結婚式場検索・結婚式準備情報サイト
結婚・結婚準備

結婚式で「ありがとう」を伝えよう!新婦から両親への感謝の手紙

66
お気に入り
251909
View

親への感謝の手紙花嫁が手紙を読むシーンと言えば、昔から「涙」の印象が強くあるものの、親に“ありがとう”の気持ちを伝える絶好のチャンス、として「やってよかった」と感じる花嫁が多いようです。

身近な親へ、披露宴の席上あらためて感謝の気持ちを伝えるのは意外に難しいもの。手紙は、書き方、読み方、緊張や涙など気持ちの変化にどう対応するかなど、準備をしておくことでしっかりと気持ちを伝えることができます。手紙を書くときのポイントや、文例をベースに、「自分なり」に感謝の気持ちを伝える手紙の内容を考えてみましょう。

感謝の気持ちを率直に

披露宴のゲストが注目し、これまでの思い出が胸いっぱいによぎる中で読む、感謝の手紙。一所懸命書くのはいいことだけど、言いたいことを思いのままに書き連ねると、内容にまとまりがなくなったり、両親やゲストに対して失礼になったりする心配が。「空気を読んだ」手紙にする上でまず気をつけたいポイントをチェックしておきましょう。

  1. 誰が主催の披露宴か考えよう
    結婚式の主催が誰かを考えて 『周囲への公平感』を意識。親が主催(招待状の差出人が親)なら、いきなり感謝の手紙を読み始めるのは、マナー違反。『この場をお借りすることをお許し下さい』などとゲストにひとこと断りを。
  2. 自分の両親だけでなく相手の両親への言葉も忘れずに
    新婦から自分の親へあてる手紙を読む場合でも、その場には両家の親がいるのです。相手の親に対しても感謝の気持ちを伝えましょう。
  3. 父親、母親それぞれに対して公平な内容になっているか
    よく見かけるのは、手紙の内容が母親への感謝ばかりつづっているケース。同じように愛情を注いでくれた父親に寂しい思いをさせることになります。両親それぞれへの感謝は、比重をそろえること。
  4. 身内だけしか分からない内容ではないか
    ゲストも飽き飽きしてしまうような身内ネタばかりが続くのはNG。披露宴という、多くの方に出席していただく席であるということを意識して。
  5. 中身を盛り込みすぎて文章が長くなっていないか
    せっかくの感謝の気持ちや、感動の雰囲気をしらけさせてしまうのが「長い手紙」。基本文例を参考に、適度な長さになるように調整を。

基本文例~文章の組み立て方~

基本文例を読んで、文章の組み立て方をチェック!

導入

(1)ゲストへのお礼・断り
本日ご列席の皆様には、お忙しい中私たちの結婚式へご列席いただきましたことを、感謝申し上げます。そしてこの時間を拝借して、私を育ててくれた両親へ、感謝の一文を伝えることをお許し下さい。
>言い換え文例はこちら

(2)親への呼びかけ
お父さん、お母さん。今日まで26年間、ありがとうございました。皆様に祝福していただきながら、こうして結婚式を挙げることができたのも、あなた方のおかげです。娘として、今のわたしの気持ちをお届けしたいと思います。
>言い換え文例はこちら

展開

(3)エピソードや心境など
思い返せば、小さいころの私は体が弱く、二人に心配をかけてばかりでした。風邪をひいてはすぐに熱を出していましたよね。そんな私をかわるがわる看病してくれたことが、昨日のように思い出されます。

お母さんは、私が元気に育つよう、幼稚園、中学、高校といつもおいしい手作りのお弁当を持たせてくれました。「きちんと食べることは健康の基本なのよ」といいながら、毎日詰めてくれた色とりどりのおかず。特に、得意な煮物は、友人の間でも評判だったんですよ。私は、お母さんのお弁当に詰められていたのは、おかずだけでなく、たくさんの愛情だったような気がします。

お父さん。仕事の忙しい合間をぬって、毎年スキーに連れて行ってくれましたね。あのときの、真っ白な雪山の風景は今でも鮮やかによみがえります。初めてのゲレンデで、怖がって滑ろうとしない私を抱っこして滑り降りてくれたときは、「私のお父さんってすごいでしょ!」と、周りの人に自慢したくなりました。そして、本当はスキーの達人なのに、お父さんは私のそばで、ゆっくりゆっくり滑ってくれましたよね。あのときのように私の成長を、いつでも寄り添って支えてくれたことに、今さらながら感謝しています。
>言い換え文例はこちら

結び

(4)親への感謝
時にはわがままを言って困らせたこともありましたが、いつも温かく、そしてときには厳しく私を見守ってくれたお父さん、お母さんには、どれだけ感謝してもしきれません。
>言い換え文例はこちら

(5)抱負
これから私は、○(新郎の名前)さんと二人で、お父さんお母さんのようにお互いを思いやり、明るく温かい家庭を築いてゆきます。
>言い換え文例はこちら

(6)結びの言葉
最後に、私には○さんとの結婚と同じくらいうれしいことがあります。それは、今日から△(新郎の姓)家の嫁、そして○さんの両親の娘になれることです。まだまだ未熟な私ですが、これからはたくさんの親孝行をさせていただくつもりです。

世界一の、私の4人の両親へ、今日は本当にありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いいたします。
>言い換え文例はこちら

言い換え文例

ニュアンスのことなる言い換え文例もご紹介。まとまりある手紙を目指して!

(1)ゲストへのお礼・断り

  • 文例1
    まず、本日ご出席の皆様へ、この場を借りて私の両親へ感謝の言葉を申し上げるのを、お許しください。(両親が主催者の場合)
  • 文例2
    本日は、私たちのためにたくさんの方にお集まりいただき、感謝申し上げます。お疲れのところではございますが、ここで私から両親へ、感謝の手紙を読ませていただくことをお許し下さい。(新郎新婦が主催者の場合)
  • 文例3
    今日は、緊張すると思っていたけれど、やっぱり緊張しています。まるで大学入試のときのようです。でも、今日はお父さんとお母さんが試験官だから、失敗しても大目に見て下さいね。(緊張しそうな方の場合形式にこだわらず、まず会場の笑いを取り、自分と場を和ませましょう)

(2)親への呼びかけ

  • 文例1
    「○○(自分のニックネーム)」。いつも、お父さんとお母さんは、私のことをそう呼んでくれましたね。小さいころ、大好きだったかわいいニックネーム。大人になってからは、「いつまでも子どもじゃないんだから!」と反発したこともありましたが、本当は私、お父さんとお母さんの愛情たっぷりの、この呼び名が大好きです。だから、学生時代も、就職してからも、自己紹介するときはみんなに「○○、と呼んでください」と言っていました。ですから、今日ここにいる方は、お父さんお母さんがつけてくれたニックネーム、「○○」を知っている人ばかりです。(ゲストや家族に共通の思い出を語る)
  • 文例2
    パパ、ママ、今日まで本当にありがとう。ママとはいつも、いっしょにお買い物したことが思い出されます。人からは「姉妹みたいだ」っていわれてましたよね。パパにはたくさんの愛情をもらい、伸び伸びと、こんなに大きく育ちました。大好きなパパに背丈は追い越しちゃったけれど、心はいつでも小さいころのままです。(新婦が若い場合はこのような表現も可)

(3)エピソードや心境など

>詳細はこちらのページで詳しく紹介します。

(4)親への感謝

  • 文例1
    お父さん、お母さん、今日私は結婚しますが、いつまでもあなた方の娘に変わりはありません。
    これからもよろしくお願いいたします。
  • 文例2
    私は、お父さんとお母さんの娘に生まれて、本当に良かったと思います。
    二人は、私の自慢の両親です。今日までありがとうございました。

(5)抱負

  • 文例1
    これからも、お母さんが教えてくれた「人への思いやり」を忘れず、お父さんが教えてくれた「何とかなるさ精神」で、明るい家庭を作りたいと思います。(両親に学んだことを抱負に入れる)
  • 文例2
    いままでお世話になりどおしでしたが、これからは私と○さんで、たくさんの親孝行ができるように努力します。(恩返ししたい気持ちを語る)

(6)結びの言葉

  • 文例1
    ○○さんのお父さん、お母さん。これからはお二人を「お父さん、お母さん」と呼ばせていただけることを、とても幸せに思います。どうぞよろしくお願いいたします。(新郎の両親に)
  • 文例2
    最後まで泣かずに読もうと思いましたが、やっぱり泣いてしまいました。最後まで心配ばかりかけて、ごめんなさい。そして、つたないあいさつを最後まで聞いていただき、ありがとうございました。(感極まった場合。親、ゲストに向けて)

<取材協力>
安東 徳子(あんどう のりこ)さんマリッジ・ライフ・プランナー 安東 徳子(あんどう のりこ)さん

カップルの結婚式プランニングからウエディング会場のコンサルティングまで手掛けるマルチウーマン。ウエディングプランナーのポータルブログ「ハピナビ」において、『ウエディングからはじまる幸せなマリッジライフ』の相談役として、結婚式準備から新婚生活までアドバイスを展開中。結婚と仕事を両立させるキャリアデザインセミナーも開催し、若い女性達の人気を集めている。 幅広い冠婚葬祭の知識と豊富な海外経験から構築されたユニバーサルなマナー理論には定評があり、フィニシングスクールのコーディネートや「美しい日本人の作法」(宝島社)をはじめとしたウエディング書籍監修の実績多数。美といやしのプロを育てる学校法人中村学園 アイ エステティック専門学校の学校長も務めている。
世界中の婚礼習慣や情報を総合した最新刊『世界のブライダル』はプラザ出版より発売予定。
マリッジライフプランナー 安東徳子 BLOG
学校法人中村学園 アイ エステティック専門学校

再婚で改めて式を挙げるとなるとゲストを招待しづらいと思う方もいらっしゃいますよね。そこで、少人数のラフなお披露目会を提案してみましょう。親族や本当に仲のよい友人だけを招いてゆったりすごせる少人数のウエディング。ゲストが少ないからこそ、改めて一人ひとりに感謝を込めたきめ細やかな対応が可能です。
お食事会ウエディングは、大切なゲストに絞った料理でおもてなしするウエディングです。親族のみでこじんまりと結婚式をしたい方や、ゲストとゆっくり会話を楽しみたい方、お料理でゲストをよろこばせたい方などにおすすめです。
親族や本当に仲のよい友人だけを招いてゆったりすごせる少人数のウエディング。ゲストが少ないからこそ、一人ひとりに感謝を込めたきめ細やかな対応が可能です。 ゲストと1つのテーブルを囲んだり、一緒にお料理を食べながらゆったりとした時間を過ごすことができます。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

結婚・結婚準備ランキング

結婚式で「ありがとう」を伝えよう!新婦から両親への感謝の手紙 ページトップに戻る

結納・顔合わせ前に心も体もキレイに!美容・癒やし・健康を探す

  1. HOWTO記事
  2. 結婚・結婚準備
  3. 結婚式・披露宴準備
  4. 新婦の手紙