料理・レシピ

簡単にできて、失敗なし!夏バテ防止に効く麻婆茄子

0View

夏バテ防止に麻婆茄子

男性人気の高いモリモリおかず♪ ホメられ料理のひとつになりそう

みなさん、こんにちは。
今年の夏は、ラニーニャ現象の影響で、猛暑になる見込みだそうですね。ラニーニャったら、かわいらしい名前なのになんとうれしくない影響を与えてくれるんでしょう。婚活に励む皆さんも、水分補給をしっかりして、熱中症予防をしてくださいね。

そして、それに加えて考えておきたいのが、食事による夏バテ予防。
今後、結婚したら家族の健康管理も大切な仕事のひとつになります。そのときになって「どうしたらいい?」とアワアワするよりも、今から自分のために"健康を保つ食生活"を考えるクセをつけましょう。これから訪れる猛暑に負けない身体を保つには、どんな生活を心がければいいのか......働く婚活女子にとって、最初は面倒かもしれませんが、今の生活にひとつだけでもプラス(あるいはマイナス)して、健康にいいことをしてみましょう。コンビニで飲み物を買うとき、冷たいジュースでなくあたたかいお茶を選ぶ、でもかまいません。おにぎりだけの食事ではなく、そこに野菜の煮物を加えるだけでもいいと思います。考えることで、食生活はすこしずつ変わります。すると身体も変わってきます。身体は食べたものからできているのですから。

そんな婚活女子にぜひ身につけてほしいレシピが「麻婆茄子」。茄子は夏バテに効果の高い夏野菜の代表格。それを香味野菜と豆板醤で炒めた人気の中華料理です。夏野菜、生姜、にんにく、唐辛子、酢、と、夏場に積極的に摂りたいものがぜーんぶ入った優れもの。今回は、テレビなどでも人気のプロのシェフに本格的な「麻婆茄子」の作り方を教えていただきました。合わせ調味料を使うので、手順も簡単。得意料理のひとつにしたいですね。

材料・調味料(2人分)

【麻婆茄子(茄子の唐辛子甘酢炒め)】

長茄子......2本 くし切り(半分に切り上部4等分、下部6等分で均一)
豚バラ肉......50g 1cm幅に切る
豆板醤......小さじ2
生姜......小さじ1 みじん切り
にんにく......小さじ1 みじん切り
鶏ガラスープ......大さじ3
サラダ油......適量

◆調味料 すべて合わせておく
├醤油......小さじ1/4
├塩......ひとつまみ
├砂糖......大さじ1強
└紹興酒......小さじ1

◆仕上げ
├青ねぎ......大さじ2 みじん切り
├水溶き片栗粉 小さじ1
└黒酢 小さじ2

作り方(調理時間:約15分)

【STEP1】素揚げする

茄子の水分をよくふき取って、180℃の油で少し焦げ目がつくまで素揚げする。家庭では油の量に応じて2~3回に分けて揚げる。


【STEP2】豚肉を炒める

鍋にサラダ油をひいて火にかけ、豚肉を炒める。


【STEP3】豆板醤、生姜、にんにくを追加して炒める

豚肉の色が変わったら、豆板醤、生姜、にんにくを加えて中火で炒め、香りが立ってきたら鶏ガラスープを加える。


【STEP4】調味料を加え茄子を入れて

調味料を加え、油をきっておいた茄子を入れて軽く煮る。


【STEP5】水溶き片栗粉でトロミをつける

青ねぎを加え、水溶き片栗粉でトロミをつける。


【STEP6】黒酢を加えて仕上げ

仕上げに黒酢を加えて完成。


確実に彼を落とすためのおせっかいメモ

シェフからのアドバイス

本来四川で知られているのは、豆板醤ではなく、生きたフナを入れて発酵させた唐辛子のピクルスを使用し、茄子のみで作る「魚香茄子」という料理。これが日本でアレンジされて「麻婆茄子」になりました。

茄子は柔らかいほうがトロッと仕上がるので、米茄子など硬いものより長茄子などがおすすめです。家庭で素揚げをするときは、高温を保つために少量ずつ揚げましょう。

※素揚げする茄子は、油がはねる心配があるので、洗ったあとキッチンペーパーなどでしっかり水分をふき取りましょう。嫁入り前にヤケドの痕が残ったら大変!

※茄子と油の相性は抜群!素揚げをするだけでグンとうま味が増します。ただ、揚げる時間が短いと油を吸うだけでべちゃべちゃになってしまうので、焦げ目がつくまで揚げること。色合いをしっかり見極めて。

※ごはんがすすむこってりおかずですが、ビールやお酒にもピッタリ。ささっとつくって、女子力の高さをアピールしましょう!

中華料理で話題性のある結婚式を。料理にこだわったウエディングなら!
>>>>>おいしいお料理が最高のおもてなし
<この料理を教えてくれたシェフ> 中国菜 老四川 飄香 井桁シェフ

中国菜 老四川 飄香 井桁 良樹 シェフ

1971年千葉県生まれ。高校卒業後、調理師専門学校で中華料理を学び、「四川料理 岷江」に8年間勤務したのち、名店「知味斎」を経て、単身中国へ。上海、成都にて街場の中国料理店やホテル内レストランなど数店舗で2年間修業に明け暮れ、500以上のレシピを習得する。帰国後3年半の準備期間を経て、2005年4月独立し代々木上原に「飄香」をオープン。2012年に現在の麻布十番に移転。
店名の「老四川 飄香」(ラオシセン ピャオシャン)は「昔の四川が漂い香る」という意味。伝統料理から家庭料理まで、現地で学んだ「本場四川の味の伝承」をモットーとしている。

→→→このシェフのほかのレシピを見る!
シェフごはん
<情報提供元>シェフごはん
「シェフごはん」は、シェフが皆さんの家庭料理を提案するサービス。経験を積んだシェフが、あっと驚くアイデアや、今まで知らなかったコツを加えたレシピを紹介します。人気のシェフのレシピをモノにして、料理の腕をあげちゃいましょう!

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。