結婚・結婚準備

「茶婚式」ってなんだ?

0View

茶婚式

「和装の結婚式」って素敵。そんなふたりに、もっとこだわった和の結婚式をしてほしいから、オススメしたいのが「茶婚式」。「お茶で結婚式?」......そのネーミングからはどんな結婚式かわかりにくいですよね。そこで、茶婚式とはどんなものか、調べてみました。

茶婚式とは、どんなスタイル?

茶婚式とは、茶道の精神に則って行われる婚礼儀式のこと。宗教にとらわれないのが特徴で、その点では人前式と同じようなスタイルになりますが、内容をじっくりみると、神前式の儀式も取り入れられており、人前式のようなカジュアルさよりも、きちんと感の方が際立っています。

茶道の精神、といってもどういうものかピンとこないと思いますが、茶道における心得を示した「一期一会(人との出会いを一生に一度のものと思い、相手に対し最善を尽くす)」「和敬清寂(主人と客が互いの心を和らげてつつしみ敬い、茶室の品々や雰囲気を清浄な状態に保つこと)」という精神・境地を元に、両家が心より和し、敬い合うことを説いています。

挙式の内容は?

家族で濃茶をいただき、お茶菓子をいただく、という茶道の一連のお茶会の流れを元にしているため、以下のような流れになります。

・参列者着座
 ↓
・新郎新婦着座
 ↓
・濃茶点前
 ↓
・夫婦固めの儀(茶人が点てたお茶をふたりで飲み交わす)
 ↓
・誓詞奏上(新郎新婦が誓いのことばを、声を合わせて読み上げる)
 ↓
・親族固めの儀(参列者全員でお茶をいただく)
 ↓
・指輪交換
 ↓
・新郎新婦 両家両親一礼
 ↓
・退席

お茶とお茶菓子をいただくことで家族がひとつになる実感を味わえる......なんだかほのぼのとして、日本人らしくていいですね。神前式のお神酒が苦手な人にもぴったりです。

会場選びのポイント

お点前を披露できる環境が必要となるので、茶室のある会場、そして茶人の手配が必要になります。茶婚式のあとに庭園を散策したり、記念撮影ができるよう、美しいロケーションの会場であるといっそう想い出に残るでしょう。また、そのまま食事会ができるレストランや料亭などであれば、さらにいいでしょう。

>>>「茶婚式が叶う」会場はこちらからチェック!

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。