料理・レシピ

クリスマスディナーをしめくくるは、とっておきのツリーケーキ☆

0View

市販の材料を使うからとっても簡単!なのにお味は本格的♪

クリスマスケーキ

もういくつ寝るとクリスマス♪なんて歌を口ずさみたくなる今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

12月はこれまで、クリスマスディナーにピッタリのメニューをご紹介してきました。ホームパーティで、ふたりきりディナーで......シチュエーションによって、ナイスでベストなメニューがあるとは思いますが、今回はクリスマスディナーをしめくくる、スイーツのレシピをご紹介します。

スイーツって、普通のコースメニューでも期待値が高まるものだけど、クリスマスだったらなおさら、ですよね。でも、意外と多いのが「ごはんのおかずならできるけど、お菓子は苦手」とか「スイーツを作ろうなんて思ったことがない」とかいう声。えぇ、私もそうなんです。調理は得意ですが、もっぱらおかずのみ。スイーツは大の苦手なんです。
というのも、きっちり計量しなければならなかったり、きっちり泡立てなければならなかったりするから。

そして、できあがるまで正否がわからないところが怖いんですよね~。おかずなら、途中で味見して調整できます(笑)とはいえ、クリスマスですもの、デザートだって主役!と言っても過言ではないほど大事。せっかくなら手作りしたい、そして家庭的アピールしたい、あわよくばプロポーズへ!と思っているならなおさらです。というわけで、失敗が限りなく少なく、でも、手作り感いっぱい♡しあわせ感いっぱいなスイーツのレシピをご紹介します。

市販のものを多用しているので、味の心配はご無用! 大事なのは、盛りつけのセンス。だから、彼からの「おおおおおおおっ!」という驚嘆の声が聞きたかったら、盛りつけを美しくすることを心がけましょう。案外多いスイーツ男子はそのセンスにメロメロになるはずですよ!甘~いスイーツとともに、甘~い聖夜をお過ごしください。メリークリスマス♪

材料・調味料(2皿分)

【メリークリスマス!!みんなでクリスマスツリーを食べようよ!】
◆チョコレートパルフェ
├スイートチョコレート......40g 溶かす
├牛乳......30cc 沸かす
├生クリーム......100g 6分立て
├くるみ......10g ロースト
├レーズン......10g ラム酒に漬ける
└オレオクッキー......1枚 半分に分ける
◆チョコレートのツリー
├スイートチョコレート......30g
├オレオクッキー......2枚 4分の1カット
└生クリーム......50g 8分立て
◆ママレードソース
├ママレード......28g 電子レンジで沸かす
└オレンジジュース......20cc 電子レンジで沸かす
◆盛り付け用
├カラーチョコ......適量
├粉糖......適量
├イチゴ......3個
└ベリー類......適量

作り方(調理時間:約30分)

【STEP1】

<チョコレートパルフェ>溶かしたチョコレートに沸かした牛乳を入れ、よく混ぜる。6分立ての生クリームを加え、ラムレーズンとくるみも合わせる。

【STEP2】

step2

市販のヨーグルトやプリンの容器などを再利用して、STEP1のパルフェを流し込み、オレオクッキーで蓋をして冷凍する。

【STEP3】

step3

<チョコレートのツリー>バットにラップを引きスプーンを使って、溶かしたチョコレートを放射状に広げる。4種類の大きさのものを作り、冷蔵庫で冷やし固める。

【STEP4】

step4

チョコレートが固まったのを確認してから、生クリーム、オレオクッキー、生クリームの順に4段重ねてツリーを作る。ツリーができたら盛りつけるまで冷蔵庫で冷やしておく。

【STEP5】

step5

<ママレードソース>オレンジママレードとオレンジジュースをボウルに入れ、電子レンジで加熱する。

【STEP6】

step6

<組み立て>冷凍庫からパルフェをとり、お皿に盛り付ける。周りにイチゴやベリーを飾り、オレンジのソースをまく。

【STEP7】

冷蔵庫から取り出したチョコレートツリーに、チョコスプレー、粉糖をかける。パルフェの上にチョコレートツリーをのせ、完成!

確実に彼を落とすためのおせっかいメモ

シェフからのアドバイス
チョコレートを牛乳でのばすことにより、生クリームと合わせたときの失敗が少なくなります。生地がゆるめにあがっても、氷菓なので初めての方でも大丈夫。チョコレートのツリーはラップの上にスプーンで伸ばし、冷やし固めるので、ご家庭でも作れます。市販のクッキーを最大限に利用してください。

※みんなが集うパーティなら、ツリーはみんなで作るのが断然楽しい! ふたりきりなら、こっそり作っておいて、彼を驚かせて。市販のものを最大限に活用し、手間と言えば生クリームの泡立てくらい......?なレシピなので、ぜひ盛りつけにこだわって。
※純白のホイップクリームや粉糖で雪のクリスマスを表現。アイデア次第で盛りつけは自由なので、こだわり派の方は素敵なクリスマスの風景を表現してみて! センスがモノを言いますよ♪

「老若男女みんなに喜ばれる」......これが基本だと思うの。
>>>おいしいお料理が最高のおもてなし
<この料理を教えてくれたシェフ>シェフ

「ウェスティンホテル東京 ザ・テラス」 鈴木 一夫 シェフ
1967年、神奈川県生まれ。専門学校卒業後、「ヒルトン東京ベイ」、「ロイヤルパークホテル」に勤務。「ラ・ポム・ヴェール」シェフパティシエを経て、2000年「ウェスティンホテル東京」エグゼクティブペストリーシェフに就任。同ホテル「ザ・テラス」のデザートブッフェを手がけ、多くのスイーツファンを魅了する。今回は、「ご家族やご友人にふるまって、お菓子の楽しさを知ってほしい」と、お菓子づくりのために購入した材料が使いきれる、初心者が作りやすいレシピを提案。
→→→このシェフのほかのレシピを見る!

ロゴ
<情報提供元>シェフごはん
「シェフごはん」は、シェフが皆さんの家庭料理を提案するサービス。経験を積んだシェフが、あっと驚くアイデアや、今まで知らなかったコツを加えたレシピを紹介します。人気のシェフのレシピをモノにして、料理の腕をあげちゃいましょう!

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。