結婚記念日

何をしよう?結婚記念日の過ごし方

0View

結婚記念日の過ごし方

結婚記念日は、ふたりの愛を確かめ合い、お互いを感謝しあう、大切な記念日。ただなんとなく過ごすのでは、お互いの気持ちを確かめ合えず、すれ違いの原因になってしまうことも。数ある結婚記念日の過ごし方を知って、これからの結婚記念日にはスペシャルな一日を過ごしてみませんか?

おいしいものを食べる

まずいちばんに思い浮かぶのが、レストランでのアニバーサリーディナー。例えば、レストランウエディングをしたふたりなら、その会場で。記念日レストランを決めて、1年に1度の楽しみにしたり、話題の名店へ足を運ぶのもいいでしょう。おいしいものは、人をしあわせな気持ちにさせてくれます。そのしあわせをふたりで分かち合いながら、感謝の気持ちを伝え合ってみては。

ウエディング写真を撮る

結婚式をしていないふたりにオススメなのが、ウエディング写真を残す記念日の過ごし方。最近では、子どもも一緒の撮影プランもあるので、ふたりだけでなく家族での撮影でもOK。毎年必ず撮影をする......というのも、年輪を重ねるようでロマンティック。

贈りものをする

感謝の気持ちを伝えるのにもってこいなのが、贈りもの。結婚してしまうとどうしてもお互いが日常になってしまいますが、相手のことを、「何がほしいだろう?」「何が好きだったっけ?」なんて考えながら贈りものを選ぶのはとても楽しい時間。相手のことを改めて考える時間にもなります。男性にとっては、年を重ねれば重ねるほど、気恥ずかしくなりがちですが、小さな花束でも心を込めて選んでくれたのならうれしいもの。

セカンドプロポーズをする

結婚後に改めて「一生を共にしたい」という気持ちや相手への感謝、愛情を、記念日などに伝えること。かしこまった雰囲気にする必要はありませんが、ディナーの時や贈りものを渡すときなどに、一言添えると、女性はそれだけで胸がキューーーンとするものです。「ありがとう」の気持ちを素直に伝え合いましょう。

旅行に行く

リゾートウエディングや海外ウエディングをした方、旅行好きなカップルなどは、記念日ジャーニーを楽しんで♪ 子育て中の場合には近場の温泉などでもいいでしょう。日常を忘れ、新婚気分を味わえるはず!

ふたりで決めたイベントをする

その他にも、「結婚記念日には手作りケーキを焼く」「結婚記念日にはお高い食器をひとつ買う」など、ふたりだけのイベントごとを決めて、積み重ねていくのもすてき。結婚記念日には、できるだけふたりで過ごしたいもの。まわりの協力なども仰ぎながら、心に残る過ごし方をアレンジしてくださいね。

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。