結婚・結婚準備

結婚式にまつわる持ち込み料を無料にするポイントは?

0View


ふたりの理想の結婚式を叶えるため、会場の提携業者ではないショップなどで購入、または手作りしたアイテムを持ち込みしたい!
そんなときに気になるのが持ち込み料。誰もが、できれば払いたくないと思うとは思いますが、上手に無料にする方法を考えてみました。

持ち込み料って?

持ち込み料とは、会場が提携している業者やショップ以外で、ウエディングアイテムを購入、または使用する際に、追加請求される金額のこと。外部から持ち込むアイテム、ということで、持ち込み料といいます。

提携業者やショップでお気に入りのものが見つからないからといって、持ち込み料を気にせずにいると、数十万の持ち込み料がかかることも!

持ち込み料がかかるもの

実際に、どんなものに持ち込み料がかかるかというと、

・ドレス&タキシードなどの衣装
・引き出物&引き菓子
・ペーパーアイテム
・ブーケ&ブートニア
・会場装花
・ヘアメイク
・司会者

などに持ち込み料が発生する場合があります。まずはどんなものに持ち込み料がかかるのか、会場にきちんと確認しておきましょう。

持ち込み料を無料にする交渉術

実は、見積もり時点であれば、持ち込み料を無料にするスキがあるのです。

見積もり段階なら会場側も、ふたりに本契約してもらいたいがために、多少のワガママも見逃してくれることが。つまり、持ち込み料がかかるものにこだわりがあるのなら、会場選びと同時進行でそのアイテムのお気に入りを探しておく、という先回りが必要になります。
その上で、見積もり時に「実は、これとこれを持ち込みしたいんです」と交渉します。理由が明確であればあるほど、要求を呑んでくれる場合もありますし、逆に、提携の中で同じかもしくは似たアイテムを割引価格で提案してくれることもあります。

また、「当日持参のもの」「手作りアイテム」「友人や親族からのプレゼント」などは持ち込み料がかからないことが多いので、会場に確認のうえ、上手に使うといいでしょう。

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。