出産・育児

【月齢別育児】グズリに負けない!5ヶ月の育児を楽しむ秘訣

0 View

5ヶ月の育児を楽しむ秘訣

どうしてグズるの?

赤ちゃんとの生活にもすっかり慣れてきた生後5ヶ月。この頃になると、赤ちゃんは今までと違った欲求を示して泣いたりグズったりすることが増えてきます。赤ちゃんの求めていることはどんなことなのか?
赤ちゃんの発達を知って「グズりも成長の証」と楽しんでしまいましょう!

からだの中も育ちはじめる生後5ヶ月

動きたいけど、動けない?!

生後5ヶ月になると首がすわり、早い赤ちゃんでは寝返りをするようになります。寝返り練習中の赤ちゃんも少しずつ自分の意志でからだが動かせるようになりますが、それは赤ちゃんにとって楽しい出来事なのです。しかし、動きたい気持ちとは裏腹にからだの発達はのんびりなもの。そんな時、動きたいけど動けないもどかしさで泣いたりグズることがあります。
赤ちゃんの「こうしたい!」という意欲がしっかり芽生えている証拠です。

どうしたらいいの?

からだが発達し上手に動けるようになってしまうと、このような光景は見られなくなるので、今しか見ることの出来ない姿として成長を楽しんでみましょう!また、ここから先はこのような「やりたいのに上手く出来ない」もどかしさが続きます。
そんな気持ちの子どもにどう接するか、自分なりの育児スタンスを考えてみるのにも良い機会かもしれません。

眠たいのに、眠れない?!

この頃には授乳・お散歩・お風呂など生活リズムが整ってきた赤ちゃんも多いのではないでしょうか。しかし、そんな中でも難しいのは眠りのリズムです。眠りに関しては大人の思うようにはなかなかいきません。眠いのにうまく眠れず泣きぐずる "寝ぐずり"に手を焼くママも多いでしょう。

どうしたらいいの?

眠りのリズムを整えるために下記のことを実践し、赤ちゃんの自然な睡眠を誘導していきましょう。

朝は光を入れてしっかりと目を覚ます。
日中は適度な運動でからだを疲れさせる。
夜は興奮しないように部屋を暗くし、音を抑える。

また、寝ぐずりをしている時は赤ちゃんの眠りやすい環境を用意してあげるとよいでしょう。しかし、眠りのサイクルや習慣は月齢によっても変わっていくので、神経質にならずに赤ちゃんにあった寝かしつけを探してみて下さい。あまり手をかけずにいると自分で眠る力がつく、なんていう説もありますがママに無理なく疲れない方法を色々と試してみてくださいね。

離乳食の準備をしてみましょう

生後5ヶ月ともなると、そろそろ離乳食を初めてもいい時期です。一般的に離乳食の開始は生後6ヶ月頃からと言われていますが、赤ちゃんの発達や家庭環境により適切なタイミングを見つけて開始しましょう。離乳食開始に必要な目安は下記の通りです。

  • 首がしっかり座っている
  • 朝の起床時間など、生活リズムが整いはじめている
  • 食べ物に興味を示している
  • スプーンを口に入れることに抵抗がない

いかがでしょうか?赤ちゃんによって発達は様々なので焦ることはありません。
大人の食事の様子を見せたり、スプーンをおもちゃのように握り慣れさせたり、離乳食の開始に向けて準備をしてみてくださいね。

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。