結婚・結婚準備

ペット同伴でのウエディングで注意すべきこと

0 View

2016/11/17 Thu

ひとすぎ さゆり

ペット同伴でのウエディング

ペットと一緒に結婚式を楽しみたい!ペットを家族の一員と考えるふたりなら、ペット同伴のウエディングは一生の思い出に残る素晴らしい時間になるでしょう。と同時に、ペットも生き物ですから、特に注意したいことがあります。

まず第一にゲストに配慮を

ペットは家族、というのには代わりはありませんが、やっぱり結婚式はゲストへの感謝の気持ちを表現し、おもてなしをする場。例えば、ゲストの中には動物が苦手な方や、そもそもペットと一緒の結婚式というものに抵抗を感じる方もいるかもしれません。まず第一に、ペット同伴でウエディングを行う旨を、招待状に記載することを忘れずに。また、特に動物が苦手なゲストには直接事前に承諾を得ておく、ペットの近くの席を避ける、など配慮が必要です。

結婚式の間、お世話をしてくれる人をお願いする

人間だって、2時間もじっとはしていられません。ペットならなおさらじっとしていることは難しいはず。どうしても、ペット同伴のウエディングの場合は、結婚式の間中、粗相のないようにお世話をしてくれる人が必要になります。家族に頼んでもいいのですが、結婚式は家族にも楽しんでもらいたいので、できれば、ペットシッターを雇うなどして、誰もが心から結婚式を楽しめるようにアレンジするといいでしょう。

会場に迷惑をかけない工夫を

また、ペットの性格によっては、初めての場所に興奮してしまい、落ち着かない場合もあるでしょう。ゲストに吠えたり、会場で粗相をしたり、ものを壊したり、傷をつけたり、などがないよう、性格的に「不向きだな」と思う場合は、いくら参加してほしくても、断念した方がいいでしょう。その分、前撮りに参加してもらうなど、思い出作りのアイデアはたくさんあるはずです。

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。