顔合わせ

顔合わせの段取りスケジュール~その10~<しっかり締めよう>

0View

顔合わせの締め方顔合わせ食事会も、デザートタイムが終わればそろそろお開き。楽しい時間はあっという間に過ぎ去ってしまいますが、ダラダラするのは御法度。「じゃあ、そろそろ......」なんて親に言わせる前に、ふたりがきっちり締めましょう。

終わりよければすべてよし!

食事会は、どんなに長くても2時間くらいでそろそろ頃合い。そろそろだな、と思ったら、ふたり並んで締めのご挨拶を。「今日はありがとうございました」という感謝の気持ちと、「まだまだ未熟ですががんばります」という結婚に向けた気持ち、そして「これからもお力添えをお願いします」という気持ちをふたりなりの言葉にして伝えましょう。
男性側の父親が挨拶する方が顔が立つ場合は、それでもかまいません。両家が結婚式はもとより、これからのご縁に期待が持てるよう、しっかりまとめましょう!

支払いはスマートに

その場で「私が出す」「いや私が」というやりとりは避けたいもの。事前に決めておいた支払い方での精算になりますが、お会計自体は食事が終わるまでにふたりで先に済ませておくのがスマート。さりげなく、お手洗いついででもいいので、席を外した際に済ませるといいでしょう。
折半の場合は、後日精算でもいいと思います。
また、会場を出るときには、改めてお互いの親に今日のお礼を伝えます。さらに「これからもよろしくお願いします」の気持ちを込めて握手を交わしてもいいでしょう。
会場スタッフにもきちんとお礼が言えると好感度さらにアップ!

2軒目選びは慎重に

両家が打ち解け、「もう一軒寄りましょう」という話になった場合、近くの店や、駅の近くなど帰りやすい場所を選びましょう。特に昼間の場合、お酒が呑めるところが限られるので、なかなか見つからないことも。事前にある程度予測し、下調べしておくといいですね。
ぜひ、両家の交流を深めて、スムーズに結婚準備を進めましょう!

全国の顔合わせ会場から探す
http://wedding.gnavi.co.jp/kaoawase/kaoawase_serp.php

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。