顔合わせ

顔合わせの準備と段取り

0View

はじめに

053-3429

両家が揃ってはじめて会う機会である「顔合わせ」は、お互いの両親をよく知ってもらい、仲良くなるための第一歩。好印象を残せば、以降の結婚準備もスムーズに進むので、ぜひとも成功させたいもの。ゆったりとおいしい料理を楽しめるようプロデュースするのがポイント!

顔合わせって何をすればいい?

顔合わせとは、お互いの両親を初めて引き合わせ、ふたりの婚約の意志を確認する、まさに結婚準備の第一歩。両家の家族が正式に顔を合わせて、食事などをともにしながら親睦を深める意味があります。特に決まり事はないので、アレンジは自在。

結納をおこなう前に顔合わせの機会を設けて、結納について相談をする場合もあれば、結納の簡略型として顔合わせのみで婚約の意味をもたせる場合もあります。現在の顔合わせの主流は、ホテルやレストランなどでの食事会。「顔合わせプラン」を用意している会場もあるので、活用してみましょう。

結納と違って自由な顔合わせは行き違いが発生しがち。以下の、顔合わせを行う際に気をつけたいポイントは、必ず押さえましょう。

ここを押さえて顔合わせの計画を

  • 自分たちと両親のほかに出席者を増やすかどうか
  • 日取りはお日柄にこだわるか? スケジュール優先か?
  • どんな会場で行うか、下見をしてから決定すること
  • 当日の服装
  • 料理は両親の好みにあっているか食べられないものがないかチェック
  • 話題づくりのために両家の基本情報を押さえる

事前にここを決めておけばスムーズ!

  • 手土産を持参するか
  • 費用は誰が持つか
  • 進行役を決めておおまかな流れを設定する
  • 婚約記念品を交換するか、婚約セレモニーを行うか
  • 結婚式の日取りや希望スタイル
  • 顔合わせ以降の簡単な準備スケジュール

NGポイントからみる成功の秘訣

ここまできたら、成功まではあと一歩! 以下では、実際に先輩花嫁が体験した顔合わせのNGポイントから、成功するための秘訣を紹介します!

ふたりの顔合わせではNGのないように事前の入念な準備を心がけましょう。

1. 最初が肝心! 両家揃っての挨拶で

× ここがNGポイント!
「彼の両親と私の両親の服装がバラバラ!」
「お気遣いなしでと言ったのに彼の側だけ手土産を持参!」
「出入り口そばの狭いテーブルに案内されてしまった......」

○ これで成功!
両家のバランスが揃うように、最低でも当日の服装と手土産の有無を確認。それぞれが名産品などを用意すれば話題も広がります。また、大事な席なので、ランチセットやビュッフェは避けて、できれば個室でゆったりとコース料理を。予約時に「結婚が決まり、顔合わせのための食事会です」とひとこと伝えておけば、お店側も配慮してくれるはず。

2. 美味しいものを食べながら和やかに、のつもりが

× ここがNGポイント!
「お洒落なフレンチにしたら使い慣れないカトラリーに両親がモタモタ」
「ネットで評判のレストランのはずが、料理もサービスも今イチ......」
「記念品交換など、特にイベントをしなかったため、結局食べるしかなかった」

○ これで成功!
いくらいいお店でも両親が戸惑ってしまうようではNG。会場選びは両親の趣味や好みに合った店を、また初めてのお店を選ぶなら必ず下見をしましょう。当日は、緊張も手伝って話題が尽きてしまうことも。そこで、婚約記念品の交換などを取り入れるのが一般的。男性が婚約指輪、女性は腕時計など実用的なものを用意して、食事前か食事後に改まって行うとよいでしょう。

3. 歓談タイムで盛り上がりたかったのに...

× ここがNGポイント!
「そのうちに、酔っぱらった彼のお父さんが結婚の心得を長々と演説し始めた!」
「カメラを忘れた!」
「会計時に母親たちが、自分が払うといって押し問答に」

○ これで成功!
乾杯の音頭は彼のお父さん、食事が始まったら自己紹介、一区切りついたら挙式&披露宴のことを切り出す......など、ある程度の進行を考えておきましょう。締めくくりは全員揃っての記念撮影で。お店のスタッフにお願いしておくとスムーズです。支払いは両親を招待したと考えれば自分たちで折半して負担するのがベター。会計はお開き近くにさっとすませてスマートに。

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。