顔合わせ

顔合わせに手土産は必要?手土産の選び方・渡し方について

0View

m01386

手土産は必ず用意するべき?

顔合わせは、両家がはじめて出会う大切な場。「これからよろしくお願いします」というご挨拶の意味を込めて、両親同士が、手土産を渡し合うことが多いようです。

ただし、しきたりや慣習を大切にしたい家もあれば、形式張らずにカジュアルにしたい家もあります。ふたりだけで判断せずに、それぞれが両親にも相談の上、手土産を用意するかどうかを決めるのが良いでしょう。

●レストランや料亭などで顔合わせをおこなう場合

手土産を用意するかどうかは、あらかじめ話し合い、両家で足並みをそろえるのが良いでしょう。また、必ず手土産を用意しなくてはいけない、という決まりはありません。

●自宅で顔合わせをおこなう場合

訪問する側は、礼儀としても手土産を持参するのが良いでしょう。また、訪問を受ける側は、足を運んでもらったお礼の意味を込めて、手土産を用意することもあります。

「一方だけが手土産を用意していた...」「相手の手土産が豪華すぎた...」など、両家の間に気まずさを生まないためにも、さまざまな事情を踏まえて、どの形がベストなのかを考えていきましょう。
※両家ともに遠くまで足を運んでもらう場合は、ふたりから両家への手土産を用意するのも良いでしょう。相手の両親に会える機会が少ない場合は特に、話のきっかけにもなり、場の雰囲気もより和らぎます。

>>全国の顔合わせのおすすめ会場はここからチェック!

手土産の選び方

手土産を渡すなら、やはり相手に喜んでもらえる品を選びたいもの。特に両親が用意する場合は、会ったことがない相手に、失礼のない物を選ばなくてはいけないため、過度に気をつかってしまいがちです。お互いが良い印象からお付き合いを始められるよう、しっかり相談して考えていきましょう。

●一般的な手土産は?

菓子折りや洋菓子などの食品、こんぶなどの縁起が良いとされるものが一般的です。特に両家が異なる地域から集まる場合は、地元の銘菓、特産品などを持参することが多いようです。また、相手の家に伺う場合でもない限り、生ものや日持ちのしないもの、かさばるものなどは避けましょう。

●事前にリサーチしましょう!

相手の好きなものや苦手なもの、家族構成などを事前に調べておくと、手土産選びもうまくいきます。相手側の両親が孫と同居しているのであれば、大人と子どもが一緒に楽しめるものなども喜ばれるでしょう。

ひとつ注意しておきたいのが、手土産の購入場所。気持ちを込めて選んだ手土産であっても、購入した場所が会場近くだと、間に合わせで用意した印象を持たれてしまうかもしれません。余計な誤解を生まないよう、あらかじめ準備しておきましょう。
※熨斗(のし)については、当日に作りたい雰囲気や手土産の内容に合わせて決めましょう。購入するお店の人に聞けば、熨斗なし、無地熨斗に結び切りの水引など、より良い形を提案してくれるはずです。

>>全国の顔合わせのおすすめ会場はここからチェック!

手土産の渡し方・タイミング

手土産を渡すのは、はじめのご挨拶のタイミングが最もスムーズです。会場となるお店の前ではなく、部屋に通されてきちんとご挨拶をしてから渡しましょう。

相手の自宅に伺う場合も、玄関先で渡すのはNGです。ただし、すぐに冷蔵庫に入れたほうが良いものなどは、その限りではありません。また、場の雰囲気を見て、食事が終わった後に渡してもかまいません。

手土産は、内容もさることながら、渡すときに添える言葉によっても、伝わる印象が変わるものです。「これ良かったら...」と言うだけでなく、「甘いものがお好きだと伺ったので」「地元の銘菓を、ぜひ召し上がっていただきたいと思いまして」などと、選んだ理由を添えると良いでしょう。そうすれば、話のきっかけにもなり、和やかな雰囲気の中で顔合わせのスタートをきれるはずですよ。

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。