだんに取り入れ、20名様〜50名様程度で質素にご親族様だけで、またご友人も交えての華やかな祝宴にも適しております。天井も高く洋装でのお色直し、手造りDVDの放映なども可能。
和会席から和洋会席まで、バックヤードの厨房で直接調理するお料理のお味も格別です。カラー&フラワーコーディネートにこだわってお二人らしい空間に仕上げてください。

「葵の間」

少人数会食・披露宴に最適な「葵の間」。
「葵の間」はご親族のみのアットホームなご祝宴にお使いいただける会場。
入口壁際には美しいタペストリーが飾られ、4人用の円卓やセンター卓一卓など様々なレイアウトが可能です。デザインされた神社らしくないオシャレな雰囲気を満喫できます。最大30名様までのゲストをお迎え可能です。

ドレスへのご衣裳替えも

清楚な和装から華麗なるドレス姿へのお召し替えも人気です。
ヘアメイクやアクセサリーも全て衣裳室・美容室に揃えております。
結婚式とはまた異なる艶やかな美しさでゲストの方々を魅了してみませんか?

客殿 メイン卓装花

◆・・ 装花 一例 ・・◆

装花によって、会場の雰囲気が100%変わって参ります!
ご要望いただければ担当のお花屋さんと直接のお打合せも可能です。
基本お持帰りいただける卓上装花が中心となりますので、ご列席の皆様へ一つの軽いお裾分けともなり得ます。
新郎新婦お二人を引き立てるために、会場の雰囲気をより一層盛り上げるために、お好みの装花コーディネートでお楽しみください。

この会場が気になったら、まずは気軽に行ってみましょう!

電話番号
050-5489-7077
営業時間 月~土09:00~16:30
日・祝09:00~17:00
定休日 無休
すぐ行けるフェアをチェック!
  • 2021年 8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
この会場が気になったら…
050-5489-7077

電話対応時間について

定休 無休
受付 月~土09:00~16:30
日・祝09:00~17:00(ウエディングデスク)

この会場のこだわり

美味しいお料理で“おもてなし”

京都で脈々と三代にわたり受け継がれ京料理の真髄を探求し続けそして妥協を許さぬ… 詳細を見る

見どころポイント

松尾大社(松尾さん)の見どころはこちら!3月後半から参道の“桜… 詳細を見る

クリップ
スマホに送る

QRコード

スマホサイトはこちら

シェアする
  • 会場情報をメールで送る

    松尾大社(嵐山・嵯峨野/松尾大社駅)

    ※友達に送る場合は、受け取ったメールを転送してください。

    「メールアドレスに送る」をご利用になる方へ

    • ぐるなびからメールをお送りしますので、携帯アドレスに送信する場合は受信を許可するドメインに「gnavi.co.jp」を追加してからご利用ください。また、迷惑メール対策としてドメイン指受信をご利用されることをお勧めします。
    • ご入力いただいたメールアドレスは、本サービスの提供にのみ利用します。弊社はこの情報を上記以外の目的で利用することはございません。