結婚・結婚準備

我慢をせずに上手に節約。結婚式をお得に叶えよう!

0View

結婚式をお得に

たしかに、結婚式には何かとお金がかかります。1アイテムにかかる料金も100円単位というわけにはいかず、万単位になることもザラにあります。だから見積もりが進むとだんだん感覚が麻痺してしまい、気づいたら見積もりがグーンとアップしていた、なんてことも少なくありません。だからこそ、しっかり見極める目をもって、準備に挑みましょう。無駄な出費を控え、上手に節約するポイントを紹介します!

会場の言われるがままにならないこと

まず、どんなに親身になってくれる会場だとしても、結婚式はビジネス。どんなに気が合うプランナーとしても、身内ではないので、本来必要がなくても追加アイテムやサービスを勧めてくることは多々あります。少しでも無駄な出費を控えたいなら、まず会場の言われるがままにならないことが大切です。それがどんなに素敵で、理想に近いものでも、「本当に必要かな?」「料金が見合っているかな?」「他の手段でもっとお得にそれを叶えることができないかな?」という客観的な視点を常にもつこと。もちろん、スムーズな結婚準備を叶えるために、プランナーと信頼関係を構築していくのも大切なことなので、度を超して懐疑的になることはありませんが、頼り過ぎも禁物。バランスよく取捨選択を進めましょう。

あらかじめ、理想をしっかり固め、優先順位を決めておくこと

取捨選択をするにあたって大切になるのが、ふたりの間の共通認識をしっかりもっておくこと。「どこで式を挙げるか」「どんな結婚式にしたいか」「どうしてもやりたいこと」「見積もりによってはあきらめてもいいこと」「自分たちの力でやること」などをはっきり決め、叶えたいことはリストアップし、優先順位をつけておくといいでしょう。イメージだけで考えるより、実際アイテムをリストアップすると、やりたいやりたくないがはっきり明確になります。

情報を広くキャッチすること

情報過多の現代ですが、結婚準備には逆にありがたい時代。雑誌だけでなく、インターネットを大いに活用して、自分たちの叶えたい結婚式を叶えるための情報を余さずキャッチするようにしましょう。口コミなどは、ひとつのアイテムに対してひとつの見方だけでなく、あらゆる方向からの視点を得られるので、のちのちのガッカリを避けることができます。ただし、インターネットの情報も鵜呑みにはせず、最終的には自分たちの目で、感覚で、確かめることを忘れずに。

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。