結婚記念日

夫のココロに刺さる結婚記念日のメッセージ例文集

0 View

妻から夫へのメッセージ

妻から夫へのメッセージ

結婚記念日に夫に送るメッセージはどのようなものが喜ばれるのしょうか?

インターネットや書籍で探せば、プロが考えた、とても素敵なメッセージの例文をいくつも見つけることができるかもしれませんね。でも、本当は自分の言葉で想いを伝えるのがいちばんのはず。

今回は、アンケートを実施し、実際に送ったリアルなメッセージを集めてみました。ぜひ参考にしてみてください。

初めての結婚記念日だね。これからも苦楽を共にして過ごそうね。好き。(20代)
毎日幸せをありがとう!これからも、お互いを思いやって生きていこうね!(20代)
「ケンカ」もするよね。たくさん話し合ってお互いを理解しあえるようにしようね♪これからも一緒に楽しくいけるといいね。(20代)
結婚記念日おめでとう。いつも、お仕事ご苦労様。この先も、ケンカ多いと思うけどこれからも、よろしくお願いします。(20代)
いつもありがとう。これからも宜しくお願いします。(20代)
出逢って2年がたったね。毎日子育て手伝ってくれてありがとう。仕事も毎日大変だけど、ありがとうね。いつでも愚痴聞くし、たまには頼ってね。今でもずっと大好きだよ!(20代)
いつも私と息子の事をいちばんに考えてくれてありがとう!これからもあなたのために努力してがんばっていくね\(^o^)/(20代)
愛してる(20代)
結婚してもう1年が経ちましたね。なんだかバタバタしててあっという間やったね(笑)来年の結婚記念日には、もう1人家族が増えて3人家族やね!これからも末長くよろしくね。(20代)
結婚記念日おめでとう。子供が産まれて初めての記念日ですね。ちょうど去年の今ごろは、つわりの真っ最中でお祝いのディナーやシャンパン、プレゼントも用意してあげられませんでしたね。それでもあなたは私を攻めたりせず、妊娠がわかってから、つわりのときも、出産のときも、産後のナーバスな時期も変わらない優しさでいつも包んでくれていましたね。今年は私からのプレゼントはふたつ。ひとつは一緒に渡した包み紙の中。もう一つは私たちの横で眠っているこの子です。辛かった出産を乗り越えられたのも、あたながいてくれたから。孤独に生きてきたあなたにとってやっと「家族」と呼べる人を授けてあげられて、私は本当に嬉しいです。これからも夫婦仲良く、楽しくすごせますように。最後になりますが、出会ってからずっと今でもあなたのことを心から愛してます。私のことも愛してくれて本当に本当にありがとう。(20代)
いつも家族のために仕事を頑張ってくれてありがとう。休みの日は家族サービスもありがとう。喧嘩したり苦しい事や悲しい事もあるけど、それ以上に楽しい事がいっぱいです。結婚して良かった!これから先もずっと一緒にいようね。家族で幸せを増やしていこうね。大好きです。(20代)
5年目も一緒に迎えられました。家族がふたり増え楽しい日々を過ごせています。これからもにぎやかに私たちらしく行きましょう。(30代)
あなたと結婚出来て私は毎日幸せです。結婚して本当によかった。毎日仕事ご苦労様。(30代)
これから子供が生まれてパパとママになっても、おじいちゃんおばあちゃんになってもずっと仲良くしようね。(30代)
いつもありがとう。(30代)
結婚してから楽しいことが増えました!娘も生まれ大変だけどパパ業とママ業お互い頑張っているよね!この先オバサンになってもおばあちゃんになっても手をつないで一生そばにいてください。そしていつでもあなたの笑顔が見たいです。(30代)
生まれてきてくれて、出会ってくれてありがとう。そして世界一優しいあなたを世界一ステキな男性に育ててくれたお義母さんにも心からありがとう。いつも守ってくれるあなたを、これからは私が人生をかけて守っていきます。どうかずっとずっと元気で私の手を握っていてください。(40代)
いつも笑わせてくれてありがとう。また1年、よろしくね...(40代)
いつも家族のために遅くまで働いてくれてありがとう。あなたのお陰で家族みんなが幸せで暮らせています。これからも身体に気をつけて、働いてね。来年の結婚記念日も家族で幸せなひと時にしようね。(40代)
あなたと出会えて幸せです(40代)
いつもありがとう、あなたは100点になれるお方です。これからも素敵でいてください。(50代)
子供たちの父親でいてくれてありがとう。(50代)

夫から妻へのメッセージは一言でシンプルなものが多かったのですが、逆に妻から夫へのメッセージは、一言で表現しているものは少なく、みなさん、想いを数行書いて伝えているようですね。

これらのメッセージを受け取った夫の反応は、「微笑んでいた」「照れていた」「ニヤニヤしていた」などが多く、身体全体で喜びを表現するというよりは、ご自身の中で喜びを受け止めている方が多いようです。

男性のほうが恥ずかしがり屋の方が多いのかもしれませんね。なかには、

  • 翌日は珍しく朝食を自分で作り、振る舞ってくれ仕事帰りにしばらくおやつを買って帰るようになった。
  • 子供の世話をしなかったのにイクメンになってくれました。
  • 数日後にサプライズでケーキを買って来てくれた!
  • しばらくいつも以上に元気に仕事に行ってくれました。
  • 少しの間だけパチスロに行かないでその代わりにふたりで出かけた。

など、次の日からの行動に変化が現れた旦那様もいたようです。嬉しい変化ですね!

おわりに

男性は、喜びを直接表現するのが苦手な人が多いです。ただし、その時には、あまり反応が良くなくても、きちんと想いは伝わっていますので、その後に気持ちのお返しをしてくれることがあります。結婚記念日は、出し惜しみせず、夫への普段の感謝の気持ちを言葉にして伝えてみませんか?

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。